事故に遭いやすい? ブチギレやすくなる? 起業したくなる? 人間をも操る寄生虫の正体とは 【えげつない寄生生物】

 ゴキブリを奴隷のように支配したり、泳げないカマキリを入水自殺させたり、アリの脳を支配し最適な場所に誘って殺したり――、あなたはそんな恐ろしい生物をご存じだろうか。「寄生生物」と呼ばれる彼らが、ある時は自分より大きな宿主を手玉に取り翻弄して時には死に至らしめ、またある時は相手を洗脳して自在に操る様は、まさに「えげつない!」。そんな寄生者たちの生存戦略に、昆虫・微生物の研究者である成田聡子氏が迫るシリーズ「えげつない寄生生物」。第14回は「ヒトをも操る寄生虫」です。

 ***

 あの猫独特のやわらかな毛、しなやかなキャットウォーク、つかみどころのない性格、そして、甘えているときに出すゴロゴロという声。

 猫の祖先は約13万年前に中東の砂漠などに生息していたリビアヤマネコだと考えられています。キプロス島にあるシロウロカンボス遺跡から人間と一緒に埋葬されているネコ科動物の遺骨が発見されたことから、約9500年前には人間のパートナーとして扱われていたと予想されています。

 古代エジプトでは猫は神の象徴として崇拝されていました。逆に中世ヨーロッパでは悪魔や魔女の手先とされて大量虐殺がおこなわれます。いずれにしても、神や悪魔の化身と思われる神秘的な雰囲気が猫にはあるのでしょう。

 さて、その古代から現代にいたるまで9000年以上もの長きにわたって愛されて、人間と生活空間を共にしてきた猫はトキソプラズマという宿主の行動変化を引き起こす微生物をもっているというお話を前回いたしました。この微生物は、猫の体内に戻らなければ繁殖できないので、感染したネズミの行動を変化させ、猫を恐れなくさせて捕まりやすくすることで猫の体内に戻っていきます。

 そして、この行動操作はネズミだけではなく、人間にさえ起きているようなのです。


■交通事故に遭いやすくなる


 2006年にトルコで発表された研究では、過去に交通事故を経験した21〜40歳の男女185人の運転者と交通事故を経験していない185人(対照群)に対してトキソプラズマに対する2種類の抗体を調べました。

 1つはIgM型抗体というもので、これはトキソプラズマに感染して1週間以内ですぐに現れる抗体ですが、感染後3〜6カ月後には体内から消えてしまいます。つまり、このIgM抗体を持っている人はごく最近、トキソプラズマに感染した初期感染者であることを示します。そして、もう一方のIgG型抗体は感染の初期だけでなく治癒後にも産出されるため、この抗体を持っている人はトキソプラズマに感染した経験があることを示します。

 この論文では交通事故を経験した人のうち3.24%がIgM型抗体を持ちトキソプラズマの初期感染が疑われました。しかし、同様の年齢層で同じ地域に住む対照群の人でこの抗体をもっていたのは0.54%にとどまり、その割合の差は6倍にもなっていました。

 さらに、過去を含めてトキソプラズマに感染した証拠となるIgG型抗体を持つ人の割合は、交通事故を経験した人では24.3%となり約4人に1人がトキソプラズマに感染した経験を示しましたが、対照群では6.5%しかこの抗体を持っていませんでした。

 これらのことから、トキソプラズマの感染と交通事故の危険性の間には相関があるのではないかと考えられ、交通事故を防止するための戦略を練る際には、運転者の潜在的なトキソプラズマ感染の有無を考慮する必要があるかもしれないと考察されています。

 さらに、2009年にチェコでは、プラハの中央軍事病院に定期検査のために訪れた3890名の新兵に対して、トキソプラズマ感染と血液のRhD表現型との関連について調査されました。

 調査の結果、トキソプラズマに感染しているRhD陰性の血液型を持つ兵士は、感染していないRhD陽性の血液型を持つ兵士の6倍も多く交通事故を起こしていたことが明らかになっています。RhD陰性の血液型、つまりはRhDタンパク質が無いことがトキソプラズマとどのように関係して交通事故の発生率を高めているのかは定かではありませんが、これらが何かしら作用していることは明らかです。


■なぜトキソプラズマに感染すると事故を起こしやすくなるのか?


 なぜトキソプラズマに感染すると事故を起こしやすくなるのか? その理由の1つとして、トキソプラズマに感染すると反応時間が遅くなるためではないかと考えられています。単純な反応時間を測るテストを行ったところ、トキソプラズマに感染している人々は感染していない同年代の人々よりも反応時間が遅いという特徴もみられました。


■ブチギレやすくなる?


 シカゴ大学で1991年から行ってきた研究をベースに発表された論文では、キレやすい人とトキソプラズマ感染の関係について論じています。

 この実験では新聞・雑誌に「キレる人」の募集広告を掲載し、数週間に1回、数カ月に1回のペースで定期的にキレる人たちを集めました。この場合の「キレる人」というのは、うつ病や不安神経症は併発しておらず、普段はいたって正常にもかかわらず、なんらかのきっかけで発作的に手が付けられなくなってしまう人のことです。

 この調査では、いわゆる「キレる人」と「普通の人」の間でトキソプラズマ感染率が違ったのです。「キレる人」と「普通の人」合わせて358人のうち、「普通の人」のトキソプラズマ感染率は9%で、「キレる人」の感染率は22%だったのです。また、トキソプラズマ原虫に感染すると、「キレる人」でも「普通の人」でも怒りと攻撃性の度合いが高いという傾向がありました。しかし、うつや不安神経症が増えるという傾向はありませんでした。

 もし、トキソプラズマがメンタルに障害を与えるとしたら、主に2つの仮説が考えられるようです。1つはトキソプラズマ原虫は1度感染すると、体内から完全にいなくなることはなく、免疫で抑えている状態になります。そのため、何らかの原因で免疫系が弱まると、体内にいるトキソプラズマが再活性化してメンタルに影響を与えるという仮説です。2つ目の仮説は、トキソプラズマ原虫に感染すると免疫系そのものが感染を抑えるために常に働き、疲弊してしまうためメンタルに悪影響を与えるという仮説です。

 この結果だけでは、トキソプラズマ原虫がキレることを引き起こすと実証されたわけではありませんが、突発的な怒りとトキソプラズマの感染の間には何らかの関係がありそうに思います。


■感染による影響は男女で差が出る:男性は嫉妬深く、女性は愛情豊かに?


 トキソプラズマの慢性感染によりヒトの行動や人格にも変化が現れるという研究結果はいくつかあり、しかも、男女でその変化には違いがありそうだということもわかってきました。

 感染している男性は、集中力の欠如が見られたり、危険な行動に走ったりしやすく、独断的で、猜疑的で、嫉妬深くなる傾向が見られました。一方、感染した女性は社会的で、より知的、友好的で、自分に満足しており、自信があり、社会ルールを重んじ、感受性や愛情が豊かな傾向にあったのです。そして、共通していたのは男女ともに感染している人は、感染していない人に比べてより不安を感じるという点でした。


■起業したい、したい!と思わせる微生物


 2018年にはトキソプラズマに感染している人は起業志向が強いとの研究を、アメリカの研究チームが発表しました。この研究では、米国の大学生約1500人を対象にトキソプラズマ感染と起業への意欲との関連を調査し、さらにトキソプラズマの感染に関する国別データと起業の実態のデータを組み合わせ、世界42カ国について過去25年間にさかのぼって分析しました。

 その結果、唾液検査で感染と判定された学生は、感染のない学生に比べてビジネス系の専攻を選ぶ割合が1.4倍高く、ビジネス専攻の中でも会計や財務より経営や起業関連を勉強する割合は1.7倍となっていました。

 また、国レベルでも、トキソプラズマの感染率が高い国では、起業を妨げる「失敗することへの恐れ」に言及する回答者の割合が低くなり、トキソプラズマ感染率が高いほど、起業活動や起業志向を高める傾向にあることがわかりました。

 トキソプラズマに感染したネズミは猫を恐れず、不安を感じず、大胆不敵に行動するようになりますが、トキソプラズマに感染した人間においても似たような感情への作用が引き起こされるのかもしれません。

 このように、寄生虫に感染すると人格、性格、感情にまで影響があるのではないかという研究結果をみると、自分の考えや感情でさえ何に影響を受けているのかわからず不安になってきてしまいます。


■猫好きの偉人たち


 ところで、偉人達の中には大の猫好きの方が多くいました。様々な猫好きの偉人たちが猫についての名言を残しているので、少しだけ紹介したいと思います。

エドガー・アラン・ポー
 アメリカ合衆国の作家で、大の猫好きで有名です。猫からひらめきを得て「黒猫」というタイトルの、怪奇小説を書いています。そして、「猫のようにミステリアスに書けたらと思う」という言葉を残しています。

歌川国芳(うたがわ・くによし)
 江戸時代後期に活躍した、独創的な画風で知られる浮世絵師。彼が残した作品には、猫が度々登場します。彼は猫をこよなく愛しており、懐に猫を抱いて絵を描いたといわれるほど無類の猫好きでした。つねに数匹、ときに十数匹の猫を飼っていたと伝えられています。家には亡くなった猫の仏壇と、死んだ猫の戒名が書かれた位牌が飾られていたといいます。

三島由紀夫(みしま・ゆきお)
 戦後の日本文学界を代表する作家の1人。昭和45年に自衛隊市ヶ谷駐屯地で割腹自殺という衝撃的な死を選んだ彼ですが、個人的には私はこの作家が大好きです。

 彼は独身時代、猫に与える煮干しを、机の引き出しに入れておくほどの、猫好きだったそうです。猫を飼っていた頃は、ふすまに猫専用の、小さな出入口を作って自由に猫が部屋を行き来できるようにしていたようです。この頃撮ったであろう写真の、猫と一緒の三島の笑顔といったら・・・。

 しかし、結婚相手が猫嫌いだったため、猫を飼うことをやめます。彼がとても好きだった猫とずっと一緒にいれたのなら彼の作品も人生もまた違ったものになっていたのではないかと思ってしまいます。

 そんな彼の猫に対する気持ちを表した言葉です。

「あの憂鬱な獣が好きでしやうがないのです。芸をおぼえないのだつて、おぼえられないのではなく、そんなことはばからしいと思つてゐるので、あの小ざかしいすねた顔つき、きれいな歯並、冷めたい媚び、何んともいへず私は好きです」

谷崎潤一郎(たにざき・じゅんいちろう)
 西洋猫のシャム猫やペルシャ猫が特に好きだったようです。一時期は、ペルシャだけを、数十匹も飼っていたという情報もあります。高血圧症が悪化したため、伊豆に静養に行っていた頃は、「ペル」と名付けられていたペルシャを溺愛し、その猫が亡くなったあとは、剥製にして残しておいたほど、大事にしていたようです。

 今回ご紹介したほかにも、レオナルド・ダ・ヴィンチ、ピカソ、ダリ、リンカーン大統領、チャーチル、文学者のヘミングウェイ、夏目漱石、科学者のニュートン、ビートルズのジョン・レノンなど猫好きで有名だった方とそのエピソードはたくさん残されていますので、興味がおありの方は時間のあるときにでも是非調べてみてください。

※参考文献
Berdoy, M., Webster, J.P., Macdonald, D.W. (2000) Fatal attraction in rats infected with Toxoplasma gondii. Proceedings of the Royal Society B:Biological Sciences 267: 1591?1594.
Fuks, J.M., Arrighi, R.B., Weidner, J.M., Kumar, Mendu S., Jin, Z., Wallin, R.P., Rethi, B., Birnir, B., Barragan, A. (2012) GABAergic signaling is linked to a hypermigratory phenotype in dendritic cells infected by Toxoplasma gondii. PLoS Pathogens 8: e1003051.
Flegr, J., Klose, J., Novotna, M., Berenreitterova, M., Havlicek, J. (2009) Increased incidence of traffic accidents in Toxoplasma-infected military drivers and protective effect RhD molecule revealed by a large-scale prospective cohort study. BMC Infectious Diseases 9:72.
Havlicek, J., Gasova, Z.G., Smith, A.P., Zvara, K., Flegr, J. (2001) Decrease of psychomotor performance in subjects with latent 'asymptomatic' toxoplasmosis. Parasitology 122: 515-520.
Yereli, K., Balcioglu, I.C., Ozbilgin, A. (2006) Is Toxoplasma gondii a potential risk for traffic accidents in Turkey? Forensic Science International 163: 34?37.
Sugden, K., Moffitt, T.E., Pinto, L., Poulton, R., Williams, B.S., Caspi, A. (2016) Is Toxoplasma Gondii Infection Related to Brain and Behavior Impairments in Humans? Evidence from a Population-Representative Birth Cohort. PLoS One 11:e0148435.
Johnson, S.K., Fitza, M.A., Lerner, D.A., Calhoun, D.M., Beldon, M.A., Chan, E.T., Johnson, P.T.J. (2018) Risky business: linking Toxoplasma gondii infection and entrepreneurship behaviours across individuals and countries. Proceedings of the Royal Society B: Biological Sciences 285: 20180822.
Coccaro, E.F., Lee, R., Groer, M.W., Can, A., Coussons-Read, M., Postolache, T.T. (2016) Toxoplasma gondii infection: relationship with aggression in psychiatric subjects. Journal of Clinical Psychiatry 77: 334-341.

 ***

次回の更新予定日は2019年11月15日(金)です。

バックナンバーはデイリー新潮で公開中。
連載一覧はこちらhttps://www.dailyshincho.jp/spe/parasite/から。

成田聡子(なりた・さとこ)
2007年千葉大学大学院自然科学研究科博士課程修了。理学博士。
独立行政法人日本学術振興会特別研究員を経て、国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所霊長類医科学研究センターにて感染症、主に結核ワクチンの研究に従事。現在、株式会社日本バイオセラピー研究所筑波研究所所長代理。幹細胞を用いた細胞療法、再生医療に従事。著書に『したたかな寄生――脳と体を乗っ取り巧みに操る生物たち』(幻冬舎新書) 、『共生細菌の世界――したたかで巧みな宿主操作』(東海大学出版会 フィールドの生物学D)など。

2019年10月18日 掲載

関連記事(外部サイト)