高岡早紀が土ドラ「リカ」で怪演 自称28歳、“純愛モンスター”が怖ろしい

高岡早紀が土ドラ「リカ」で怪演 自称28歳、“純愛モンスター”が怖ろしい

高岡早紀

 10月5日にスタートした女優・高岡早紀(46)の主演ドラマ「オトナの土ドラ/リカ」(土曜午後11時40分)が話題だ。放送はフジテレビ系だが、制作は長年にわたって昼の帯ドラマをつくっていた東海テレビ。この作品にも昼ドラの魅力が詰め込まれており、そのファンには堪えられないはず。28歳を自称する純愛モンスター役の高岡の「怪演」も見ものだ。

 ***

 芸術の秋。時には「伝統芸能」にも触れたい。そんな気分に合うのが、東海テレビが制作している「オトナの土ドラ/リカ」。底流にあるのは歴史ある東海テレビ制作の昼の帯ドラマだ。

 1964年5月から約52年間続いた東海テレビの昼ドラは2016年3月末、惜しまれつつ終了した。キー局のフジテレビが制作する情報バラエティー「バイキング」(月〜金曜 午前11時55分)の放送枠拡大が一番の理由だった。

 他局も昼ドラを撤廃したこともあって、実はフジは1990年代から東海テレビにドラマの放送枠変更を打診していたが、これを東海テレビは頑として受け入れなかった。昼ドラ文化を築き上げてきたというプライドがあったからだろう。実際、名作、話題作を次々と生んだ。その一部は以下の通り。

■「あかんたれ」(1976年、主演・志垣太郎)
■「しのぶ」(1985年、主演・藤吉久美子)
■「華の嵐」(1988年、主演・高木美保)
■「風のロンド」(1995年、主演・森口瑤子)
■「はるちゃん」(1996年、主演・中原果南)
■「真珠夫人」(2002年、主演・横山めぐみ)
■「牡丹と薔薇」(2004年、主演・大河内奈々子)
■「花嫁のれん」(2010年、主演・羽田美智子)
■「赤い糸の女」(2012年、主演・三倉茉奈)

 高岡も2003年の「真実一路」に主演している。

 昼ドラの終了後の2016年4月から、東海テレビのドラマ枠は現在の「オトナの土ドラ」に変更された。昼から週末の深夜に。「リカ」はその22作目となる。

 昼ドラ時代は、「ドロドロ愛憎劇」「苦労物語」「サスペンス」が多いというイメージが強かったが、「オトナの土ドラ」もその臭いが強く残っている。9月まで放送されていた前作「それぞれの断崖」(主演・遠藤憲一)はドロドロ愛憎劇系だった。「リカ」はサスペンス系に属する。まさしく伝統芸だ。

「リカ」の10月20日放送の3話までのストーリーを簡単に振り返る。主人公・雨宮リカ(高岡早紀)が都内の個人病院「花山病院」の看護師採用に応募した。本人が提出した履歴書によると、経歴は申し分ない。だが、副院長・大矢昌史(小池徹平、33)は首を捻る。「あなたみたいな優秀な方が、なぜ、うちに」。この問いにリカは目を輝かせながら「運命なんです」と答える。

 リカの言う運命とは、大矢と自分が結ばれることなのだ。そう信じ込んでいる。リカは年齢を「28歳」と説明するが、もちろん自称に過ぎない。経歴も嘘八百。それもこれも大矢と結ばれる運命を実現させるためだった。

 もっとも、リカには嘘をついているという自覚がない。大矢と結ばれるために役立つことだけが「真実」であり、逆に大矢との関係を阻害するものが「嘘」なのだ。怖い。

 リカは晴れて病院に仮採用される。だが、看護師長の小山内(池谷のぶえ、48)はその言動から怪しさを感じ取り、本採用はしないとリカに告げる。すると、直後に小山内は階段から転落してしまい、意識の回復が絶望的に。リカの仕業である。邪魔者を排除したのだ。

 次にリカは大矢との関係を緊密にするため、彼の手術ミスを偽装する。そして「これは私しか知りません」と、ほほえむ。大矢と運命共同体になるつもりだった。それを阻もうとした後任婦長・藤鐘(安藤玉恵、43)を殺す。さらに、大矢の婚約者・真由美(山谷花純、22)の排除も目論んでいるようだ――。

 東海テレビがリカに付けた形容詞は「純愛モンスター」。本人は単に純愛を成就させようとしているだけなので、悪気はないのだ。いや、正しくは罪の意識が全くない。だから余計に怖ろしい。


■高岡は「役をお断りしようと…」


 10月2日の記者発表の中で高岡は「(この役を)お断りしようと思っていたんです」と打ち明けた。

「リカを演じていると私自身が(役に入り込み過ぎて)おかしなことになるかもしれないと考えたんです。でも、全然そんなことなく『私って、意外と大人なんだな』と思っています(笑)」(記者発表での高岡)

 実際、ハマリ役だろう。まず、実年齢が40歳を超えていながら、「28歳」と自称しても一定の説得力がある女優はそういないはず。下手をすると、ギャグになってしまう。しかし、高岡は15歳だった1988年に、靴の「マドラス」のCMでデビューして以来、顔立ちが大きく変化していない。2男1女を育てているシングルマザーだが、いい意味で生活感が全く感じられない。

 ただし、年齢を重ねるに連れて演技力は高まっているようだ。もともと女優としての評価が高い人なのである。1994年、お岩を演じた映画「忠臣蔵外伝 四谷怪談」(深作欣二監督)では映画各賞の主演女優賞を総ナメにしている。

 リカは邪魔な存在が消えた時、うっすらと笑みを浮かべ、静かに喜びを表す。大矢から疎まれると、子供が叱られた時のような悲しい目をする。どちらも並の演技力では出来ないだろう。

 妖艶さも増すばかり。童顔でありながら、色気が強い。通常、この2つは両立しないはずだが、高岡の場合は違う。まだ色気を発揮するシーンはないものの、リカがそれを駆使するシーンがあるなら、強力なものになるに違いない。

 2017年5月、高岡がフジの「ダウンタウンなう」(金曜午後9時55分)にゲスト出演した時のことが思い出される。「本音でハシゴ酒」のコーナーで、ダウンタウンの松本人志(56)は高岡を「エロの塊」と称した。これに高岡は「バカなんじゃないの」と、あきれたが、確かに稀な魅力の持ち主だ。

 視聴率は関東地区の初回が2・7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)で2話が3・6%、3話が3・1%。テレビ朝日が「金曜ナイトドラマ」(金曜午後11時15分)枠で9月まで放送していた「セミオトコ」の全話平均が約3・6%だから、それより現段階の平均は少し低い。

 局側としてはもう少しアップさせたいところだろうが、まだ「東海テレビのドラマ枠が土曜日の深夜に移った」という認知度が足りないのではないか。深夜ドラマは若者をターゲットにした作品が圧倒的に多い。高岡が主演のサスペンスドラマを、若者が予備知識なしに目にしたら、面食らってしまう気がする。認知度が高まり、思惑通りに大人の視聴者が増えたら、おのずと視聴率も浮上する気がする。

 ちなみにスポンサーにはP&Gと再春館製薬が入っている。昼ドラ時代と同じだ。スポンサーをつなぎ止めた東海テレビの営業努力はお見事と言えるだろう。

 ドラマは2部構成で、前半は26日放送の第4話で終了。後半からは舞台が病院から離れ、リカのターゲットも妻と別居中の映画プロデューサー・本間隆雄(大谷亮平、39)に変わる。

 リカの暴走はどこまで続くのか。

高堀冬彦(たかほり・ふゆひこ)
ライター、エディター。1990年、スポーツニッポン新聞社入社。芸能面などを取材・執筆(放送担当)。2010年退社。週刊誌契約記者を経て、2016年、毎日新聞出版社入社。「サンデー毎日」記者、編集次長を歴任し、2019年4月に退社し独立。

週刊新潮WEB取材班編集

2019年10月26日 掲載

関連記事(外部サイト)