千葉真一60周年パーティーに愛弟子「真田広之」「志穂美悦子」不参加のワケ

千葉真一60周年パーティーに愛弟子「真田広之」「志穂美悦子」不参加のワケ

千葉真一

「仁義なき戦い」に「柳生一族の陰謀」、「キル・ビル」シリーズまで、当たり役は数知れず。ハリウッドでも“サニー千葉”の名で知られる千葉真一が、傘寿と芸能生活60周年を祝うパーティーを盛大に開催する、のだが……。招待した「愛弟子」たちの返答はツレないものだったようで。

「60年間も現役でやってこられて、子どもたちが偶然にも同じ世界に入ってきた。僕もこれで引退かもしれないし、親子で皆さんにご挨拶しておきたいと思ってね。まぁ、盛大ではなく質素にですよ、ハハハッ」

 11月7日のパーティーについて尋ねると、千葉からはこんな言葉が。本人は謙遜するが、ホテルニューオータニ最大の宴会場に千人近くを招くというから盛大な催しには違いない。千葉に近い関係者が明かす。

「司会は徳光和夫さんにお願いして、当日は安倍総理夫人の昭恵さんや松浪健四郎元議員、北島三郎さんもいらっしゃる予定です」

 加えて、長男の新田真剣佑(まっけんゆう)に、夏ドラ「ノーサイド・ゲーム」が好評だった次男・眞栄田郷敦(ごうどん)。さらに故・野際陽子との娘、真瀬樹里といった「子どもたち」が花を添えるという。しかし、関係者の顔色は冴えない。

「今回のパーティーは、千葉が立ち上げたジャパンアクションクラブ(JAC)の創立50周年祝いも兼ねています。ただ、問題はJAC出身のスターとして誰もが思い浮かべる真田広之さん、志穂美悦子さん、堤真一さんの反応でして……。その3人にはすでに夏頃からJAC関係者が声を掛けていました。しかし、3人とも早々に“スケジュールの関係で難しい”と断ってきたそうなんです」


■「仕方ないよ」


 改めて千葉に事情を聞くと、まず真田については、

「あいつはいま、新作のアメリカ映画で大役が決まっちゃったみたいでね。どうにか日本に行きたいところなんだけど難しいって」

 なるほど、ハリウッドで大役となればスケジュール調整も難しかろう。では、志穂美はどうか。

「悦子はね、ご主人がツアー中はダメなんです。ご主人の仕事に全部ついていくんだから仕方ないよ」

 確かに、長渕剛は今月末からツアーをスタートさせ、パーティー当日は大阪でのライブが控える。だが、ライブに出演しない志穂美が、恩師のパーティーをソデにするのはいかがなものか。

 また、堤に至っては、

「JACの仲間が連絡を取ったとは思いますよ。疎遠とは言わないけど、彼とは会ってないもんだから」

 先の関係者が嘆息する。

「JACは“千葉が絶対”という文化。門下生がどれだけ成功しても、千葉は“師匠と弟子”の態度で接するので門下生は煙たがり、疎遠になってしまう。真田さんと志穂美さんは“売れてもギャラが上がらない”という在籍時の苦い思い出も関係しているみたいです。堤さんは退団後に自力でのし上がったという意識が強いようですしね」

 にしても、彼らに役者としての基礎を授けた恩師が千葉なのは事実。

 しかも、傘寿に60周年に50周年が重なるのだから、二度とない機会である。ご本人は不義理と感じないのか。

「いや、全然。僕はお世話になった人が来てくれればいいの。そういう人のためにやるんだから」(千葉)

 沢田研二が〈ボギー 男のやせがまん 粋に見えたよ〉と歌った「カサブランカ・ダンディ」は1979年の発売。同じ年に角川映画「戦国自衛隊」でヒットを飛ばしたボギーならぬサニーは、いまも粋な「やせがまん」を見せるのだった。

「週刊新潮」2019年10月24日号 掲載

関連記事(外部サイト)