マイホーム購入直後に地方転勤でもそこそこ幸せ? 就職氷河期世代エリートサラリーマンの鈍感力

マイホーム購入直後に地方転勤でもそこそこ幸せ? 就職氷河期世代エリートサラリーマンの鈍感力

「営業で採用されている以上、転勤はあきらめている部分があります」(写真はイメージです)

 男性が何を考えているのかわからない。この疑問から、これまで2名の同世代男性(筆者と同じ1987年生まれ)にインタビューを行ってきたが、世代が変わると価値観もまた変わりそうだ。そう思い、今回は私の世代より10歳ほど上の「就職氷河期世代の男性」に取材を申し込んだ。

 ***


■バブルの残り香漂う就職氷河期世代の青春


 待ち合わせ場所に現れたのは大手食品メーカーに勤務する永田隆文さん(41歳・仮名)。今は地方勤務だが、この日は本社での仕事のため上京していた。私自身は、父親は自営業だし母親は公務員で、サラリーマンというものを知らずに育っている。

 これが、ごく一般的なサラリーマンというものか。なんだかサラリーマンもののドラマを見ているみたいだった。彼への取材中率直に感じた感想だ。約2時間のインタビュー中、彼は3度も仕事の電話で席を外した。

 永田さんは就職氷河期の厳しい中、地方から有名私大の法学部へ進学。この頃、この大学の倍率は10倍もあったという。永田さんは俗に言う「大学デビューだった」と語る。

「当時、『正義は勝つ』というテレビドラマを観ていて、『弁護士ってかっこいいな』程度の理由で法学部を選びました。あまり深く考えていなかったですね。三国志が好きだったので、中国語サークルに入りました。合コンや学祭でのナンパもたくさんしましたね。クリスマスやバレンタインなどのイベントの際、恋人がいないとイケていないという圧もありました」

 なんだかバブル世代の残り香のようなものを感じる。私の世代も合コンはあったが、ガツガツ感を出すのはダサいという風潮があり、ただの「飲み会」と称していた。人数もきっちり男女比を合わせるわけではなくだいたい半々になるようにする。しかし、やっていることは合コンと同じだ。

 それでもそんな飲み会に私は数えるほどしか参加したことがない。学生時代はヴィジュアル系バンドの追っかけに明け暮れていたので、バンドマン以外の男性にこれっぽちも興味がわかず、且つ誘われても「ごめん、その日ライブだから行けないわ」と断っていたらだんだんと誘われなくなってしまった。

 その間に同級生たちは彼氏作りに勤しみ、私はバンドの追っかけばかりして、一般的な恋愛市場から取り残されてしまった。だから、未だに一般的な男性が何を考えているのか分からないのも一理ある。

 話がそれてしまった。永田さんは就活が一番厳しい時代を経験している。当時は履歴書の大学名だけで選考を進めることはざらにあった。永田さんは高学歴のためその面では有利だったが、それでも30社は落ち、就職浪人のためにわざと留年する同級生もいたという。

「法学部に入ったものの、法律系の仕事を希望していたわけではなく、より身近なものはなんだろうと考えたところ、いきついたのが食品だったんです。それで、新卒で大手食品メーカーに内定をいただきました。その会社で中国への転勤が決まり、1年間中国で働きました。

 そして国内に戻ってきた際、やはり好きな中国語を使えないのは面白くないし、今のうちにジョブチェンジしようと、28歳のときに別業種のメーカーに転職しました。ここでは中国担当で毎月中国に出張に行っていました。でも、数年経ったら国内担当に異動になり、面白みを見いだせず、今勤務している食品メーカーに転職しました」


■「単純に顔がタイプだったから」選んだ妻


 永田さんは恋愛も多く経験してきた。特に中国勤務中、現地の中国人女性に一目惚れ。その女性の故郷が都会からバスで4時間もかかるところにもかかわらず、本気で結婚を考えた彼は彼女の両親に挨拶に行った。

 都会だとまだ違うのかもしれないが、地方で反日教育を受けている地域だったので、彼女の両親からはかなり渋い顔をされたという。その彼女とは結局続かずに破局した。

 涼しい顔をしながらそう語っていたが、永田さんのその行動力に、同世代男性とは違う情熱を感じた。

 現在永田さんは既婚者で子どもも2人いる。結婚したのは34歳のとき。東京在住の地方出身者を集めた飲み会に参加した際、気に入った女性を見つけ、それが今の妻だ。なぜその女性を選んだのか聞いてみた。

「単純に顔がタイプだったからです。というか、顔以外に何かあるんですか? 男性ってそんな感じだと思います。とりあえず顔から入る。別に美人かどうかの問題ではなく、自分のタイプかどうかです」

 そう言えば以前話を聞いた建設会社勤務の寺山さんも、妻と交際をする際の決め手は顔がタイプだったからと、永田さんと同じことを言っていた。先日書いたルッキズムについての考察記事とも若干かぶってくるのを感じる。

 結婚後は一度国内転勤があり、その後東京勤務へ。そして、ローンのタイミングなどを考え、マイホームを購入した矢先、会社から言い渡されたのは、東京から遠く離れた地域への異動だった。

 大手企業の営業は転勤がある。最近の若者は転勤のない仕事を選びたがる傾向があるが、彼はザ・営業職のサラリーマンとでもいうのだろうか。気にしていない様子だ。夫婦のお気に入りのエリアにせっかくマイホームを購入したのに転勤となり、妻は大きなショックを受けていたそうだ。

「営業で採用されている以上、転勤はあきらめている部分があります。転勤が嫌なら転勤がない職を選ぶしかないですよね。それか、営業でなく管理部門などで採用にならないと。

 でも、さすがにこんな遠い場所に飛ばされるとは思っていませんでした。マイホームには半年だけ暮らしました。僕一人で単身赴任という手もありましたが、そうなると地方での家賃とローンの二重払いになってしまうので、家族で一緒に地方に行くことを選び、買った家は今は人に貸して家賃収入を得ています」


■マルチ系の人は頼んでもいないのに合コンを斡旋してくる


 以前、同じくサラリーマンの寺山さんにお金に関して話を聞いた際、お小遣いが月3万円で驚愕したのだが、永田さんは月4万円だそうだ。しかし、様々な手当てがついており、実質8万円ほど使えるという。一体何に使っているのだろうか。

「勉強自体が好きなので、結婚前や子どもが生まれる前はよく、自己啓発セミナーやビジネススクールに通っていました。受講料は数カ月で10万円とか。そのような場に出向いてアップデートして自分が変われる体験が新鮮で。

 でも、マルチに引っかかることもありました……。そんなことを繰り返していたら、マルチなのかどうか見抜く力はつきました(笑)。マルチ系の人は、頼んでもいないのに合コンを斡旋してくるとか、何かを僕に提供してマルチに引き込もうとしてきます」

 ここまでガチガチの自己啓発系のセミナーに通った経験のある人に初めて出会った。確かに私も勉強自体は好きなので、大学の教授や専門家の話を聞くのが好きだ。だから、ライターの仕事として専門家を取材する際は楽しんでいる。

 ただ、自分を高めるため、より仕事のできるサラリーマンになるためのセミナーというものには興味を持ったことがなかった。もしかすると、世の中にはこのようなセミナーに通ったり、自己啓発本を読み漁っている人は案外多いのかもしれない。

 そんな永田さんだが、歳を重ねるにつれ「投資のわりにリターンはあるのか」という疑問が生まれ、現在はセミナーなどには通わず、趣味であるカフェ巡りをしたり、好きな音楽のライブに足を運んだりしている。タバコも吸わない、ギャンブルもしない、お酒も強くないのでそんなに飲まない。

「結婚してから確実に物欲がなくなっているんです。まぁ、家計を妻が握っていることもあるのですが、独身時代は少し良い時計やカバンを買ったり、長期休暇には海外に行ってそこで何十万も使うということはありました。でも今は何かモノを買っても幸せを感じられなくて。

 最近はファミリーキャンプのためのアウトドア用品を買うことが多いです。目標はファミリーではなく、今流行中のソロキャンプをすることです。妻に『このアウトドア用品買っていい?』と聞くと『そんな高いブランドのいらなくない? 安いのでいいじゃん』と言われてしまい、どうしても欲しかったブランド物の用品を自腹で買いました」


■鈍感力でサラリーマン人生を謳歌


 子育ての方はどうなのだろうか。何度も寺山さんと比べるのは申し訳ないが、永田さんが育児にどれだけ参加しているのか気になる。

「今の職場は朝7時に出社して夜8時に帰宅する感じなので、平日はあまり子どもとの時間は取れません。妻はパートで働いているので、昼間子どもたちは保育園に預けています。育児というと、土日に遊びに連れて行くくらいでしょうか。育児や家事はほぼ妻に任せています」

 永田さんの話を聞いていると、マイホームを買った途端転勤になったり結婚すると小遣い制になったりと、サラリーマン、つら過ぎないか? と正直思ってしまった。

 しかし、永田さんからはそんな悲惨さは伝わってこないどころか、サラリーマン人生を楽しんでいるとすら思える。そこで、サラリーマンとして一番つらかった経験を聞いてみた。彼はしばし考え込んだ後、次のように答えた。

「一番つらかったのは売上の大きなコンペで負けたことですね」

 もっと理不尽な体験談が返ってくるかと思っていたのだが、真面目なサラリーマンの回答だった。朝夕のラッシュの時間帯、電車の中で暗い顔やつらそうな表情をしているサラリーマンは多い。しかし、みんながみんな胃の痛くなるような働き方をしているわけではないのだ。

 何より、永田さんはエリートサラリーマン。氷河期世代の勝ち組であり、行動力もある。そして、飄々とした楽観的な性格も影響しているのだと感じた。

 しかし、私の中で若干引っかかる部分があった。永田さんの武器は楽観的な性格というより鈍感力とも言い替えられそうだ。

 客観的に見ると、会社の命令に従い、家族からの圧もある既婚者サラリーマン。鈍感であること、向き合いたくない部分をわざわざ掘り起こさないことが、ある意味幸福感を得られるサバイバル術なのかもしれない。

デイリー新潮編集部

2019年10月25日 掲載

関連記事(外部サイト)