19歳「浜辺美波」の自宅マンションになぜか所属事務所の社員が“同居” その理由は?

浜辺美波、同じマンションに事務所社員が居住 神木隆之介、中村倫也との共演が話題

記事まとめ

  • 浜辺美波(19)はヒット映画「君の膵臓をたべたい」などに出演し、新人俳優賞などを受賞
  • 「屍人荘の殺人」の公開を控え、神木隆之介(26)と中村倫也(32)との共演が話題だ
  • 浜辺が一人暮らしをしているマンションに、東宝芸能の女性社員が住んでいるという

19歳「浜辺美波」の自宅マンションになぜか所属事務所の社員が“同居” その理由は?

19歳「浜辺美波」の自宅マンションになぜか所属事務所の社員が“同居” その理由は?

浜辺美波

■ストレスが心配!?


 10月27日、金沢市内で「金沢マラソン2019」が開催された。そこに地元・石川県出身の女優、浜辺美波(19)が、スターターとしてゲスト参加。たちまちTwitterは、「やばい」、「可愛い」、「エモい」、「美しい」と大騒ぎになった。

 ***

 ご存知ない方のために説明しておくと、彼女は2011年に第7回の「東宝シンデレラオーディション」に応募。グランプリは上白石萌歌(19)が獲得したが、小川涼(19)と共にニュージェネレーション賞を受賞した。

 大きな注目を集めたのは17年。映画「君の膵臓をたべたい」[月川翔監督(37)・東宝]でヒロインに抜擢されると、興行収入が35・2億円というヒット作になったのだ。演技も評価され、報知映画賞新人賞、日刊スポーツ映画大賞新人賞、日本アカデミー賞新人俳優賞などを受賞した。

 今年12月には、お正月映画「屍人荘の殺人」[木村ひさし監督(52)・東宝]の公開を控え、神木隆之介(26)と中村倫也(32)との共演がすでに話題となっている。さらに来年夏には「思い、思われ、ふり、ふられ」[三木孝浩監督(45)・同]、冬には「約束のネバーランド」[平川雄一朗監督(47)・同]の公開も発表されている。

 まさに順風満帆。所属事務所の東宝芸能としては、この勢いでスターダムに駆け上ってほしいだろう。ところが、スキャンダルを恐れているのか、事務所が浜辺の“管理”を強化していると、密かな話題になっているという。関係者が明かす。

「東宝芸能に40代の女性社員が勤務しているんですが、仮にAさんとしておきましょう。浜辺さんはマンションで一人暮らしをしているのですが、何とAさんも同じマンションの別の部屋に住んでいるそうです。普通、担当マネージャーでさえ、タレントと同じマンションに住んでいるなんて話は聞いたことがありません。おまけにAさんは、彼女のマネージャーでもないのです。浜辺さんを大切にしているのでしょうが、いくらなんでも、そこまで“監視”する必要があるのでしょうか?」

 ちなみにAさんは結婚しており、夫と共にマンションへ引っ越したというから、気合いが入っている。

「浜辺さんは石川県内の中学を卒業して上京、都内の高校に3年間、通いました。高校生なら、事務所の目が届くところに住むべきでしょう。しかし、彼女も今年8月で19歳。立派な社会人です。自宅の近くに社員が住んでいては、息が詰まるはずです。『本当の意味での一人暮らしを許可してもいいのでは』という声が出ています」(同・関係者)

 所属事務所の東宝芸能に取材を申し込むと、「事実と違う点が、いくつかあります」との指摘があり、以下のような回答だった。

「浜辺本人の意向を無視して、女性社員が監視役を務めているというわけではありません。彼女は19歳だとはいえ、未成年です。女性社員に同じマンションに部屋を借りて住むよう、会社としてお願いしたというのが正確な経緯です。その際、浜辺のご両親と、浜辺本人の同意を得ています」

 もちろん同意していても、浜辺本人は内心、不満を持っているという可能性は存在するわけだが……。芸能担当記者が解説する。

「浜辺さんはテレビ番組などで『一人暮らしをしている』と公言しています。フジテレビ系列で5月31日に放送された『さんまのまんま35年目突入SP』に出演した際、自炊もしていると発言。明石家さんまさん(64)が朝食のメニューを質問すると、浜辺さんが『ブリの塩焼きと鮭の塩焼き』と意表を突く回答に、『魚で魚を食べたのか』と、さんまさんが大爆笑する一幕がありました」

 人気者だけに、彼女の発言は何かと話題を呼ぶことが少なくない。17年9月に掲載された日刊スポーツのインタビュー記事では、尊敬する女優として司葉子(85)を挙げ、SNSなどで反響をよんだ。シブい好みに驚きの声が出たわけだが、数本の出演作を見て憧れの念を持ったという。

 さらに今年6月2日に放送された「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系列・日曜・21:00)では好きなお笑い芸人を訊かれ、「3位はEXITさん。2位は四千頭身さん。1位は野性爆弾のくっきー!さん」との“個人ランキング”を発表した。

 くっきー!(43)がベスト1というイメージを裏切る意外な好みに、AERA dotが「注目女優・浜辺美波の予想の斜め上を行く超絶『不思議ちゃん』キャラ」(丸山ひろし氏の署名原稿)を掲載したほどだ。

 天然系の伸びやかなキャラは、同じ東宝芸能に所属する長澤まさみ(32)と共通しているとの指摘もある。様々な憶測を呼ぶ“女性社員の同居問題”だが、ご本人の心境やいかに――。

週刊新潮WEB取材班

2019年11月3日 掲載

関連記事(外部サイト)