波瑠「G線上のあなたと私」が“凪のお暇・これ経ロス”の視聴者にお勧めの理由

波瑠「G線上のあなたと私」が“凪のお暇・これ経ロス”の視聴者にお勧めの理由

波瑠

 10月期ドラマ(10〜12月)が一部で始まった。話題作になるのは、どのドラマか? 視聴者の胸に刺さるドラマを予想すると、それはTBSの「G線上のあなたと私」(火曜午後10時)ではないか。7月期ドラマ(7〜9月)の話題作「凪のお暇」(TBS)、「これは経費で落ちません!」(NHK)と底流にあるものが一緒だからだ。

「G線上のあなたと私」は、いくえみ綾さん(55)の同名人気漫画が原作。27歳で独身の主人公・小暮也映子を、波瑠(28)が演じる。

「凪のお暇」「これは経費で落ちません!」との最大の共通点は、主人公が青春末期であるところ。「凪のお暇」の大島凪(黒木華)は28歳、「これは経費で落ちません!」の森若沙名子(多部未華子)は30歳だった。そして、説明するまでもないが、どちらも独身だった。

 ここにきて青春末期の主人公がにわかに増えた背景の一つは、晩婚化の進行に違いない。独身のまま30代を迎える人が増え、その分、青春末期と呼べる期間が延びた。ただし、そんな単純なことだけが、青春末期の主人公が増えた理由ではないはずだ

 青春末期は人生のターニングポイントであり、そもそもドラマの主人公とするのに向いている。たとえば、結婚する、しないは本人の自由だが、親や周囲の声や視線が一番煩わしいのは30歳前後だろう。それまでの交際相手に、結婚するか否かの答えを求められがちな年代でもある。

 新卒時に選んだ職種や就職先にとどまるのかどうかを悩む人が少なくないのも30歳前後。その仕事の適正が自分にあるかどうか、好きか嫌いかは、この時期までには何となく分かる。学生時代からの生活スタイルや友人関係を継続するかどうかを考えがちなのもこの時期だろう。

 かくして青春末期は考え事や悩み、迷いが多い。一度立ち止まって自分を見つめ直す人も少なくない。人生の踊り場的な時期とも言える。その割に、これまでは30歳前後を主人公とし、その生き方を描くドラマは多くなかった。

 だが、7月ドラマで話題をさらったのは主人公が30歳前後のドラマ。エンタテインメントビジネス誌『コンフィデンス』のドラマ満足度調査であるドラマバリューでは、1位が「凪のお暇」で、2位が「これは経費で落ちません!」。これまで主人公が30歳前後のドラマが多くなかったので、新鮮に映った側面もあったかもしれない。

 両ドラマはツイッター上でも話題で、「凪のお暇」は6月7日から9月21日までに計39回、「これは経費で落ちません!」は7月26日から9月26日までに12回、それぞれトレンド入りした。主人公が青春末期のドラマは、おそらく晩婚化した時代の要請だったのだろう。

「凪のお暇」の大島凪は28歳まで幸せな明日を信じて頑張ってきたが、迷いが生じ、立ち止まった。お暇に入った。このドラマは、まさに凪の踊り場を描いたものだった。

「これは経費で落ちません!」の森若沙名子も自分を愛する山田太陽(重岡大毅)の出現や会社内での出来事、出会いによって、それまでの人生観や生活観が揺らいだ。このドラマもまた踊り場に置かれた森若の日々を映像化したものと言えただろう。


■踊り場そのものの「G線上」


 そして、波瑠が演じる「G線上のあなたと私」の小暮也映子が置かれている立場はというと、踊り場そのもの。めでたく寿退社するはずだったが、退社後の結婚直前になって婚約者・村野智史(森岡龍)から「ほかに好きな人がいる」と告げられてしまう。婚約を破棄された。

 将来設計がすべてパーに。途方に暮れ、ふらふらと放心状態で立ち寄ったショッピングモールで「G線上のアリア」の生演奏を耳にしたのをきっかけに、大人のバイオリン教室に通い始める。

 教室で同じクラスになったのはイマドキの大学生・加瀬理人(中川大志、21)と主婦の北河幸恵(松下由樹、51)。年齢も立場もまるで違う3人の人間関係は一筋縄ではいかない。バイオリンのレッスンもそう簡単には上達しなかった。

 世代を超えた友情、恋愛は成立するのか。プロになろうとしているわけではなく、ただバイオリンを弾けるようになりたくて教室に通う大人たちに何がもたらされるのか。

 これ以上書くと、これからドラマを見る人にとって興ざめなだけだろうから、控える。ただし、原作の持ち味がそのまま生かされたら、傑作になるはずだ。

 波瑠自身はTBSの公式YouTubeのインタビューに対し、こう語っている。

「ただバイオリンを頑張っている女性を描くというわけではなく、教室を通して描かれる人間関係とか、一人ひとりが影響を与え合ったり、受け合ったりするのが面白いと思いました。(主人公・小暮也映子は)結婚できなくなって、悲劇のヒロインになってもおかしくないのに、ある意味、図太くというか、普通に生きられてしまっていて。劇的じゃない生活をしているところがすごくリアル」(TBS公式YouTubeの波瑠のインタビューより)

 主人公がリアルな生活を送るという点も、「凪のお暇」「これは経費で落ちません!」と一緒。バブル期のトレンディドラマのように、主人公が地に足の着かない生活を送っているようなドラマはもう二度と受け入れられないだろう。

 また、昭和期から平成期は、青春ど真ん中世代が主人公のドラマがあまりに多すぎた。
不倫に突っ走る30〜40代の夫婦も同じ。そんな中、これまでは存在感が薄かったのが、青春末期の主人公の葛藤を描いたドラマだった。

 だからといって、主人公が30歳前後というだけでは視聴者の共感は得られないだろう。だが、「G線上のあなたと私」の波瑠は、同じいくえみさんが原作のドラマ「あなたのことはそれほど」(TBS、2017年)も成功させている。平均視聴率は 11・2%。最終回で14・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)に達した。波瑠といくえみさんの作風は相性がいい。

「G線上のあなたと私」のチーフ演出家は金子文紀氏(48)で、こちらも「あなたのことはそれほど」と同じ。そして、チーフプロデューサーは天才ドラマウーマンとも称される磯山晶さん(52)なので、いやがおうにも期待は高まる。

 磯山さんは2016年に編成部に異動したが、このドラマから制作に復帰。過去には「池袋ウエストゲートパーク」(2000年、2003年)「木更津キャッツアイ」(2002年)などの話題作をプロデュースしている。宮藤官九郎氏(49)を見出し、世に認めさせた人でもある。古田新太(53)を演劇界からドラマ界に引き入れたのも磯山さんだ。才能の塊のような人である。

 ドラマ界において、「ヒットの方程式」なるものは存在しないとされているが、「G線上のあなたと私」には話題作になる要素が詰まっている。「凪のお暇」ロス、「これは経費で落ちません!」ロスで淋しがっている人には、とくにお勧めだ。

高堀冬彦(たかほり・ふゆひこ)
ライター、エディター。1990年、スポーツニッポン新聞社入社。芸能面などを取材・執筆(放送担当)。2010年退社。週刊誌契約記者を経て、2016年、毎日新聞出版社入社。「サンデー毎日」記者、編集次長を歴任し、2019年4月に退社し独立。

週刊新潮WEB取材班編集

2019年10月15日 掲載

関連記事(外部サイト)