マツコも認める「IKKO」の冠番組が相次いで放送 で、「はるな愛」といえば?

■明暗が分かれた!?


 10月10日と12日、2本のバラエティ番組が放送されると、テレビ業界にどよめきが起きたという。1本目は「IKKOの奇跡の瞬間大連発!まぼろし〜衝撃映像祭り」(テレビ東京系列・18時25分)、2本目は「世界が仰天!クイズどんだけ〜?」(テレビ朝日系列・14:59)だ。

 ***

 どちらもIKKO(57)の冠番組。テレ朝の方は「IKKO」という名前は入っていないが、「どんだけ〜?」がその替わりを果たしているということなのだろう。もちろん、彼(彼女?)にとって初という慶事だ。

 これまで出演者として視聴者の人気を集めてきたのはご承知の通りだが、遂に“番組の顔”を担うまでに出世したわけだ。民放キー局でバラエティ番組の制作に携わる関係者が解説する。

「テレビマンなら誰でも、『新しいMC、新しい番組の顔になれる人はいないか』と常に意識を持ち、アンテナを張り巡らします。これを芸能人の視点に置き換えると、番組出演を重ねてスタッフから“戦力”として認められ、実力と知名度を得てMCになるというのが王道です。タモリ(74)、ビートたけし(72)、明石家さんま(64)、所ジョージ(64)の4氏、いわゆる“四天王”も、この王道を通ってスターになりました」

 具体的に見てみよう。明石家さんまが二代目笑福亭松之助(1925〜2019)に弟子入りしたのは1974年のことだった。

 76年に「ヤングおー!おー!」(毎日放送制作・1969〜1982)で頭角を現すと、79年に「誰がカバやねんロックンロールショー」(関西テレビ制作・1979〜1980)で初MCを担当。80年代に入ると一気に全国区でブレイクし、「さんまのまんま」(同・1985〜2016)や、「あっぱれさんま大先生」(フジテレビ制作・1988〜2003)という冠番組が相次いで放送されるようになった。

 さんまが“スピード出世”の代表例なら、“遅咲きの星”は出川哲朗(55)が筆頭格になるだろう。

 出川が専門学校の同級生だった内村光良(55)、南原清隆(54)、入江雅人(56)らと「劇団SHA・LA・LA」を創設し、自らが座長に就任したのは1987年。

 テレビの世界に進出すると、「ビートたけしのお笑いウルトラクイズ!!」(日本テレビ制作・1989〜1996)で圧倒的な存在感を発揮するなど、“リアクション芸人”の代表格となる。

 そして、ついに2017年、「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」(テレビ東京系列・土曜・19:54)が“出川哲朗初のゴールデン冠番組”として話題を呼ぶ。デビューから実に30年近くが経っていた。

「ある程度、年齢を重ねてからMCに抜擢された芸能人と言えば、出川さんやマツコ・デラックスさん(46)の名前が浮かびます。IKKOさんも仲間入りを果たしたわけですが、今後も躍進が期待できるかもしれません」(同・関係者)

■オネエタレントの“サバイバー”


 もともとバラエティ番組の出演者としては、「コメントが視聴者に好感を持たれる」、「時には体も張ってくれる」、「波瀾万丈の半生も隠しごとなく語ってくれる」と、制作スタッフの評価は高かったという。

「常に一生懸命なところが、IKKOさんの人気の秘密でしょう。それこそマツコさんも、その凄さを認めるほどです。共演者やスタッフへの気配りもできる。売れっ子お笑い芸人のようにトーク技術を磨き抜いているわけではないので、本当にMCとして番組を切り盛りできるか未知数ではあります。ただ、出演者のサポートを受ければ、番組の顔としての役割は充分に果たせると思います」(同・関係者)

 両番組とも、MCとしてのIKKOに大きな負担がかからないよう、なかなか計算されている。共に「ビックリ映像」を取り上げる内容となっており、IKKOをはじめとする出演者は基本的にVTRを視聴し、リアクションをすれば番組が成立する。

 また「クイズどんだけ〜?」の場合、チョコレートプラネットの2人がサブMCとして助けた。もちろん長田庄平(39)は和泉元彌(45)の、そして松尾駿(37)はIKKOのモノマネをしながら出演したのは言うまでもない。

 放送を見た担当記者は「インパクトが強く、IKKOさんの人柄が出ていたのは、『まぼろし〜衝撃映像祭り』のほうでした」と言う。

「テレ朝さんのクイズ番組は、回答者として出演していたハライチの澤部佑さん(33)も要所要所でMCの3人にツッコミをするなど、“サブサブMC”として番組を助けていましたね。ただ、テレ東さんの『まぼろし〜衝撃映像祭り』はVTRをスタジオではなく、都内のロケ地で、一般人と共に見るというアイディアが出色でした。こちらは平成ノブシコブシの吉村崇さん(39)がサポート役。何より市井の人と掛け合うIKKOさんが笑えるやら、『いい人なんだな』と感心させられるやらで、意外な面白さがありました」

 IKKOは“オネエブーム”の数少ない生き残り組だ。今でも検索エンジンを使えば、「オネエ&オカマの芸能人40選」などのサイトがヒットする。栄枯盛衰は芸能界の常だとはいえ、消え去ったオネエが少なくないことが分かる。

 ところがIKKOはブームが去っても視聴者から愛されているのだから、やはりタレントとして確かな実力を持っているのだろう。

「平成のオネエブームを作ったのは、はるな愛(47)、KABA.ちゃん(50)、『マツケンサンバII』の振付師・真島茂樹(65)、クリス松村(年齢非公表)の4氏がバラエティ番組で活躍し、そこに文化人枠に近い形でIKKO、マツコ・デラックス、ミッツ・マングローブ(44)、假屋崎省吾(60)、尾木直樹(72)といった方々が注目されました。この合計9氏は、いわば中核グループ。今でも現役で活躍している方ばかりですが、はるな愛さんの露出が減少しているのが気がかりですね」(前出の関係者)

 はるな愛の公式サイトを見てみると、テレビのレギュラー番組は4本が記載されている。

【1】「にじいろジーン」(関西テレビ制作=フジテレビ系列・土曜・8:30)」
【2】「ドデスカ!」(メ〜テレ制作・月〜金・6:00)隔週金曜コメンテーター
【3】「映画MANIA」(テレビ東海制作・金曜・1:00)
【4】「報道ランナー」(関西テレビ制作・月〜金・16:45)水曜コメンテーター

「はるな愛さんは“エアあやや”を筆頭に、モノマネが人気の原動力でした。ところが最近は、りんごちゃん(31)にすっかりその座を奪われてしまいました。そしてバラエティ番組の出演者としては、IKKOさんが取って替わりつつあるという感じですね」(同・関係者)

週刊新潮WEB取材班

2019年10月22日 掲載

関連記事(外部サイト)