「水着グラビアは有名になるための踏み台」元グラドルが明かす業界の裏側

「水着グラビアは有名になるための踏み台」元グラドルが明かす業界の裏側

多くの女性タレントがグラビアからキャリアをスタートさせるが……(写真はイメージです)

 今年の8月いっぱいで、成人誌が大手コンビニから撤去された。ATMの横やトイレの側に成人誌コーナーがあることが多く、ATMやトイレを利用するたびに目に入っていた卑猥な見出しを見る機会が減り、私個人としては快適になったと感じている。

 しかし、今度は一部のフェミニストたちが「青年漫画雑誌の表紙の水着グラビアも規制すべきだ」と発信し始めた。青年漫画雑誌の水着グラビアは今まで特に気に留めてこなかった。成人誌と違い、卑猥な見出しが躍っているわけではないし、Tバックなどの際どい水着でもない。笑顔の女の子が表紙を飾っていることが多く、不快感を抱かなかったからだ。

 ***


■しょこたんのグラビアにショック


 学生の頃、「しょこたん」ことタレントの中川翔子さんが大好きで、毎日ブログをチェックしており、一度だけ写真集を購入して握手会にも参加した。その写真集はビキニ姿のカットはあったものの、可愛らしいデザインの水着で、しょこたん愛用のメイク用品なども同時に紹介されているという、どちらかといえば女性をターゲットにした写真集だったのだと今になって思う。

 ある日、コンビニで週刊誌だったか青年漫画雑誌だったか忘れたが、しょこたんの写真を見つけ、立ち読みをして衝撃を受けた。明らかに布地の面積が小さいビキニを身に着けていて、性的な匂いが立ち込めている。可愛くてオタクでユニークなしょこたんのイメージがガラガラと崩れ落ち、ショックを受けた。

 おそらく、女性が普通に日常生活を送っていると水着グラビアを見る機会は少ない。この仕事をするようになり、グラビアアイドルへのインタビューも何件かこなしてきた。

 初めてグラドルさんをインタビューする際、リサーチをしようと彼女のイメージDVDを再生した。画面の中でそのグラドルは小さなビキニからこぼれんばかりのたわわな胸を揺らして縄跳びをしたり、バランスボールに乗って上下に揺れていたり、なぜかローションまみれでマッサージを受けていたりした。

 なんだこれは……。AVよりもエグいじゃないか……。AVではないのに、明らかに性行為や性的な連想を抱かせるポーズやシチュエーションが続く。思うに水着グラビアは不思議な文化である。成人指定ではないので18歳以下でも購入できる。

 以前、元お菓子系アイドル、現在はフェミニストで#KuToo運動の発起人である石川優実さんにインタビューした際、「グラビアはギリギリのところを攻めるし、どんどん肌の露出を増やしていかないと仕事がないと言われ、NGだったお尻の露出を強要された」とのことだった。石川さんの場合は強要があったが、他のグラドルはどうなのだろうか。

 そこで、数年前までグラビアアイドルとして活動しており、今も芸能活動を続けている北山亜美さん(仮名)にグラドル業界の実態を聞いた。

 北山さんは幼い頃から芸能界入りすることを目指しており、20歳を過ぎて上京。とりあえず会社員として働いていたとき、偶然、芸能事務所に所属してデビューできる話が舞い込んできた。

「最初の仕事は撮影会でした。大きい事務所だと週刊誌や青年漫画雑誌のグラビアのミスコンに応募させてくれたりします。みんな若いときは水着の仕事から入るのが当たり前ですね。まずはグラビアで名前を売る。グラビアは踏み台だと思っています」

 グラビアは踏み台……。確かに元グラドルのMEGUMI氏や小池栄子氏はグラドルとして注目された後、バラエティ番組やドラマなどで活躍している。最近だと壇蜜氏や橋本マナミ氏あたりがその例だろうか。

 しかし、俳優志望の若い男性だと、自分の性を売るような踏み台仕事をしている印象はない。せいぜい、エキストラの仕事で1日拘束されてほぼノーギャラという程度だ。女性芸能人志望者にだけ、性的搾取が求められる構図に疑問を抱く。


■接写が多くて舐め回すように撮られる


 北山さんは撮影会で初めてビキニを着た。スタイルに自信があるわけではなかったので、正直抵抗はあったが、最初に撮影してくれたアマチュアカメラマンが彼女のことを褒めてくれて、その後抵抗は薄れていった。

「撮影会をやった後、たまたま運がいいことにいきなりイメージDVDデビューが決まったんです。メーカーさんによって内容は少しずつ違いますが、出演承諾書を兼ねたNG項目リストの用紙があって、私はTバックとOバックと手ブラをNGにしていました。

 撮影では、いやらしくシャツを脱いだり、M字開脚でパンチラさせながらチュッパチャプスを舐めたりというカットがありましたが、初めてのイメージDVD作品ということで浮かれていて、そこまで嫌だという気持ちはありませんでした」

 しかし、2枚目のイメージDVD撮影時に北山さんは不信感がこみ上げる。撮影前には監督とマネージャーとスタイリスト立ち会いの下、綿密な打ち合わせがあったにもかかわらず、用意された衣装のパンツの布地の面積が明らかに小さくなっている。そして、追い打ちをかけるように、撮影時にNG項目を「これ、いけます?」と監督にもちかけられたのだ。

「半分キレ気味に『この項目はNGって伝えましたよね?』と言いました。マネージャーも同席しているのに何も言ってくれなくて『ああ、そう言えばNGだったね』という反応でした。

 現場ってヒエラルキーがあるんですよね。メイクさんやスタイリストさんたちには、監督に口出しをして女の子の味方をすると、次の現場に呼んでもらえないかもしれないという恐怖があって何も言えないのだと思います。結局私は自分で監督と交渉し、一番嫌なカットだけ写さないということで落ち着きました」

 今年の8月の終わりに、AV男優の辻丸さんが主催する「AV問題を考える会」に登壇させていただいた際、他に元AV女優さんと現役のパフォーマー兼AV女優さんが登壇していた。その2人は「NG項目を強要されたことはない」とのことだったが、現役の女優さんの方はマネージャーの手違いで台本にNG項目があった際は強く抗議し、そのシーンをカット、もう一人の元女優さんは、共演相手の男性がタバコ臭いという理由で「お前タバコ臭いんだよ!」とブチ切れて、撮影を一時中断。スタッフさんから「嫌な思いさせてごめんね」とご機嫌取りをされ、撮影の内容が一部変えられたそうだ。

 このように、聞いていた内容が違う場合、北山さんを含め、きちんと抗議できる人は強要問題に発展しない。逆に、気が弱かったり「この業界はこんなものなんだ」と思って飲み込んでしまう女性は泣き寝入りすることになるのだ。また、北山さんはイメージDVDの発売前、内容を事前にチェックし、あまりにも露骨な性表現で自分が嫌だと思う部分はカットしてもらうようにした。

「週刊誌のグラビアや写真集の撮影は今でもやりたい気持ちがあります。私はイメージDVDが嫌なんです。とにかく接写が多くて舐め回すように撮られるのがストレスで。

 写真集も出させていただいたのですが、その撮影の際は必ず『●●(スタッフの名前)髪の毛なおしまーす』と声がけがあり、勝手に体を触られたり嫌な思いをすることはありませんでしたし、写真集や週刊誌のグラビアはイメージDVDとは全く別物で、芸術的センスがあると思っています」


■嫌なことも「お姫様扱い」で帳消し


 実は私も5〜6年ほど前、知り合いの編集プロダクションの社長から「週刊誌で素人グラビア特集やるんだけど、全然出てくれる子見つからなくて……桂ちゃん出てくれない? 他にも何人か載せたいから誰か紹介してもらえるとうれしい」と言われ、まだ駆け出しライターだった私は、あわよくばその週刊誌を発行している大手出版社の人脈ができるかもと淡い期待を抱きつつ、他に出てくれる子を探し、自分も撮影に応じた(今思うとこれも、性をきっかけに仕事の幅を広げようとしている行為だ)。

 事前の打ち合わせはかなりきちんとしたもので、編集さんとスタイリストさん、編集長まで同席し、NG項目の確認と、どう撮られたいかの打ち合わせがあった。私は乳首とヘア、お尻全体をNGにし、いやらしくなく格好良く撮ってほしいと希望。結果、黒いブラジャーに黒Tバックとガーターベルトに黒いブーツ、黒いハットという、少しSMの女王感漂う姿に仕上がった。プロのメイクさんに綺麗にメイクしてもらうことも気持ちが良かった。

 しかし、ブラジャーを身に着けた貧乳でちんちくりんな私を見たスタイリストさんは「あっ、胸を作ろう」そう言い放ってヌーブラ着用を指示、ガムテープで背中や脇腹の肉を寄せに寄せて、あれよあれよと言う間に偽の谷間ができた。のちに、ヌーブラやガムテープは画像加工で消されている。

 カメラマンさんは男性だったが、ポーズの指定の際も決して私に触れようとせず、実際にカメラマンさんがポーズをしてみせてくれたものを私がマネした。そのとき、グラビアってこんなに真面目に撮影されるものなのか〜と妙に感心したものだった。話が脱線したが、そのくらい、紙媒体のグラビア撮影の現場はある意味健全なのだ。

 また、北山さんはイメージDVD出演で驚いたことの一つに「お姫様扱い」があったという。映画や舞台の現場ではそのような扱いはなかったとのこと。

「打ち上げで私が箸をつけるまで誰も料理を食べようとしないんです。それまで私は会社員経験があったので、むしろお偉いさん方に気を使う方でした。だから『監督お疲れ様です〜』と日本酒を注ぎに行こうとしたら『亜美ちゃんは座ってて、何もしないで!』と言われてしまいました。

 でも、社会人経験をしないままこの業界に入ったら、このお姫様扱いに慣れきって勘違いしちゃう子もいると思います。よくグラドルさんとかメイク中の自撮りを『メイクなう』ってSNSに上げたりしますよね。あれも、自分のためにメイクさんがメイクしてくれることにテンションが上がるからなんですよね。だから、撮影で多少嫌なことがあってもこのお姫様扱いで帳消しにされちゃう」


■アラサーで引退する子はある意味賢い


 嫌な撮影もお姫様扱いでペイされる。そして、イメージDVDと紙媒体のグラビアの格差がかなり大きいことが彼女の話からうかがえた。イメージDVDに出演していた時代、北山さんは劇的に貧乏だったと語る。

「イメージDVDが発売されて、ギャラが入金されるまでに3〜4カ月、遅いときだと半年くらいタイムラグがあるんです。だから、とても貧乏でグラビアをやっていた3年間は最低限のお金はまず自分のスキンケアに使っていて全く服を買えず、先輩のお下がりを着ていました。

 それで、ギャラの入金を待っている間は撮影会を入れていました。普通のアルバイトより少し良いくらいの給料です。でも、アマチュアカメラマンさんから卑猥なポーズを指定されたりセクハラされたりと、ストレスが多いので病んでやめていく子が多かったです」

 今、北山さんは撮影会はしていないものの、舞台や映画などの仕事だけでは食べていけないため、アルバイトをしつつ生計を立てている。北山さんは現在アラサーだ。

「この業界は見えない年齢制限があるので、アラサーあたりで引退する子はある意味賢いんです。ちゃんと一般人として生きていかなきゃという意識がある。でも私は夢を諦めきれずしがみついている状態です。

 10代からこの業界にいる女の子は『一般の女の子として生きていきたい』と引退していくパターンもあるし、『医療事務の資格でも取ってやめます』という堅実派の子もいます。ただ、引退して一般人になったのに、グラビア業界でのお姫様扱いから抜け出せずに戻ってくる子も少なくないです」

 昔はグラビアで名を売ってタレントや女優になるケースもあったが、現在はその枠がAKBグループで埋められており、さらに厳しい時代だとも北山さんは語る。

「でもこの時代、たった1枚のSNSに投稿された写真をきっかけに無名の人でも関係者の目に留まり、突然有名になれる時代でもあるんです。私も昔撮影したグラビア写真をInstagramにアップしたところ、たくさんの『いいね』がつきました。そうやってSNSきっかけで広まってほしいなと、そしてまたそろそろ水着グラビアをやりたいとは思っています」

 おそらく日本にしか存在しない水着グラビアという不思議な娯楽。男性たちがどのような心境で眺めているのか気になるが、おそらく「可愛い」と思う感情より、「ヌケるかどうか」の性的な目線だろう。

 水着グラビアをやりたくてやっている女性もいるはずだが、北山さんのように「いつか有名に」を目指してやっている人もいる。男性のエロ心をくすぐり、性を入り口にしないと知名度を上げられない構造。もちろん、女性芸能人が全員グラビアからのスタートなわけではないが、グラビアをやらなくても有名になれる方法が、もう少し主流になってもいいのではないだろうか。

 バックナンバーはこちら https://www.dailyshincho.jp/spe/himeno/

姫野桂(ひめの けい)
宮崎県宮崎市出身。1987年生まれ。日本女子大学文学部日本文学科卒。大学時代は出版社でアルバイトをして編集業務を学ぶ。現在は週刊誌やWebで執筆中。専門は性、社会問題、生きづらさ。猫が好き過ぎて愛玩動物飼養管理士2級を取得。著書に『私たちは生きづらさを抱えている 発達障害じゃない人に伝えたい当事者の本音』(イースト・プレス)、『発達障害グレーゾーン』(扶桑社新書)。ツイッター:@himeno_kei

2019年10月11日 掲載

関連記事(外部サイト)