低空発進の「グッとラック!」、一筋の光明「国山ハセン」は桝太一のライバルになるか

低空発進の「グッとラック!」、一筋の光明「国山ハセン」は桝太一のライバルになるか

「グッとラック!」の視聴率は今後どうなるのか(TBS「グッとラック!」公式サイトより)

■失敗の理由とは?


 9月30日からスタートした新番組、「グッとラック!」(TBS系列・月〜金・8:00)が不振にあえいでいる。毒舌コメントで人気の立川志らく(56)をMCに起用したが、視聴者の反応は鈍いようだ。

 ***

 まずは、スポーツ紙などの報道を確認しておこう。いずれも“スタートダッシュ”に失敗したことを報じる内容だ(註:引用はデイリー新潮の表記法に合わせた。また視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区。以下すべて同)。

◇立川志らく司会のTBS新情報番組「グッとラック!」初回視聴率2・9%でスタート(スポーツ報知電子版:10月1日)

◇立川志らく司会のTBS新情報番組「グッとラック!」3回目は視聴率2・3%…第2部は1・4%(同:10月3日)

◇TBS系情報番組「グッとラック!」早くも視聴率2%割れ目前!立川志らくに「期待外れ」の声(J-CASTニュース:10月7日)

 という具合だ。ライバル民放キー局で、番組制作に携わるスタッフは、「大きくつまずいたと言わざるを得ません」と指摘する。

「初回が2・9%、それ以降も2・6%、2・3%という結果でした。朝の情報番組は視聴習慣と結びついているので、初回の低視聴率は珍しくないとフォローする報道もありました。とはいえ、ダウンタウンの松本人志さん(56)が『視聴者は初回を見たがる』と以前に言っていた通り、ご祝儀的な視聴率が出ることも珍しくはありません。特に『グッとラック!』は前番組である『ビビッド』が最終回に記録した視聴率、3・1%に届きませんでした。このあたりで惨敗だと報道されたのでしょう」

 しかしながら、この関係者は「TBSとしては2%台をうろうろする結果になることも、ある程度なら覚悟していたはずです」という。

「意外だったのは、立川さんがMCだと大宣伝されていたにもかかわらず、席の位置などから、コメンテーターのように見えていたことでした。視聴者が期待していたのは、志らくさんが番組を仕切り、先頭に立ってニュースをぶった切るスタイルだったのではないでしょうか。実際、そうでないと志らくさんをMCに器用した意味がないと思います」

 少なくとも初回の場合、9時以降は志らくの出番も減った印象を持ったという。番組全体で「志らく色」を抑える演出を行ったように見えるそうだが、その結果として「単なる普通の情報番組」になった可能性もあるという。


■ライバルは日テレのあの人?


 一方、この関係者は「意外と言っては失礼ですが、志らくさんのサポートを務める国山ハセンアナ(28)のMC力が高いなと感心しました」と語る。

「爽やかなイケメンで、主婦層に人気なのは、前番組の『Nスタ』(月〜金・15:49)でも証明済みですが、先輩アナに助けてもらわなくとも、1人で番組を進行する力があることを示しました。男性アナでは同じTBSの安住紳一郎アナ(46)とフリーの羽鳥慎一アナ(48)が高い人気を誇っていますが、このレベルに行くにはまだまだ時間がかかるでしょう。まずハセンアナにとって当面の目標は、日テレの桝太一アナ(38)でしょう。桝アナも主婦層の人気が高いですからね」

 この関係者によると、ハセンアナの“武器”は、第1点が「落ち着いた態度」、第2点が「声の聞き取りやすさ」、第3点が「ネタの料理」だという。最初の2点はさておき、3点目は説明が必要だろう。

「MCとは、情報番組でもバラエティでも、基本は出演者のコメントを拾い、転がしていくのが一番の仕事です。下手なMCが進行すると、トークの流れが変に止まったり、話題があっちこっちに転がりすぎて収拾がつかなくなってしまいます」

 関係者は「こうしたネタの料理を断トツに得意としているのが、安住アナと羽鳥アナ」だと言う。

「この2人は単なるMC力だけでなく、バラエティも担当できる能力を持っています。共に『新・情報7DAYS ニュースキャスター』(TBS系列・土曜・22:00)、『モーニングショー』(テレビ朝日系列・月〜金・8:00)という報道系の番組を持っていますが、彼らは真面目なトークも、笑いを挟み込んで視聴者をリラックスさせることもできます。取り上げたニュースのポイントを無駄なく紹介しながら、面白いところを自然に強調する。ネタの料理の塩梅が、抜群なんですね」

 桝アナの場合、「東大の理系、それも大学院を卒業しているのに、とても“イイ人”に見える」のが人気の理由だという。共演者を傷つけたりしない好青年だと女性視聴者が高く評価しているのだ。

 一方、ハセンアナは中央大学の商学部を卒業している。「彼の場合は“イイ人”というより、“爽やか”という印象のほうが強いでしょう」と関係者は分析する。

 似ているけれども、微妙な違いがある。だからこそ好一対になる、と関係者は予想する。とにもかくにも、「グッとラック!」の視聴率が今後どうなるのか、要注目のようだ。

週刊新潮WEB取材班

2019年10月13日 掲載

関連記事(外部サイト)