嵐は来年の「24時間テレビ」に参加せず? 相葉くん「トップになろうぜ」発言の真意

 今年の「24時間テレビ」(日本テレビ)が終わったばかりというのに、早くも来年の準備が始まっているという。日テレとしては、2020年末で活動停止を発表している嵐に、花道を飾ってほしいところだが、所属事務所が首を縦に振らないとか。果たしてその真意とは……。

 ***

 日テレ関係者が語る。

「今年の『24時間テレビ』は、メインパーソナリティを嵐が務め、番組全体の平均世帯視聴率は16・5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区:以下同)と、昨年の15・2%を上回る歴代13位だった。日テレが重視する平均個人視聴率で見ても9・9%と健闘し、番組としても社長賞ももらった。その嵐は、来年末で活動を停止するわけです。最後の花道として『24時間テレビ』を盛り上げてもらいたかったのですが、事務所の反応はよくないそうです」

「24時間テレビ」は2003年にメインパーソナリティが新設されてから、一貫してジャニーズのタレント達が務めてきた。中でも嵐は、グループとしては今年で5回目。櫻井翔が亀梨和也(KAT-TUN)と小山慶一郎(NEWS)と共にメインパーソナリティを務めた17年を加えれば、実に6回で最多を誇る。芸能記者は言う。

「日テレさんの気持ちは分からないでもないですが、嵐は来年、NHKで東京オリンピック(7月24日〜8月9日)、パラリンピック(8月25日〜9月6日)のスペシャルナビゲーターを務めることが決定済み。来年の『24時間テレビ』の日程がいつになるのかは未定でしょうが、オリンピックとパラリンピックの間に放送するとしても、日程的になかなか難しいのかもしれません」

 オリンピックが終了し、パラリンピックが始まるまでの土日といえば、8月15、16日と8月22、23日ということになる。その間なら可能ではないか?

「体力的にもキツいでしょうし、NHKと日テレに出っぱなしという印象もよくない。何より、事務所としては今年の結果に納得していないのです。確かに、Sexy Zoneがパーソナリティを務めた昨年の世帯視聴率15・2%よりもいい数字でしたが、嵐としては通算6回のパーソナリティの中で、今年は下から2番目の成績なんです。いくら来年が、彼らにとって最後の『24時間テレビ』となっても、オリンピックで疲れた視聴者が『24時間テレビ』も例年通り見てくれるか微妙でしょうね。下手をすれば、今年よりもさらに下回る可能性だってある。そうなれば、花道どころではありません。ジャニーズだってそんなリスクはおかしたくないでしょう」(同)


■元SMAPの最高記録


 芸能記者が続ける。

「毎年、『24時間テレビ』は過去の視聴率と比較されますよね。その時、パーソナリティが誰だったかも表記されますが、これまで最も高視聴率を取ったのは、当時SMAPの草なぎ剛と香取慎吾がパーソナリティを務めた05年(19・0%)です。言うまでもなく、2人はジャニーズを離れ、独自の活動を続けているわけですが、事務所としてはこれが気に入らない。いまだにトップは、元SMAPの2人となってしまうのですから。彼らの記録を塗り替えるために、嵐がこれまでパーソナリティを務めてきた側面もあるのです」

 嵐以外のグループではダメなのか?

「それも数字が証明しています。元SMAPに次ぐ、18・6%を記録したのは過去に3回あります。07年のタッキー&翼、08年の嵐、17年の櫻井・亀梨・小山の時です。タキツバは18年に解散して今井翼は退所、櫻井翔クンと組んだ亀梨のいるKAT-TUNのメンバーは半減、小山のNEWSも大幅にメンバーが減り、元メンバーの錦戸亮の退所が発表されたばかり。数字が稼げるのは、今でも国民的アイドルの嵐しかいません。その重責を背負った嵐は、元SMAPの視聴率を塗り替えることが至上命題だったはずです」(同)

 今年の『24時間テレビ』の終盤、相葉雅紀はメンバー4人に対してサプライズの手紙を声を詰まらせながら読んだ。

〈……後悔しないように。まっすぐ前に進んで行こう。僕は、休止と書いて、“パワーアップ”と読むと思っています。応援してくれるみんなのために、メンバー1人1人が愛している嵐のために、近い将来、絶対にグループ活動しようね。この5人でトップになろうぜ!〉

「相葉クンの“トップになろう”という発言は『24時間テレビ』でこれが2度目。最初は元SMAPの2人がパーソナリティを務めた05年の前年でした。この時は純粋にトップに君臨していたSMAPに追いつきたい、追い抜きたいとの思いだったのでしょう。しかし、SMAPがいなくなり、名実共にトップになったにもかかわらず、再びこの言葉を口にしたのは、事務所からのプレッシャーを感じていたのかもしれません」(同)

 いっそ来年は、「24時間テレビ」を中止したほうがよさそうな……。

週刊新潮WEB取材班

2019年10月1日 掲載

関連記事(外部サイト)