有吉弘行はレギュラー3本終了でもニコニコ そろそろ婚活の時間が欲しい?

有吉弘行、レギュラー3本終了は本人の申し出? 結婚を考えているとの噂も

記事まとめ

  • この秋、13ものレギュラーを抱えていた有吉弘行の番組が3本終了した
  • 「超問クイズ!真実か?ウソか?」「レディース有吉」「ヒルナンデス!」の3本
  • 所属事務所による働き方改革とも報じられているが、本人から申し出た結果だとか

有吉弘行はレギュラー3本終了でもニコニコ そろそろ婚活の時間が欲しい?

有吉弘行はレギュラー3本終了でもニコニコ そろそろ婚活の時間が欲しい?

そろそろ婚活の時間が欲しい?

 この秋、13ものレギュラーを抱えていた有吉弘行(45)の番組が3本も終了した。賞味期限切れとも、所属事務所による働き方改革とも報じられているが、実は本人から申し出た結果という。そこにはいろいろ事情があって……。

 ***

 9月末を以て、有吉のレギュラーが終了した番組は以下の通り。

●「超問クイズ!真実か?ウソか?」(日本テレビ)MC
●「噂の現場急行バラエティー レディース有吉」(フジテレビ)MC
●「ヒルナンデス!」(日本テレビ)金曜レギュラー

 南原清隆がMCを務める昼の情報番組「ヒルナンデス!」は、有吉がレギュラーを降りただけで番組は継続する。だが、「超問クイズ」と「レディース有吉」は彼がメインの番組で、番組自体も終了した。3本のレギュラーが一気に消えるというのだから、心中穏やかではないはずだ。なにせ、テレビ業界にとって、秋の改編は非常に重要と考えられているからだ。民放ディレクターが言う。

「地上波の民放テレビ局のタイムテーブルが大きく変わるのは、実は春ではなく秋なんです。春は新入社員や新入生が会社や学校に来るシーズンなので、家でテレビを見る時間が少なくなる。7月も夏休みに入るため、レギュラー番組は定着しません。一方、10月ともなると、夏が終わり気温も少しずつ低くなり、陽が沈むのも早くなる。すると学生もサラリーマンも帰宅時間が早まり、在宅時間が長くなるのです。これはイメージではなく、放送と同時に視聴した世帯の割合(HUT)を見れば一目瞭然です。10月以降は、リアルタイム視聴でテレビをつけている割合は多くなり始めます。ですから年末年始、さらには1月、2月に向けて、決まった番組を見てもらいたいテレビ局としては、10月改編に力を入れるんです。自信のある企画をゴールデンに進出させたり、プライムタイムや深夜帯で人気の出た番組を昇格させるなど、一気に勝負をかけます」

 有吉のレギュラー終了に話を戻すと、日テレの番組が2つ入っている点がミソだという。

「ここ数年、日テレは番組の変更をほとんどしてこなかった。それでも年間視聴率では5年連続で三冠王を続けてこられるほど盤石でした。しかし、今年はテレ朝が追い上げており、テコ入れをせずにはいられなくなったようです」

 そのため、有吉は切られたということか。だが、さる芸能関係者は、そうではないと言うのだ。

「有吉さんの活躍はこれまでと変わりませんよ。3つのレギュラーがなくなったと言っても、まだ10本ものレギュラー(そのうち冠番組は9本)がありますからね。これでも、多すぎるほどです」


■日テレのレギュラーが多すぎた


 継続するテレビ番組は以下の通りだ。

●「有吉反省会」(日本テレビ)MC
●「有吉ゼミ」(日本テレビ)MC
●「ロンドンハーツ」(テレビ朝日)
●「マツコ&有吉 かりそめ天国」(テレビ朝日)MC
●「有吉ジャポン」(TBS)MC
●「櫻井・有吉 THE夜会」(TBS)MC
●「有吉くんの正直さんぽ」(フジテレビ)MC
●「有吉ベース」(フジテレビONE)MC
●「有吉ぃぃeeeee!そうだ!今からお前んチでゲームしない?」(テレビ東京)MC
●「有吉のお金発見 突撃!カネオくん」(NHK総合)MC

 テレビ東京、NHKまで冠番組があるところがすごい。冠番組でないのは「ロンドンハーツ」のみだ。

「これまで、日テレのレギュラーが4本もあったわけです。その中から、金曜日放送の『ヒルナンデス!』と『超問クイズ』がなくなった。実は、この2本は有吉さんからの強い要望によりなくなったのです」

 まあ、確かにこれで東京キー局(テレ東は除く)はそれぞれ2番組ずつと、バランスは良くなった気もする。しかし、フジの「有吉ベース」は地上波でなくCS放送だ。

「確かにそうですが、フジには『有吉の夏休み』という年1回の特番があります。すでに7年に亘って続く恒例番組となっていますが、この番組は、そもそも有吉さんに息抜きをさせるために、所属事務所が提案した番組と言われています」

 ん、息抜き?

「この9月まで、有吉さんは休む間もありませんでした。1週間で13本ですから、収録のない日などないわけです。せいぜい、収録が夕方からで、その日の別の番組がなければ、夕方までの半日程度はオフとなる程度。事務所にとっても、本当によく働くタレントでした。もちろん、本人にも不満はなかった。ご存じのように、彼は猿岩石というコンビで、96年に放送された『進め!電波少年』(日テレ)のヒッチハイク企画でブレークしましたが、すぐに仕事はなくなり一発屋と呼ばれた。その後、10年もの長い潜伏期間を経て、復活したのは2007年の『アメトーーク!』(テレ朝)でした。あだ名付け芸人として売り出し中だった彼は、品川庄司の品川祐に“おしゃべりクソ野郎”と絶妙なあだ名をつけたことで一気に再ブレイク。その後、MCとして起用されるようになり、成り上がってきたのです」

 猿岩石の頃を知っている方は、後に彼がこんな働きをする芸人になると思わなかったはず……。

「それは所属事務所も、有吉さん自身もそうだったと思います。だから、彼は、いつまた売れなくなるか不安だった。どんなに仕事が過密スケジュールに組まれても、文句を言うことはありませんでした。それをいいことに事務所は、どんどん営業をかけ、ここまで番組を増やし、いつのまにか一番の稼ぎ頭に成長したのです」

 鳴かず飛ばずだった10年の借りも、事務所にきっちり返せたに違いない。


■有吉の働かせ方改革


「さすがに事務所も有吉さん一人に頼るわけにはいかないとは思っているでしょうが、いかんせん他の稼ぎ頭が出てこない。そこで、休んでもらいつつ、働かせるという、働き方改革ならぬ、“働かせ方改革”こそ『有吉の夏休み』だったんでしょう。正直言って、気心の知れたタレントたちとハワイに行って、ほとんど遊んでいるだけの番組です。収録時間は1日数時間で、有吉さんの好きな“遊び”と“グルメ”ロケですから、残った時間はワイキキで日焼けもできれば、ショッピングもできる、文字通り夏休みです。もちろんギャラも貰えます。13年にスタートし、今年9月に放送された7回目まで途切れることなく続いています。事務所としては、夏休みを確保することで、年末までしっかりと働いてもらおうということでした」

 いくら自由時間が多いとは言え、それで休みがもらえたと思うものだろうか。

「そうです。元々、有吉さんは一人でいるのが好きなわけです。売れなかった10年も1人でずっとテレビを見続けることで、視聴者の気持ちを代弁できるようになったといいます。本人も45歳となり、初老と公言しているほどで、疲れも溜まっているのでしょう。ここへ来て、ようやく、『本当の休みが欲しい』と言い始めたのです」

 当たり前である。

「ちょうど、日テレが『超問クイズ』を終わらせて、新企画を始めたいと言い出した。もちろん、MCは有吉さんに継続してもらうつもりでしたが、事務所は『有吉が、どうしても休みを確保したい』という強い要望を盾に断り、同じ所属の劇団ひとりをMCにつけることで決着したのです。さらに、『ヒルナンデス!』もかなり前から卒業したいという彼の意向に沿って、降板が決まりました。これで有吉さんは念願の休みを手に入れたのです」

 そのためだろうか、『ヒルナンデス!』は9月27日を以て出演を終えた有吉の、翌週の金曜日のTwitterを見ると、お休み気分が満載だ。ドラクエウォークにハマっている有吉が呟いている。

〈ドラクエウォーク。現在レベル51。歩く楽しみ感じています!〉
〈すげー疲れたんで/もう寝てみるっていうのはありなんだろうか。。。〉

 これまで睡眠時間すら、ろくに取れなかったということだろうか。

「そうでしょうね。結婚も考えているようですよ。自分よりも売れていない芸人もどんどん結婚して子供をもうけていますからね。自分もそろそろ幸せになりたい、と考えているのではないでしょうか」

 彼が幸せになることに反対する者は誰もいないだろう。

週刊新潮WEB取材班

2019年10月11日 掲載

関連記事(外部サイト)