窪田正孝が水川あさみと結婚で、順風満帆な俳優人生が待っていると言われる根拠

窪田正孝が水川あさみと結婚で、順風満帆な俳優人生が待っていると言われる根拠

窪田正孝

 朝ドラ第100作「なつぞら」は大成功とは言えないまま終わり、東京のNHK放送センターとしては次作に気合いを入れたいところだろう。2020年前期放送の「エール」は作曲家の古関裕而(1909〜1989)がモデル。主人公は窪田正孝(31)が演じる。

 窪田といえば、9月に女優の水川あさみ(36)と結婚したばかり。人気俳優が結婚すれば、女性ファンが離れるといわれたのは今や昔の話? 最近では結婚した若手俳優が、その後活躍する傾向にあるという。

 ***

 民放プロデューサーが言う。

「窪田は、所属するスターダストの中で、以前は同世代の岡田将生(30)より格下との評価でした。大河『平清盛』(12年:主演・松山ケンイチ[34])では、窪田は清盛(松山)の嫡男・重盛役で、岡田は清盛の宿敵である源頼朝役。ストーリーは頼朝の目を通して語られるものでした。2人は『ST 警視庁科学特捜班』(13年:フジテレビ)でも共演していますが、こちらは藤原竜也(37)と岡田のW主演でした。しかし、とうとう朝ドラの主役ですからね、業界では窪田が岡田を超えた、イケメン30代の中で窪田が頭ひとつ出たという声が多いですね」

 俳優として、どこが評価されているのだろうか。

「彼はドラマや映画、舞台で様々な役を演じてきました。『デスノート』(15年:日本テレビ)のようなダークなサスペンスものから、『ヒモメン』(18年:テレビ朝日)では文字通りのヒモ、映画『ガチバン』シリーズ(13〜14年)ではヤンキー、『東京喰種トーキョーグール』シリーズ(17年、19年)ではダークファンタジー、蜷川幸雄さん(1935〜2016)演出の舞台『唐版 滝の白糸』(13年)などにも出演するなど、イケメンにありがちな二枚目ばかりを演じてこなかったのが良かった。『ラストコップ』(15〜16年:日本テレビ)で共演した唐沢寿明(56)がベタ褒めしたほどです。同じ事務所の岡田や山崎賢人(25)は二枚目や主役の仕事が多かったが、窪田は事務所の売り方が上手かったように思います」(同)

 さらにキャラクターも高評価という。

「元々器用なのかもしれませんが、色々な役をやってかなり鍛えられたと思います。体も華奢に見えますが、腹筋はバキバキに割れていたり、ストイックでもある。そして現場では、うるさいことは言わず、従順というのもスタッフにウケがいい」(同)


■芸能界に生きることわざ


 そんな窪田の朝ドラ主演が発表されたのは今年2月。その後、9月に水川との結婚が発表されたが、はたして影響ないのだろうか。かつて二枚目を代表する男として人気を極めた福山雅治(50)は、吹石一恵(37)と結婚したことで人気が急落したのはもちろん、所属事務所の株価まで暴落させたことがある。

「福山は独身時代に人気を極めてしまった面もあるが、さすがに13歳も年下と結婚されると、『結局、お前も若い女がいいのか』と思う女性ファンは少なくない。窪田の場合はまったく問題ないでしょうね。元々、二枚目ばかり演じたことで人気だったわけではないですからね。彼だけでなく、田中圭(35)や濱田岳(31)、賀来賢人(30)など、結婚してからブレークした俳優は少なくない。むしろ結婚したことによって、世間のイメージが上がり、ドラマはもちろんですが、CMの仕事も決まりやすくなる傾向があります」(同)

 田中は11年8月にさくら(36)と結婚。濱田は11年7月にモデルの小泉深雪(40)と、賀来は16年8月に榮倉奈々(31)と結婚した。揃いも揃って、姉さん女房である。

「いずれも結婚がスポーツ紙の1面で報じられるほどの人気でもなく、加えて姉さん女房となると、むしろ好感度が上がるようです。子供ができれば、CMのオファーも来る。息の長い役者になる可能性もあって、いいことずくめ。“年上の女房は金の草鞋を履いてでも探せ”ということわざは、芸能界では今も生きているのかもしれません。窪田も朝ドラによってさらに認知度が上がれば、数年後には大河主演の話も来るかも可能性大でしょう」

 窪田が主演する朝ドラ「エール」は、妻・二階堂ふみ(25)との夫婦愛を描くドラマだ。夫婦ものの朝ドラは、「マッサン」(14年後期)や「あさが来た」(15年後期)、「まんぷく」(18年後期)などもあるが、これらはいずれも大阪制作だった。東京制作で、主人公の一代記を夫婦の二人三脚で描くのは「ゲゲゲの女房」(10年前期)以来、10年ぶりとなる。

「漫画家の水木しげるをモデルにした『ゲゲゲ』で水木を演じた向井理(37)も、その後に姉さん女房となる国仲涼子(40)と結婚。水木のアシスタント役だった窪田はじめ、柄本佑(32)、中林大樹(34)も、その後に姉さん女房をもらい、みんないい仕事をしています」

 柄本は12年3月に安藤サクラ(33)と、中村は今年2月に竹内結子(39)と結婚した。彼らも結婚による悪影響はまったく聞かない。水木のアシスタント役で未だ独身なのは斎藤工(38)、ただ1人――金のわらじを履いたほうがいいかも。

週刊新潮WEB取材班

2019年10月26日 掲載

関連記事(外部サイト)