舘ひろし激白! 生き方はすべてラグビーで学んだ 「オールブラックス」に挑む「日本代表」茨の道

 俳優・舘ひろしは高校でラグビーに出合ってから、生き方はすべてラグビーで学んだという。第9回のW杯が日本で開かれているこの機に、人の痛みを知ることの意味を説く。準々決勝に進み、日本代表がオールブラックスに挑むまでに立ちはだかる茨の道とは――。

 ***

「僕はラグビーをやっていたから痛さに対して割と抵抗力があります。アクションシーンで“転んだり跳ねたりを思い切りできる”のもそのお蔭。と同時に人を慮る気持ちは、ラグビーをやっている中で生まれてきたような気がします。『ノブレス・オブリージュ』という言葉がありますね。地位や身分が高い人は、それに応じて果たすべき役割や責任があるというような意味です。僕は高校時代ですけどラグビー部のキャプテンをやって、この言葉に繋がるように、“一番辛いことこそ上の人間がやるべきだ”というのは勉強したかな」

 と話すのは、俳優・舘ひろし(69)である。彼は、愛知県立千種(ちぐさ)高の2年生時にはラグビー部でキャプテンを務め、最後尾のポジションから戦況を冷静に見つめ続けた。

「ラグビーで学んだこと」について、夏の練習の日のことを振り返る。喉がカラカラになっても、「休憩でない時には水を飲んではいけない」という教えが罷り通っている時代だった。

「練習中、やっと訪れた休憩で、バケツ一杯に粉ジュースと氷を入れて飲むんですけど、それがすごく美味しかった。で、ある時、最後に1杯分だけ残ったんですね。それを僕が“キャプテンだから俺が飲むぞ”と言った時に、先生に“それだからお前はダメなんだよ”と言われました。“他に20人いるなら、お前を除いた20人に20分の1ずつ分けろ、それがキャプテンだ”と言うんです。なるほどなぁと。ノブレス・オブリージュという精神は、ラグビー独特のものなのかなぁ。ともすればこの考え方は人種差別的で『上から目線』なのかもしれませんけど、ラグビーはサッカーみたいなお祭り騒ぎには、全くならないですね。例えば、日本が今回優勝しても、渋谷のスクランブル交差点に人々が大挙押し寄せることはないと思います。どこかのバーで騒ぐことはあったとしても。数人の心無いにわかファンたちが車をひっくり返したりということはしないと信じたいね」

「ラグビーで学んだこと」について話は尽きないが、それはまた後章で触れる。

〈4年に一度じゃない。一生に一度だ。〉

 このコピーが付けられた日本大会は、1987年に始まり9回を数えるラグビーW杯の歴史の中で、ラグビー先進国以外で初めて開かれるものだ。

 ラグビー先進国とは、ニュージーランド、オーストラリア、南アフリカ、アイルランド、イングランド、ウェールズ、スコットランド、フランス……といった国々を指す。

 去る9月20日、東京・調布市にある東京スタジアムでの開幕戦。ロシアに30対10で勝利した日本代表には、かねて「ブレイブ・ブロッサムズ」、“桜の勇者”という愛称がある。「一生に一度」のひそみに倣うなら、“秋の東京に桜が咲いた”瞬間だったと言えるのかもしれない。

 高校時代、最後尾から戦況を冷静に見つめた舘の目は、世界のラグビーをずっと追いかけてきた。だから、日本テレビ系のW杯中継番組で応援団長を買って出たのも自然の流れだった。極東初のW杯への思いは無論ひとしおである。

 開幕戦の予想を「35対10で日本がロシアを下す」と公開していた舘にそのあたりを聞いてみると、

「W杯開幕前、ロシアがイタリアに15対85で負けた結果から弾きだしたものです。イタリアは世界ランク14位(日本は9位、以下すべて順位は9月23日現在)で、この試合は国別対抗戦とはいえそこまでタイトなものじゃなかった。W杯本番になればロシアは失点をぐっと抑えるだろうと。日本の方はミスして一つはトライなどを取られると失点を読んだんです。ウィング・松島幸太朗の34分のトライが無効と判断されましたが、それも入れると丁度35点になりますね」


■中3日に賭ける


 笑顔はそこまでで、日本ラグビーの艱難辛苦を知るキャプテンはこんな風に分析する。

「キックオフやその後も、ジャンプして相手ボールをキャッチする際に目測を誤りましたよね。あれは“自分はできる”という風に力が入り過ぎた結果なんだね。特に前半は硬かった」

 司令塔でありキーマンと報道されてきた田村優は試合翌日の会見で、「緊張で死にそうだった」「早く終われと思った」「10日間眠れなかった」と心情を吐露している。ことにスタート時には、自陣の深いところでキックをチャージされたり、タックルに消極的で相手のトライに結びつくなど、司令塔らしからぬ浮き足立った点が目についた。

「そうですね。後半に入ってもそれは変わりませんでした。65分ごろ、スクラムハーフから田村選手へのパスを取りに行こうとしなかった場面があったんです。彼はあまりボールに触れたくないような動きで、それは結果として、会見時の言葉を裏付けるものでしたね。ただ、“眠れなかった”というのは僕にもすごくよくわかります。日本のラグビー界のすべてが田村選手の双肩にかかっていて、その重圧たるや……。彼は真面目な人なので、背負っちゃったんだよ、きっと」

 他方、チーム全体としても、

「日本はロシア戦で、ハイパント(高く蹴り上げたキック)に弱いという面を露呈しました。当然、対戦相手はパント攻撃を畳みかけてくるでしょうから、対応が必要です」

 確かに、ボールを高く蹴られ、落下点に入るものの、ボールを掌中に収められず、争奪戦に敗れてあわや……という場面があった。9月28日のアイルランド戦では、そういった弱点は命取りになりかねなかった。W杯を賭けて闘っている中であまり意味のない数字とはいえ、アイルランドは21日までは世界ランク1位の座にあったからだ。日本はその後の10月5日にサモア(世界16位)、そして13日にスコットランド(世界8位)と相まみえる。プール戦5チームのうち上位二つが、ノックアウト方式の準々決勝に進むことができる。

 アイルランドは22日、スコットランドに27対3と一つのトライも許さずに完勝した。

「鉄壁の守りが際立ちました。相手としっかりコンタクトして、奇をてらうことはしない、オーソドックスな闘い方が印象的です」

 ということで、日本が悲願のベスト8に進むための最大の壁が、他ならぬスコットランドということになった。

「司令塔の10番と脚力とキープ力が極めて高い15番が危険な選手で、今回のアイルランドもこの2人を徹底マークし、ほとんど仕事をさせませんでした。この2人と残りを“分断”する作戦は参考になります。とはいえ、スコットランドはハマれば力もあるしタフ。例えば今年2月、欧州列強の総当たり戦で、イングランドに前半0対16でリードを許していたのに後半に一旦逆転し、最終的には引き分けになった。会場はイングランドのホーム・トゥイッケナムスタジアムで、スコットランドはここで勝ったことがなかったんですが、大健闘でした。今大会に話を戻すと、スケジュールがスコットランドには酷で、前の試合から中3日で日本戦を迎えることになる。それは相当しんどいんです。前の2015年W杯で日本は南アフリカに勝ったけれど、スコットランドに中3日の日程で当たり、やられてしまった。後半なんて全くカラダが動かず悲惨だった。今回はこの逆ですが、あの日のことが思い出されます」


■宗教、哲学、経済、政治


 仮の、そして期待を込めた言い方になるが、日本がプール戦を突破したら、準々決勝で対戦するのはニュージーランド、通称オールブラックスの可能性が極めて高い。

「オールブラックスは直近まで約10年、509週に亘って世界ランク1位を守り続けたし、僕が高校でラグビーをやり始めた時すでに世界最強だった。日本は胸を借りるつもりで……」

 日本のトップ8進出は嬉しいけれど相手が悪すぎるよ……そんな表情で、「オールブラックスとは何か」について続ける。

「『ラグビー=国』というのはニュージーランドくらいのものでしょう。人口500万弱で世界一ですよ。ニュージーランドにとってラグビーは宗教であり、哲学であり、経済、政治でもある。先日、テレビの企画でニュージーランドまで出かけてラグビーに関する取材を重ね、その中で先住民の伝統舞踊である『ハカ』も踊りました。宗教ですからもちろん真剣にやりましたよ、リスペクトを込めて……。で、そのハカをオールブラックスがキャンプを張る千葉・柏市の子供たちが出迎えのためにやったんですよ。その動画の再生回数がぐんぐん伸びていて、素晴らしいことだと思いました。ラグビー人口が増えてくれば日本のラグビーはもっと変わってくるんだろうと思いますから」

 オールブラックスはホームページで過去の戦績を開示しており、それは453勝112敗21分、勝率77・30%。サッカーのブラジル代表も凌ぐ数字だ。

 国を代表する彼らは、それだけで名誉なことではあるけれど、鍛錬を怠ればレギュラーの座を追われ、代表から外される。メンバーであり続けるために鍛錬を続けなければならないという意味で常に謙虚な者たちだ。

 21日には予選屈指の好カードである南ア戦に23対13で勝利。舘が試合直前に「今日のニュージーランドは行きますよ」と話していた通りの結果になった。

「オールブラックスはスロースターターだと思ったんですが、解説の方から“色々と情報収集をしていた時間だ”と聞いて腑に落ちました。選手間でこれでもかというほど積極的にコミュニケーションを取っているのは、他のチームではなかなか見られない点です」

 その一方で試合前には、

「一番面白いところは、南ア戦をさばいたフランス人のレフェリー。彼はアンチ・オールブラックスで、ここ数年の間にノーバインド(相手を掴もうとしない肩だけの)タックルで2度も一発レッドカードを出している。僕にしてみれば、一発で退場するには相当しないと思いましたけれどね。元オールブラックスで日本代表の監督も務めたジョン・カーワンとは親しくて、そのことに触れると、“あの判定は馬鹿げてる”と憤っていましたよ」

 とも口にしていた。そのレフェリーは一発退場のレッドカードも、そして10分間の一時退場を命じるイエローカードも出すことはなかった。試合中に求められる規律を厳しく守った証左でもある。

 では、この圧倒的な黒衣の集団が優勝杯のウェブ・エリス・カップを掌中に収めるかというと、必ずしもそうではないらしい。

「第1回のW杯で優勝してから第2〜6回は優勝できず、第7、8回と連覇したとはいえギリギリだもんね。W杯って他のテストマッチ(代表戦)と違って特別。負けてもいいとかなくて優勝しないといけない。そうなった時にニュージーランドはどうかな。基本的なプレーを確実に重ねるチームが勝ち上がるのがW杯なんだけど、彼らは曲芸とは言わないまでも創造的なプレーを好んでしていく。過去、それが命取りになってきたと思う」

 引き分けすら負けにカウントするほど勝利至上主義のチームにとって、“負けたら後がない”ノックアウトステージの重圧は想像を絶するものだ。


■渡哲也と話して…


 ラグビーは、優勝杯にも名を冠されるエリス少年が所属する学校で、1823年、“フットボールの試合中に手でボールを掴んで走るというルール違反をした”ことで生まれたという説が流布される。

「イギリスのパブリックスクール、その名も『ラグビー』という学校で生まれたもので、歴史を見るとスノッブな点があるんです。日本がロシアに勝っても、渋谷のスクランブル交差点で誰も騒がないじゃないですか。そういうことをする人たちはラグビーのファンにはいないということじゃないですかね。暴徒化する『フーリガン』はラグビーにもいるんですけど、どんなに烈しく闘ってもどこかで相手を慮るというか、『紳士のスポーツ』という部分があって。ファンにもその精神はあると思います」

 ロシアがトライとかいいプレイをすると拍手するし、ロシアのチームが挨拶に来れば、みんな声をかけて拍手をする。

「ノーサイドというのはそもそも死語なのかもしれないけれど、その精神があって。勝たないといけないんですけど、ただ勝てばいいというわけではないというのがラグビーではないでしょうか。僕はいつもラグビーを観戦する時、最後の両チームが笑顔で握手するところまで必ず観る。そこまで含めてラグビーかなと思っているから」

 前回大会、日本が奇跡を起こした南ア戦で、敗戦後に相手のキャプテンは茫然自失していたが、ある選手は笑いながら日本選手と握手を続けていたことを例に出して、

「この国には本当にラグビーという精神が息づいてるんだなと思いました。ラグビーって、紳士的じゃないとやる資格がないという気がします。サッカーだと当たってないのに痛がったり芝居する時があるじゃないですか。スローモーションで見ると、“当たってねえじゃん”といったような……。ああいうのはスポーツマンシップからは外れてると思うんです。ラグビーにはそれがないと僕は信じたい。あるにしても、それは当たって痛いふりをするとかじゃなく、足がつったと言って時間稼ぎをする程度のものです」

 最後に、「ラグビーが教えてくれたこと」に戻ろう。

「キャプテンは孤独で、部員に理解されないことも多い。辛いこともさせなきゃならないけど、みんなは“辛い練習はやめて帰りたい”と思っているし。そういう経験からも、キャプテンシーは勉強したような気がします。ラグビーは人を慮る、人の痛みを知ることを教えてくれたと話したけれど、それは、俳優として生きていく中で、石原プロの一員としても勉強した気がします」

 舘の兄貴分で石原プロモーションの相談取締役を務める渡哲也(77)も、「人の痛み」について、よく口にしていたという。

「日本vsロシア戦が終わった後も渡哲也と話して……“ラグビーはいいなあ”なんて言ってましたよ……。“ルールはよく分からんけどいいな、男のスポーツだな”って……。確かにそうですよね……。渡が気に入ってたのは誰もレフェリーに対して文句言わないってところ。プレーヤーにはプレーヤーの、レフェリーにはレフェリーの領域がある。レフェリーがもちろんプレーすることはない。プレーヤーがレフェリーの方に立ち入ってそのジャッジが正しいとか間違ってるとか言い出したら、レフェリーがいる意味がない。だったらレフェリーなしでやればいいわけで。でもレフェリーがいるってことは全部レフェリーに預けてるということで、それは人を信じるということに繋がってくる。信頼もまた、ラグビーで学ぶんだと思います」

 あたかも人生の教科書のようなスポーツである。

「週刊新潮」2019年10月3日号 掲載

関連記事(外部サイト)