横浜流星が1月ドラマに大抜擢 日テレの攻めるドラマ戦略でサプライズは田中圭?

横浜流星が1月ドラマに大抜擢 日テレの攻めるドラマ戦略でサプライズは田中圭?

横浜流星

 来年1月期の“日曜ドラマ”(日本テレビ)が発表された。「シロでもクロでもない世界でパンダは笑う。」とのタイトルで、清野菜名(25)と横浜流星(23)のW主演。

 清野は「今日から俺は!!」、横浜は「あなたの番です」、2人とも日ドラ枠で注目され、主役となって凱旋するわけだ。ところが、これまで日テレで制作されてきた日ドラは、来年1月からは読売テレビ制作に。ちょっと不安だが、日テレの鼻息は荒い――。

 ***

 デイリー新潮は「『今日俺』『3年A組』『あな番』……来年から「日ドラ」で面白いドラマがなくなるワケ」(9月29日配信)とのタイトルで、来年1月期以降は日テレではなく、読売テレビの制作になると報じた。ヒット作の経験に乏しい読売テレビの枠となるから面白くなくなる、と――。

 ちなみに読売テレビの公式サイトには、「シロでもクロでもない世界でパンダは笑う。(以下、シロクロパンダ)」イントロとしてこう記している。

《この物語は、驚異的な身体能力を持つ謎の女・ミスパンダと彼女を操る男・飼育員さんが、「Mr.ノーコンプライアンス」からの依頼を受け、世の中のグレーな事件にシロクロつける! 警察やマスコミが触れない「隠れた真相」を大胆に暴く最凶バディが誕生する!》

 探偵モノになるのだろうか。日テレ制作であれば、「傷だらけの天使」や「俺たちは天使だ」、「探偵物語」などなど名作があるけど……。また日曜ドラマとしても、「今日から俺は!!」「3年A組」「あなたの番です」「ニッポンノワール」とシンプルなメインタイトルが続いたが、やけに長いのも気になるところ。日テレ関係者が言う。

「詳しい内容はともかく、『今日俺』で賀来賢人(30)の彼女(?)を演じた清野も、『あなたの番です 反撃編』で田中圭(35)のバディを演じた横浜も、アクションを得意としていますからね。新ドラマでもアクションが多用されるのでしょう。中でも横浜は、『あな番』では、イケメンで頭脳明晰ながらコミュニケーション能力が低く、極度の偏食家の大学院生役を演じた。スラッとした体型ながら、空手の達人で田中圭を監禁しようとした男たちを軽く撃退していました。こんなイケメンで空手の達人なんているかと思ったら、横浜は中3の時に極真空手の世界大会で優勝したほどの実力者だそうです」

 半年間続いた「あな番」は、後半の「反撃編」に入って火がついた。その要因のひとつが横浜と言われている。11月には「『日経トレンディ』が選ぶ“今年の顔”」にも選ばれた。今がまさに旬だ。

「日テレはこの期を逃すまいと、主演に抜擢したようです。スポーツ紙が“「あな番」功労者を日テレ囲い込み態勢”と報じましたが、日テレは自分たちで人気者にした俳優を放って置くようなことはしません。すぐに自局でキャスティングし、人気作品を続けて放送するという戦略をとっています。中でもその傾向が強いのが“日ドラ”です。現在、放送中の『ニッポンノワール』で主役を務める賀来だって、昨年10月期の『今日から俺は!!』でブレイクした俳優です。今やCMや映画に引っ張りだこですが、その勢いのあるうちに起用したということ。『今日俺』でおちゃらけた高校生を演じた彼を、今度はハードボイルドな刑事ドラマの主役で使い、新たな一面を育てようとしているのです」(同・日テレ関係者)


■日曜ドラマに連なる仕掛け


 ちなみに「ニッポンノワール―刑事Yの反乱―」の舞台は、日曜ドラマ枠で昨年1月期に放送された「3年A組―今から皆さんは、人質です―」の半年後、という設定になっている。

「これも“日ドラ”に連なる仕掛けのひとつです。『ニッポンノワール』の脚本は『3年A組』と同じ武藤将吾さん(42)。ですから、『3年A組』に出演した俳優が何人も、同じ役名で出演しています。作品は変わっても、日曜ドラマを見ていてくれた方には分かるわけです」(同・日テレ関係者)

「3年A組」の生徒からは、喧嘩っ早い石倉光多を演じた佐久本宝(21)、食いっぷりのイイ魚住華を演じた富田望生(19)、沈着冷静な須永賢を演じた古川毅(19)などが「ニッポンノワール」でもそのまま登場している。細田善彦(31)の演じた瀬ヶ山署の宮城刑事は、今回は警視庁捜査一課に栄転し、篠井英介(60)の演じた捜査一課の本城は、2話で殺された。栄信(34)演じるチンピラは、心を入れ替えている……なんだか「3年A組」を見返したくなってくる。

 また、視聴者がドラマの感想ではなく、事件を深掘りしてSNSで広める“考察ブーム”なる言葉を生み出したのも、日曜ドラマの『あな番』だった。

「ドラマ好きが、よりドラマを楽しめる、というマニアックな見方ができるエンターテインメント作品を日テレは目指していますからね。番組スタートと同時にスピンオフ作品をグループ会社であるHuluでオンデマンド配信することで、SNSでの考察も深みが増し、相乗効果を狙えるわけです。おかげで『あな番』では有料会員数も200万人を超えました」(同・日テレ関係者)

 さらに仕掛けがあるらしい。

「横浜は『あな番』では途中から登場し、田中圭と“名コンビ”を演じましたが、新ドラまでは、田中圭を途中から投入して、再びバディを組ませるというサプライズがあると噂されています。これもまた、日ドラ枠ならではと言っていいでしょう」(同・日テレ関係者)

 田中圭といえば、昨年春にテレ朝で連ドラ化された「おっさんずラブ」で大ブレイクし、「あな番」が終わってすぐに、11月2日からスタートした第2シリーズ「おっさんずラブ-in the sky-」に主演している。なんだか日テレとテレ朝の取り合いのよう。

「まあ、ブレイクのきっかけはテレ朝だったかもしれませんが、日テレだって『ぐるぐるナインティナイン』の“ゴチになります!”や、『あな番』を撮りつつ、今年の『24時間テレビ』のスペシャルドラマでも彼を起用していますからね。テレ朝とは視聴率戦争の真っ最中だし、ここで譲るわけにはいきませんよ」

 たとえ制作が変わっても、来年も日曜ドラマは熱い、かも。

週刊新潮WEB取材班

2019年11月16日 掲載

関連記事(外部サイト)