「相棒」season18がいよいよスタート 敢えて3つの“不安材料”を検証する

 10月9日からテレビ朝日の『相棒』(水曜・午後9時)のseason18がスタートし、いつものように半年間にわたって放送される。2000年に同局『土曜ワイド劇場』の1作品として産声を上げて以来、20年目に突入する。主人公の杉下右京・特命係警部を演じるのは、言わずと知れた水谷豊(67)。相棒役の刑事は、season14から登場した反町隆史(45)が続投し、冠城亘に扮する。またも高視聴率を得るのか。失速する可能性はないのか――。

 ***

 1990年から2010年まで、約1〜2年おきに連ドラ版『渡る世間は鬼ばかり』(TBS・木曜・午後9時)が放送されていた当時、他局はその放送時期が近づくと渋い顔をした。高視聴率が確実視されていたからである。

 今は『相棒』の新seasonが放送を迎えるたび、裏番組の担当者たちは暗い顔つきになる。『渡鬼』が嫌がられたのと同じ理由だ。

 なにしろ、実績がある。過去の連ドラの平均視聴率は15・6%(ビデオリサーチ調べを基に算出、関東地区:以下同)。圧巻と言っていい。テレビ離れが進んでいることもあり、今や連ドラで15%以上の視聴率をコンスタントに取れるのは、NHKの「連続テレビ小説」くらいなのだから。

 season18も当たる公算は大きい。が、あえて意地悪く、不安材料を挙げて、その検証をしてみたい。

(1)世間なら定年を過ぎた水谷豊
 故・萩原健一(1950〜2019)扮する木暮修に向かって「あ〜にきぃ〜」と叫ぶコミカルな乾亨を水谷が演じた『傷だらけの天使』(日本テレビ)のは、1974年10月に放送スタート。水谷がこのドラマで存在を世に知らしめてから、はや45年が過ぎた。その後は確かな演技力と存在感を武器に、テレビドラマだけでも挙げ切れないほどの作品に主演してきた。

『熱中時代』シリーズ(日本テレビ、1978〜81年)、『あんちゃん』(同、1982年)、『火曜サスペンス劇場/浅見光彦ミステリー』シリーズ(同、1987〜90年)、『刑事貴族』シリーズ(同、1991〜92年)、『探偵 左文字進』シリーズ(TBS、1999〜2013年)、『居酒屋もへじ』シリーズ(同、2011年〜)――。

 水谷抜きにして1970年代から現在のドラマ界は語れない。とはいえ、もう67歳だ。サラリーマンなら、とっくに通常の定年(60歳)であり、一般的な再雇用の上限年齢(65歳)も過ぎている。年齢上の不安はないのだろうか?

「まったく問題ない」と太鼓判を押すのは、過去に『相棒』のスタッフの一人であったドラマ制作者。「水谷さんほど摂生している俳優は滅多にいないくらいで、トレーニングも積んでいるそうですから、おそらく肉体年齢はまだ50代でしょう」

 やはりテレ朝の看板刑事ドラマだった『はぐれ刑事純情派』の主人公・安浦吉之助を、故・藤田まこと(1933〜2010)は1988年から2005年まで演じ、最終回では72歳になっていた。それと比べ、水谷はまだ若い。『西村京太郎サスペンス/十津川警部』シリーズ(TBS、1992〜2015年)の故・渡瀬恒彦(1944〜2017)は、69歳まで十津川警部を演じていた。

 それどころか、テレ朝の圧倒的権力者である早河洋会長(75)は、2018年1月に放送回数が300話を超えた際の記念セレモニーで「600回までやっていただきたい」と語ったという。それが実現すると、水谷は81歳になっている。テレ朝もやはり水谷の健康には何ら不安を抱いていなし、ずっとバックアップする考えなのだ。

 やはりテレ朝の『科捜研の女』シリーズ(1999年〜)で、準主役の土門薫刑事を演じている内藤剛志も若々しいが、既に64歳。俳優の場合、実年齢は二の次で、あくまで本人次第。また、一定の重厚感と貫禄が求められる刑事役は、年配のほうが向くらしい。同じくテレ朝で現在も時折、単発ドラマとして放送される『おかしな刑事』シリーズ(2003年〜)で、鴨志田警部補役の伊東四朗は82歳である。


■共演陣に不安はない?


(2)共演陣に不安はない?

 脇を固める共演陣はほぼ同じ。警視庁捜査一課刑事役の川原和久(57)、同・山中崇史(47)、特命係と隣接する組織犯罪対策部組織犯罪対策第五課の課長役・山西惇(56)、監察官役・神保悟志(56)、副総監役・杉本哲太(54)、広報課長役・仲間由紀恵(39)、警察庁長官官房付・石坂浩二(78)――。いずれも演技力には定評がある人たちだ。

 もっと大事な人もある。水谷とともに番組を支える反町である。その演技力については厳しい評価もあるが、一方で「ジャニーズ事務所出身だったり、若いときにルックスだけで売れてしまったり、そういった過去があるため、色眼鏡で見られて損をしているだけ。今は演技力がある」(中堅脚本家)といった見方も多い。

 実際、7月期の連ドラ『リーガル・ハート〜いのちの再建弁護士〜』(テレビ東京)では、企業の再建に心血を注ぐ熱血弁護士を好演した。

 反町の登板は5season目。及川光博(49)と成宮寛貴(37)が好評だったにもかかわらず、計3seasonで卒業したことを考えると、座長役で完全主義者の水谷も、反町の演技に満足しているのだろう。ちなみに水谷は反町を「ソリちゃん」と呼び、カメラが回っていないときも仲がいいとされている。

(3)売り物の脚本は大丈夫なのか?

 となると、season18に死角はないのかというと、ある。脚本である。『相棒』がこれほど人気を博し続けた大きな理由は、ファンなら誰もが知るとおり、極めて完成度の高い脚本にある。

『相棒』をテレ朝と共同制作する東映のテレビ部は、古くから脚本家の育成や保護に努力を惜しまなかった。

「有望な脚本家の卵がいると、ドラマ化の予定がなくても習作を書かせて、きちんと報酬を与える。既にデビューしている若手脚本家の場合、惜しみなく徹底的に指導してくれる。ドラマをつくる制作会社で、もっとも脚本家を大切にするのは東映だろう。『相棒』の成功は、その結晶でもある」(同・中堅脚本家)

『キイハンター』(TBS、1968〜73年)や『特捜最前線』(テレ朝、1977〜87年)など数々の刑事ドラマのヒット作を生んできた東映のプライドであり、生命線に違いない。

 半面、育ててスターになった脚本家は巣立っていくもの。たとえば、今や「超」が付くほどの売れっ子である古沢良太(46)はseason4からメーン脚本家の一人と言ってよかったが、徐々に書く機会が減り、season13以降は書いていない。一方で、2012年にフジテレビで堺雅人(45)主演の『リーガル・ハイ』を書き、大ヒットさせた。

 Season8から参加し、どこまでも弱者に優しい社会派作品を書き、見る側を泣かせ続けているのが太田愛さん(55)。寡作だが、大エースと言っていい。season17では3本書いているが、season18では書くのか?

 太田さんは小説家としても人気であり、『天上の葦』(KADOKAWA)などを執筆しているので、どれくらい関われるのか気になるところだ。他局、映画界、アニメ界からも声が掛かり続けている。

 Season18の脚本家としてテレ朝が公式に発表しているのは、連ドラ化する前の『土曜ワイド劇場』の時点から中心となって書き続けている輿水泰弘氏(59)のみ。この人も2015年に「橋田賞」を受賞した逸材であるものの、一人だけで全ては書けない。『相棒』の場合、10人以上の脚本家が参加し、時間に追われずに書いている。輿水氏以外の参加者が気になるところである。

 監督は元東映社員の橋本一氏(51)たち。橋本氏は映画『新・仁義なき戦い/謀殺』(2002年)や『探偵はBARにいる』(2011年)、ドラマ『臨場』(テレ朝、2009年)などを撮っている名匠だ。

「東映は監督を映画とテレビドラマで区別しないし、新卒社員の配属時もまた区別しない。東宝は映画優先に映るが、東映は映画とテレビが対等。だから、ドラマの名作が生まれやすい」(同・中堅脚本家)。

 やはり新作のseason18の成否のカギを握るのは脚本に違いない。近年、テレビ界全体が脚本家を大切にしなかったため、漫画や韓国ドラマを原作とするドラマが激増しているが、『相棒』はオリジナルで上質の脚本をまた生み出せるのか?

高堀冬彦(たかほり・ふゆひこ)
ライター、エディター。1990年、スポーツニッポン新聞社入社。芸能面などを取材・執筆(放送担当)。2010年退社。週刊誌契約記者を経て、2016年、毎日新聞出版社入社。「サンデー毎日」記者、編集次長を歴任し、2019年4月に退社し独立。

週刊新潮WEB取材班編集

2019年10月9日 掲載

関連記事(外部サイト)