【産後クライシスルポ】離婚率「子どもが0歳〜2歳の夫婦」が最も高いワケ

【産後クライシスルポ】離婚率「子どもが0歳〜2歳の夫婦」が最も高いワケ

「すっかりお母さんの顔になったね」息子を出産した時、お祝いに駆けつけてくれた友人の幾人かが、そう言っていたけれど、違和感しかなかった(写真はイメージです)

 現代社会を生きる女性が避けては通れない「婚活」「結婚」「妊活」「子育て」。これらのライフイベントに伴う様々な困難にぶつかりつつも、彼女たちは最終的には自分なりに編み出した「ライフハック」で壁を乗り越えていきます。読めば勇気が湧いてくるノンフィクション連載「女のライフハック」、待望の第8回です。

 バックナンバーはこちら https://www.dailyshincho.jp/spe/rikaoizumi/

***


■乳幼児の育児中という一番大変な時期にあえて離婚


 産後の母親に声をかける常套句のひとつに「すっかりお母さんの顔になったね」というものがある。わたしが息子を出産した時も、お祝いに駆けつけてくれた友人の幾人かが、そう言っていたけれど、違和感しかなかった。

 子どもを生めば“母”と呼ばれる立場になる。けれども、息子を生んでしばらくは、自分の中に “母”という自覚は、まったく芽生えていなかった。もちろん子どもへの愛情はあったけれど、むしろ「わたしがやらなければ」という責任感と、そのプレッシャーが先に立っていたから、母性の素晴らしさとやらを讃えられる度に「人に責任を強いるのに、都合のいい言葉を使うな」と白々しくも思っていた。

 が、時は流れて、我が子ももう2歳と9カ月。結果的に1000日以上、母親業を遂行してきた。母性の芽生えは、未だに自覚できていないが、 “母”と目されることに異論はないし、「すっかりお母さんの顔になったね」と言われても、なんの抵抗もなく頷けるようになった。

 さて、わたしと同時に“親”という立場になった人間がもうひとりいる。配偶者だ。2年と9カ月前、わたしと配偶者には、“夫婦”に加えて、“両親”という属性が追加されたのだが、そうなった瞬間、わたしたちの関係はみるみるうちに悪化することとなった。

 産後、育児のメインは、産休中のわたしが担当することになったものの、昼夜問わずの授乳や頻繁なおむつ替えなど、慣れないことばかりに気を張り続ける日々は、とにかくしんどかった。

 もうひとりの親――夫――に頼ろうと、「もう少し、積極的に手伝って欲しい」と訴えたところ、返ってきたのは「もう少し子どもが成長して、遊べるようになったら、出来ることも増えると思うのだけど、今は小さすぎて怖い」という弱音だった。人には得意不得意もあるし、出来ないという人に、根性論を振りかざして強制させるのは、わたしの好みではない。

 ならば、夫には仕事を頑張ってもらい、わたしは育児に励む“役割分担”でいこうと一度は納得したものの、子どもが生まれる前とまったく変わることなく、ジム通いを続け、好きな時に飲みにいく夫の姿を見て、「わたしだけ負担が大きすぎる」と再度訴えることになった。

 しかし、「そうはいっても、出来ないものは出来ない」と夫はあくまでも主張を崩さず、結局、状況は改善することなく、寝不足と疲労も手伝って常にイライラしていて、何かあればすぐに言い合いが勃発する日々だった。

 どうすればこの事態を解決に導けるのか。ヒントを探している時に出会ったのが『ママたちが非常事態!? 最新科学で読み解くニッポンの子育て』(NHKスペシャル取材班著、ポプラ社)という一冊の本だった。特に産後、夫婦関係が悪くなる “産後クライシス”が起こる理由を、科学的に読み解いた第3章「夫へのイライラが止まらない」はとても興味深かった。

 例えば、育児に深く関係しているオキシトシンというホルモンは、子どもやパートナーに対する愛情を深める一方で、育児を邪魔する相手に対しては攻撃性を生むこと。

 赤ちゃんの泣き声を聞いた時の男女の脳の働きが違う(父親の脳は、単なるノイズと赤ちゃんの泣き声を聞いた時の変化に違いはない。母親の脳は赤ちゃんの泣き声により強く反応する)ゆえに、母親が強いストレスを抱える要因となっている……といった、産後に夫婦仲が拗れる科学的根拠が紹介されていた。

 科学的に証明されているのならば、配偶者に対して目くじらを立てるのも仕方ないと思えるし、実際に、子持ちの友人は「ガルガル期(産後に感情の起伏が激しくなり、周りの人に攻撃的になってしまう時期)は、ホルモンバランスの問題だと知って、わたしはおかしくないんだって安心した」と言っていたので、科学的な実証が母親たちの拠り所になることは間違いない。

 さらにこの本の中に、子どものいる夫婦の離婚率について、興味深い記述を見つけた。末の子が0歳から2歳の時、つまり産後間もない頃の離婚が最も多いというのだ。

 その根拠として示されている厚生労働省の平成23年度全国母子世帯等調査の「母子世帯になった時の末子の年齢階級別状況」によると、総数1648世帯のうち、0歳〜2歳が563世帯で34.2%を占めている。次点は3歳〜5歳で336世帯の20.4%で、末の子どもの年齢が上がるにつれて、件数は減少している。

 しかし、乳幼児の育児中という、とにかく手のかかる時期、助けの手の欲しい時期に、配偶者と別れるのは、よっぽどのことがあってだと思うけれども、それは果たして、母親のホルモンバランスや男女の脳の働きの行き違いだけなのだろうか。

 そんな疑問を解くべく、今回は、子どもが1歳の時に離婚したという原田美智さん(仮名・36歳 家族構成:長女3歳)にお話を聞くことにした。


■「そんなことを考える暇があったら、もう少し家事できるよね」


「もともと離婚した夫には、長い間付き合っていて同棲までしている恋人がいて、その女性ときちんと別れる前に、わたしは告白をされたんです。それで付き合い始めたものの、『別れる、別れる』といいながらも、その女性とはなかなか別れずにいたので、根本的に自分は悪いことをしたっていう気持ちがあって。

 友達に相談したら『別にいいじゃん、結婚してたわけじゃないんだから』って言われたけど、わたしは『この人って信じられない』っていう気持ちがどうしても拭えなかったんです。彼女がいるのに、他の人を好きになって、ちゃんと別れないで……っていうのが。自分にも返ってくることかもしれないって」

 交際当初から心に引っかかりを覚えていたという美智さんだったが、それでも優しくて面倒見が良く、時には美智さんの弁当までも手作りしてくれる恋人との交際は続いた。そうして、やがて交際5年目を超えたところで、彼から「来年は結婚したい」と結婚の意思を示され、その矢先に妊娠も判明。すぐに入籍し、一緒に暮し始めることになった。

「『子どもがほしい』っていうことは、ずっと言っていたんですけど、この人とずっと一緒にやっていけるかっていうのは不安だったんです。というのも、彼は優しいけれど、嫌いな部分もすごくいっぱいあって。

 でも、むしろこんなに嫌なところがいっぱいあるのに長い間嫌いにならないのは、逆にずっと一緒にいられるのかも?って(笑)。価値観はまったく合わないけど、それで揉めても、最終的には彼が折れるっていう関係性だったので、結婚してもなんとかなるかなぁと思ったんです。

 けど、結婚した途端に、彼は一切折れなくなったんです。妻の言うことなんて聞けるかよっていう態度で」

 家事で至らない部分――例えばゴミを捨てた後にゴミ袋を替えていないことなどを目ざとく見つけて指摘してきたり、またニュースを観ている時に、感想を漏らすだけでも「そんなことを考える暇があったら、もう少し家事できるよね」などと言われるため、美智さんはだんだんと家の中で萎縮するようになってきてしまったという。「釣った魚に餌はやらない」美智さんの元夫は、まさにそれを地でいくタイプだったようだ。

「そもそも、籍を入れに行くっていうときも、すっぽかされたんです。市役所の前で待ち合わせしたんですけど、1時間経っても来なくて、連絡も取れない。結局、家で寝ていたんですけど、今までそんなことはなかった。

 けど、『前はこうじゃなかったじゃん』って言っても、『そんなつもりはない』とか、『恋人同士じゃないんだから、そんなに気は遣えないし、仕事で気を遣ってるのに、家でまで気を遣わないといけないの?』って。

 けど思えば彼は、自分のお母さんに対してもそんな感じなんですよ。『うん』と言えばいいことでも、いちいち否定的な一言を付け加えて、嫌な感じの受け答えをする。なのに、お母さんはどれだけぶっきらぼうな扱いをされても、ニコニコしてるんです。

 聞いたらお父さんも、完全な亭主関白なタイプだったらしくて。もうお亡くなりになってるから、わたしは会ったことはないんですが、彼もお父さんのそういう部分を嫌って、『あんな父親みたいには、なりたくない』って言ってたのに、まったく同じじゃんって。

 結婚するまでは、まるで彼のお母さんみたいに優しかったのに、結婚したら、話に聞いていた彼のお父さんみたいな感じ。小言ばかり言う、男尊女卑の意地悪な人になってしまった」

 夫婦のモデルが自分の両親にあることは決して珍しくない。けれども憧れではなく、嫌悪を抱いていたのに、そっくりそのままのモラハラ的な言動に倣ってしまうのは皮肉で悲しい話だけれども、受ける側にとっては関係のないことだ。


■「経済的にやっていけるんだったら、離婚してもいいと思うよ」


「どうやら彼は『本来は結婚をしたら、家事も子育ても女がやるべきなのに、俺はどっちもやってあげてる、それなのに』っていう被害者意識があったように思います。男尊女卑というか、男だからこう、女はこうっていう思い込みがあって。だからか、出産費用を1円も出してないのに『俺が産ませてあげた』とも言っていました。

 家計の分担は、彼が家賃、私は水道・光熱費・ネットや子どもにかかるお金、あと日用品を買っていたんです。産後半年で仕事に復帰したし、産休育休中だって、ちゃんと家計費は出していた。なのに『俺が養ってる』って言っていました。

 嘘つきなのかなとも思ったんですけど、どうやら本気みたいなんです。だから話してると、だんだん私も頭がおかしくなりそうになるし、しかもあまりに堂々と嘘を言うから、周りの人が私のほうが嘘を言ってるんじゃないかって思っちゃうんですよ。

 そういう彼の言動を見て、この人は、自分のことで頭がいっぱいで、人のことを考える余裕がないんだなってわかってきて。とにかく自分を認めて欲しいみたいで、『俺がんばってる』『俺かわいそう』。話し合いがしたくても、『俺はこんなに家事もやってるし、こんなに子どもの面倒も見てるのに、何が気に入らないの?』って言われたら、普通に話もできないじゃないですか」

 しかし、モラハラ男性とは共依存になりやすく、なかなか別れることが出来ないとも言われている。おまけに美智さんの場合は、恋人時代の優しくて献身的な彼の姿を知っている上に、子どもが生まれたばかりということもある。なかなか別れる決意がつけにくかったと思うが、どうやって離婚を決意したのだろうか。

「きっかけは母親に、わたしがすっかり萎縮してしまっているのを指摘されたことです。けど、いざ別れるとなると、やっぱり迷いもあって。自分はこの子とやっていく自信はあるけど、それでもいいのかなって。

 けど、相談しても、誰も止めなかったんですよね。『経済的にやっていけるんだったら、離婚してもいいと思うよ』って、みんなお金のことしか言わなくて。結婚って、そんなに経済に重きがあるんだって思って、そうしたら、『結局、結婚ってなんなんだろう』って感じになってきて。この子が生まれてなかったら、本当になんであの人と結婚したんだろうって思う(笑)」

 そうして、美智さんの結婚生活はちょうど2年ほどで終わりを遂げた。

「私、産む前は産後クライシスを心配してたんですよ。彼の知り合いの夫婦でも、子どもが生まれた途端に妻の態度が別人みたいになって、別れたって話を聞いたので。けど、彼のほうが変わったじゃんって(笑)。

 再婚は……したいかは微妙です。彼氏は欲しいですね。でも時間がないというか余裕がないし。離婚する前はすごく寂しくて、離婚したら彼氏が欲しいなって思ってたんですけど、離婚したら寂しくなくなりました」

“子の誕生”で、妻の身体が変化するように、“結婚”というライフイベントによってモラハラ夫になる男性が存在する――そこに脳やホルモンの変化が関係しているのかは不明だけれども――ことは確かだ。そしてまた、多くの女性が口を揃えていうのは「結婚前は、そうじゃなかった」という台詞でもある。

 結婚前には、見抜くのが難しいものだからこそ、世の中には夫のモラハラに苦しむ妻が多く存在している。美智さんは産後すぐに仕事に復帰し、収入を得る手段を持ち続けていたので、離婚を選択することが出来たのが幸いだったと思う。

大泉りか(おおいずみ・りか)
1977年東京生まれ。2004年『FUCK ME TENDER』(講談社刊)を上梓してデビュー。官能小説家、ラノベ作家、漫画原作者として活躍する一方で、スポーツ新聞やウェブサイトなどで、女性向けに性愛と生き方、子育て、男性向けに女心をレクチャーするコラムも多く手掛ける。『もっとモテたいあなたに 女はこんな男に惚れる』(イースト・プレス 文庫ぎんが堂)他著書多数。2017年に第1子を出産。以後育児エッセイも手掛け、2019年には育児に悩む親をテーマとしたトークイベント『親であること、毒になること』を主催。

2019年10月22日 掲載

関連記事(外部サイト)