「夏ドラマ」採点 辛口コラムニストが最終回まで面白く見た2作品

 春ドラマに比べて、ヒット作が多かったような夏ドラマ。だが、コラムニストの林操氏に言わせると、「まだまだまだ……」のようだ。その理由とは? ならばどのドラマがよかったのか?

 ***

 今でも映画は最初から最後まで観ないと気が済まないタチ。だから、TVのドラマを全篇全話チェックすることなしに、イイのワルイのと騒ぐことには、実は気が引けてました、昔は。でも今は、開き直ってます、完全に。

 買い物で街を歩いてるときだって、外から眺めただけでココには欲しいモノ、気に入るモノは絶対に置いてないという、「絶対ない感」が働く店ってありますよね。アレと同じで、ドラマにだって1話目を見れば、いや、その冒頭10分だけ見れば、いやいや、番宣動画だけ見れば、いやいやいや、制作発表の資料だけ見れば、「絶対ない感」が湧き出してくる作品というのが確実にあって、しかもその数は、増えることはあれ、減ることはない。

 ようやく終わるレーワ元年7〜9月クールも例外ではありません。各ドラマ放送開始前の7月第1週の時点で、「絶対ない感」フツフツだったのは、

★「TWO WEEKS」[フジ系(関西テレビ制作)・火曜・21時〜]
★「Heaven?〜ご苦楽レストラン〜」[TBS系・火曜・22時〜]
★「サイン―法医学者 柚木貴志の事件―」[テレ朝系・木曜・21時〜]
★「科捜研の女 SEASON 19」[テレ朝系・木曜・20時〜/4月から1年間放送]
★「ルパンの娘」[フジ系・木曜・22時〜]
★「ノーサイド・ゲーム」[TBS系・日曜・21時〜]
……の6本。

 現在ただいま民放・地上波・プライムタイム(19〜23時)の連ドラは1週間に14本あって、そのうちの6本に、初回を見る前から「絶対ない感」という打率(駄率)の高さは、ちょっと久々でした。

 ぞれぞれの「絶対ない感」のが降ってきた後で、理由はすぐに思いつくんだけれど、それについては後回し。続いて列挙するのは、第1話を見た後で、あるいは見てる間に、「絶対ない感」が作動したドラマです。昭和の野球中継用語を借りて言うなら、「始まった瞬間それとわかる駄作」。

★「偽装不倫」[日テレ系・水曜・22時〜]
★「刑事7人 シーズン5」[テレ朝系・水曜・21時〜]
★「警視庁ゼロ係〜生活安全課なんでも相談室〜SEASON 4」[テレ東系・金曜・20時〜]

 ここまでで、初回前から「絶対ない感」横溢の分と合わせて9本。つまり今シーズン、期待できそうなドラマは7月中旬ころには5本にまで減っていたわけで、その中からさらに2話以降で興味が失われたのが、

★「監察医 朝顔」[フジ系・月曜・21時〜]
★「リーガル・ハート〜いのちの再建弁護士〜」[テレ東系・月曜・22時〜]
★「ボイス 110緊急司令室」[日テレ系・土曜・22時〜]
……という3本。結局のところ、最終回まで面白く観られた連ドラは、今シーズン、2本だけでした。

 その2本も、やっぱり後で紹介することにして、まずは7〜9月期の14本中、ワタシが個人的に最終回までモたなかった12本について、「絶対ない感」が湧いてきたワケから簡単にお話しさせてください。


■絶対ない理由3


【1】安易なリメイク
 始まる前から見る気の起きなかった「TWO WEEKS」と「サイン」、そして、見始めてはみたけれど見続ける気の失せた「ボイス」の実に3本が、今期は韓国ドラマのリメイクでした。もうイチイチ題名は挙げないけれど、この10年、15年、韓国モノの焼き直しがニッポンの民放各局の連ドラの定番になってきていて、手を染めてないのはテレ東ぐらい。

 一方、ワタシがどのリメイクものにも舌がなじまないのは、リメイクされるほどの作品はニッポンでも何らかの形で見ることができるからであり、わざわざ和風に仕立て直すことでさらによくなったリメイク版に出くわしたことがないからであり……。韓国料理なら、ニッポンのチェーン店のコリアン・フェアではなく、韓国の人がやってる個人店で堪能しますって話です。

 あ、念のため言っとくと、いま流行りの嫌韓・断韓・離韓とは何の関係もない話ッスからね。今年1〜3月期に常盤貴子(47)主演で放送された、米国モノの焼き直し「THE GOOD WIFE/グッドワイフ」(TBS系・土曜・21時〜)だって、見る前から眼球に拒絶反応が出てたし。

【2】事務所主導のキャスティング&制作
◆「TWO WEEKS」「ノーサイド・ゲーム」「監察医 朝顔」の主演俳優はアミューズ所属(大泉洋は提携)
◆「Heaven?」「ルパンの娘」の主演女優はホリプロ所属
◆「リーガル・ハート」「ボイス」の主演男優は研音所属

 以上の合計で7本。前クールの連ドラ総括でも引用させてもらった、デーブ・スペクターの秀逸なニッポンドラマ評は、もう長々とは引用しません。「相変わらず視聴者を無視する芸能プロダクション先行で不適切なキャスティング」というキイフレーズだけの紹介に留めます。が、公取委の皆様、「注意」の後に、今期いきなりジャニーズ主演ドラマが減った(ヒガシ[東山紀之(52)]のシリーズもの「刑事7人」1本だけ)からといって、気も手綱も緩めませんよう。

 デッカいゲーノー事務所は最近、ドラマの制作にも口や手やカネを出してきてますが、そのデッカい目的は、所属俳優の価値の最大化。これが作品の価値の最大化につながらないことは、「Heaven?」「ルパンの娘」「TWO WEEKS」の3本が、特にはっきり示してくれてますね。

 ますます“桃井かおり化”する石原さとみ(32)、“深田恭子”以外の何者にもなろうとする気配がますますない深田恭子(36)、去年何をやっていたのかが思い出せなくて不安になる三浦春馬(29)、という3人の主演作(それぞれ「Heaven?」「ルパンの娘」「TWO WEEKS」)を見ていて一番強く心に滲みたのは、彼らが役者として伝えるべき何かではなく、「ああ、事務所も今、このコたちの売り方に困ってんだなぁ」だったもん。

 なお、似たようなことは杏(33:大手ナベプロ系のトップコート所属)主演の「偽装不倫」についても言えて、結婚・出産を経た女優の連ドラ復帰作としては、日テレにせよ事務所にせよ、杏で何がしたいのがよくわからない、タイトル同様の中途半端なドラマになっちゃってたなぁ。

 妻・母になった新しい杏をうまく打ち出すわけでもなく、朝ドラ「ごちそうさん」(13〜14年・NHK・8時15分〜)や「花咲舞が黙ってない」(14年、15年・日テレ系・水曜・22時〜)のスーッと一本、筋の通った娘っぷりを引き続きの柱とするわけでもなく、演ってる杏も困ってるかもしれないが、見てるコッチも困ってますという、芝居としてもドラマとしても楽しむのがちょっと難しい物件でした。

【3】見ずに済ませるお手軽シリーズもの
「科捜研の女」が第19弾、「刑事7人」が第5弾、そして進次郎の兄・クリステルの義兄が主演の「警視庁ゼロ係」も知らぬ間に第4弾。

 この手の「1時間モノ2時間ドラマ」は、寒天ゼリーとかルマンドとかチョコまんじゅうとか、つまりは後期高齢者の定番茶菓子みたいな存在ゆえ、いちいちウダウダ言挙げする必要もないんでしょうが、そこは悲しい元TVウォッチャーの性、新シーズンが始まるたび、ほぼ何らの期待もなしに、とりあえず初回を見ては、ほぼ何らの収穫もなしに、時間を費やして終わるという苦行を続けてます。「科捜研」に至っては今回、今年4月から来年3月まで通年で放送するゆえ、このクールはただの中間地点で、初回チェックというミッションさえ生まれない素通り……。

 いやもうホントに、たまには驚かせてくれよ、1時間モノ2時間ドラマ。さもないと、大げさなキャストの変更とか、ケンリョクに対するキツすぎるくらいの毒とか、そういう気つけ薬の使い方がうまい「相棒」(テレ朝系)との差は開くばっかりだよ。

 ただ、「科捜研」の不動の、かつ不毛な主演女優・沢口靖子(54)の名誉のために申し添えておくと、今年の初めにNHKのBSで流れて、それが今期は地上波でも放送になった「小吉の女房」(土曜・18時5分〜)は、DNA解析も弾道分析も犯行再現も出てこない人情コメディの時代劇で、沢口が演じた古田新太(53)の妻・兼・幼少期の勝海舟の母は、出色の出来でした。

 さらに蛇足を重ねるのなら、「ノーサイド・ゲーム」だってTBS「日曜劇場」池井戸潤・原作シリーズの第6弾。頭にちょんまげ載っけた侍の代わりに、首からネクタイぶら下げたリーマンが、経済(&スポーツ)を舞台に勧善懲悪を繰り返す21世紀の「水戸黄門」。新作について、キャスティング以外でワタシが言えることは、「またやってるみたいですんで、お好きな方、ぜひどうぞ。まぁなんかギョーカイは、今ちょうど、ラグビーで騒いでほしいみたいですし」程度でしたね。

 以上、最終回まで見たいという意欲とは無縁に終わった12本の紹介の後に、お待たせしました、この夏クール、最後まで見る気が持続した連ドラ2本の名を、お伝えしましょう。

■ここからベスト2


 まずは「あなたの番です−反撃編−」[日テレ系・日曜・22時30分〜]。

「あな番」は、4〜6月期から2クール続いてきた長丁場の後半。失敗作と呼ばれた前半から徐々に視聴率を上積みしてきて、最終回ではそれまでの平均の2倍にもなる19・4%(ビデオリサーチ、関東地区:以下同)という驚異的な、と言うより、非常識な数字を取って話題になりました。

 作品については前シーズンを総括するドラマ評で、すでにあれこれ語ったので、今回はその補足に留めますが、「大化けを期待して」前記のベスト3の3位に入れた自分をまずは褒めてあげたいとして、半年つきあってきた果ての感慨は、「やっぱり秋元康モノだったか」に尽きます。

 この「やっぱり」は「しょせん」と言い換えてもいいんですが、それではこの力技を成し遂げた稀代の香具師(やし)に対して礼を欠くようにも思われる。いや、ラストの謎解き(未満の何か)に落胆しなかったわけじゃありません。アレをミステリーとして見続けるほどモノ好きでもお人好しでもないのでね。ただ、そのラストにさえ、立腹はしなかったんです。着目していたのは、秋元康一座がどんな見世物を繰り出してくるか、それによって連ドラにどれだけ人を呼び込めるかだったのでね。だから、終盤に向かっての盛り上がりという現象を久方ぶりに目の当たりにできたことは楽しかった。

 ドラマを見ていたのではなく、ドラマを取り巻く世間の動きを見ていた──などと書くと、それこそ生意気ざかりだったころの秋元康みたいで指が痙攣するけれど、連ドラにもまだ秋元康ビジネスの舞台になれるくらいの潜在力が残っているというのは朗報かと。もうひとつありがたいのは、「あな番」が名作でも佳作でも何でもないので、再見の欲望に駆られて延々と時間が潰れる可能性については、「絶対ない感」がビンビン働いてること。録画した全21話は心置きなく消去できます。

 一方、逼迫するハードディスク容量が気になりつつ、1話たりとも録画を削除できそうにないのが、「凪のお暇」[TBS系・金曜・22時〜]。

 原作の漫画をまったく知らなかったのも恥ずかしければ、ドラマ版のスタート前にこれほどの作品になると予感さえしなかったことも恥ずかしいんだけれど、主演が、あの残念作「獣になれない私たち」(18年・日テレ系・水曜・22時〜)においてさえ濃い存在感を放っていた黒木華(29)であること、その一点から、せめて第1話は見てみたい作品ではありました。で、実際に、おっかなびっくりで見てみたら、これがよかった。

 本心を偽って周りに合わせて生きてきた人間が、その周りの本心や裏切りを知って、それまでの暮らしを捨て、まったく違う生き方を始める。そういう話は現実にもフィクションにもよくあって、たとえばウディ・アレンなんて「私の中のもうひとりの私」(89年)とか「アリス」(90年)とか、このパターンで何本も映画を撮ってるくらいですが、この手の物語の場合、肝になるのは、さて何でしょう?

 以前、モノ書き志望の学生たちにこの質問をしたとき、いちばん多かった答えは、「主人公の生き方が変わるきっかけを面白くすること」。ところが、プロの書き手も含めた議論の果てに、結局、正解となったのは、「主人公が変わる前の生き方と、変わった後の生き方をきちんと描くこと」だった。

「凪のお暇」の脚本の大島里美も、どうやら同じ考えの持ち主。都心の中目黒の実家に住むOLの凪(黒木)が、つきあっていた社員や同僚たちに幻滅して会社を辞めるまでの世界と、郊外の立川のアパートに引っ越して一人暮らしをする中で新しい人たちと知り合って変わり始める世界の両方を描き込み、描き分けています。

 ふわりふわりとしてどこか非現実感のある凪の変化に妙なリアリティが生まれたのはそのためだと思うし、原作由来の筋立ても、ドラマが単純な「新しい私」讃歌に陥ることを防いでいた。「後の生き方・世界」に写った凪が「前の生き方・世界」を捨て去ってしまうのではなく、半年間の「お暇」の後にまた「前」に戻っていく可能性も残っている設定なんでね。

 キャスティングにも妙なうまさがありました。同じアパートに住む老婆の三田佳子(77)やシングルマザーの吉田羊(生年非公表)、凪がアルバイトをすることになるスナックの「ママ」の武田真治(46)、凪がOL時代につきあっていた高橋一生(38)あたりは、正直なところ、個人的には苦手な役者たちなんですが、このドラマでは誰も引っかかりが小さくて、割とスルッと受け入れられちゃう。

 考えてみれば、高橋も吉田も、そして主演の黒木までも、大手事務所の所属ではなし。デーブ・スペクター言うところの「視聴者を無視する芸能プロダクション先行で不適切なキャスティング」からは程遠い配役です。

「なんだよ、やろうと思えばちゃんとこんなドラマ、作れるんじゃん」と嬉しくなって、後からスタッフをきっちりチェックしてみれば、プロデュースはあの大化け作「義母と娘のブルース」(18年・TBS系・火曜・22時〜)の中井芳彦。漫画原作のドラマを“マンガチック”(死語)に仕立ててしまうことなく、ドラマらしいドラマを作れるプロデューサーと呼んでいいでしょう。

「凪」は、視聴率が全話平均で9・9%と、TBSの「金曜ドラマ」枠としてはギリギリ及第点というレベルだったけれど、Pの中井にとっても、脚本の大島にとっても、主演の黒木にとっても、“次”の作品への道が閉ざされず、首がつながる数字になって、よかったよかった。そんな具合に思える、珍しいドラマに出会えたから、まぁよしとしますかね、レーワ元年の夏シーズン。

 え? 「監察医 朝顔」だっていいドラマだったろ? 数字だってよかったぞ?

 医療モノで、警察モノで、父娘モノで、上野樹里(33)主演で、フジの「月9」で、その他いろいろ。そういう何でもありドラマの好調まで喜べるくらいなら、原辰徳の率いる巨人のリーグ優勝だって喜べるような、素直で無知(あるいは無恥)でお気楽で勝ち組気取りなニッポン人、やれてますって。

林操(はやし・みさお)
コラムニスト。1999〜2009年に「新潮45」で、2000年から「週刊新潮」で、テレビ評「見ずにすませるワイドショー」を連載。テレビの凋落や芸能界の実態についての認知度上昇により使命は果たしたとしてセミリタイア中。

週刊新潮WEB取材班

2019年9月30日 掲載

関連記事(外部サイト)