木村拓哉に“46歳ソロ歌手デビュー”の試練 脱アイドルの試金石に

 カリスマ美容師に検察官、外科医に刑事、パイロットと演じた職業は数知れず。多くの当たり役に恵まれてきた木村拓哉だが、その職歴に今度は「ソロ歌手」が加わるという。しかし、46歳にして「デビュー」を飾るキムタクには試練が待ち受けているようで――。

 何しろ、ジャニーズアイドルという枠を飛び越え、日本中の女性から熱いまなざしが注がれた、元祖「抱かれたい男」である。SMAP解散後も、他の元メンバーを尻目にドラマや映画で主演を果たし、10月スタートの連ドラ「グランメゾン東京」(TBS系)では天才シェフを演じる。

 芸能記者によれば、

「今回のドラマはキムタクも常連の日曜劇場で放映されます。この枠は『半沢直樹』や『下町ロケット』などで知られ、ドラマ好きな40〜50代の視聴者をターゲットに脚本重視の作品を送り出してきた。『グランメゾン東京』では、キムタクより年上の鈴木京香がヒロイン役で、沢村一樹や尾上菊之助が脇を固めます。手堅いドラマ作りが期待できるため、視聴率2ケタ台はまず間違いない」

 アラフィフとなっても俳優業は順風満帆に見えるキムタク。そんな折に浮上したのが彼の新たなチャレンジだった。

 レコード会社関係者が声を潜めて明かすには、

「木村さんは歌手としてのソロデビューが近いんです。すでに楽曲は完成していて、現在はプロモーションビデオの制作が急ピッチで進んでいます。SMAP時代の大ヒット曲『夜空ノムコウ』や『世界に一つだけの花』とは違うアップテンポな曲調。プロモーションビデオはサーフィン好きな木村さんを意識してか、関東近郊の海辺で撮影したようです」


■SMAPの曲も


 SMAP解散から早3年が経とうとするなかでのソロデビューについて、

「商業的な面から見ても大いにアリですよ」

 と語るのは芸能リポーターの城下尊之氏である。

「SMAPは基本的にキムタクがメインボーカルで、音楽番組でも楽曲の説明は彼がしていました。オリジナル曲もいいですが、SMAPの曲をソロで歌うだけでもCDは出せるし、コンサートも開ける。そもそも、SMAPファンの4割近くは“キムタクファン”。ミリオンセラーは難しくてもヒットチャートでの初登場1位は十分に狙えます」

 SMAPのファンクラブ会員は100万人に上ったというから、そのうちの4割がCDを買っても40万枚に達する計算だ。

 とはいえ、46歳でのソロデビューは「試練」と隣り合わせでもあるようだ。

 先の芸能記者が続ける。

「いくら知名度が絶大でも、キムタクには中居正広のようにバラエティ番組のMCはできません。年齢的にもラブストーリーやヒーローもののドラマに主演するのは限界がある。“アイドル”からひと皮剥けるためには殺人犯からダメ男まで演じ分ける、幅の広い役者を目指すべきでしょう。その意味で、今回のソロデビューは試金石。歳相応のカッコよさを打ち出せるかがカギになります」

 アイドルから脱皮することで、往年のファンに「ちょ、待てよ!」と言われなければいいけれど。

「週刊新潮」2019年10月3日号 掲載

関連記事(外部サイト)