セクゾ「菊池風磨」は生田、風間に続く才能 ジャニーズ幹部も「嬉しい誤算」と大喜び

セクゾ「菊池風磨」は生田、風間に続く才能 ジャニーズ幹部も「嬉しい誤算」と大喜び

菊池風磨

 セクゾ(Sexy Zone)の菊池風磨(24)が主演した「HAMLET―ハムレット―」が無事、千秋楽を迎えた。東京グローブ座での初日(9月8日)が台風15号の影響で中止になるなど波乱の幕開けとなったものの、フタを開けたら評判はすこぶる上々。

 ジャニーズ幹部も「嬉しい誤算」と大喜びとか――。

 ***

 ジャニーズがシェイクスピア? と、訝しい目を向けたくなる人も少なくないはずだ。しかも四大悲劇の1つに数えられる「ハムレット」である。国内で演じた役者と言えば、仲代達矢(1964年)、真田広之(98年)、市村正親(2001年)、藤原竜也(03年)、内野聖陽(17年)と、芸達者ばかりだ。

 それをセクゾの菊池主演と発表された時には、演劇評論家の中でも「大丈夫なのか」という声が漏れたという。もっとも、一番驚いたのは本人らしい。ある演劇評論家は言う。

「菊池はジャニーズのミュージカル舞台に出演したことはありましたが、ストレートプレー、つまり台詞劇は初めて。単独主演も初めてで、シェイクスピアですからね。誰だって不安を感じて当然でしょう。出演のオファーが来た時、何かの間違いではないかと何度も確認したそうです」

 劇場は、シェイクスピア作品を上演するために建てられた東京グローブ座(大阪公演は森ノ宮ピロティホール)である。

「天皇陛下が皇太子時代に観劇されたことでも知られる由緒ある劇場です。ただし、グローブ座は経営難となり、02年にジャニーズ事務所に買収され、所属タレント御用達の劇場となっています。ヒガシ(東山紀之[53])の『ロミオとジュリエット』なども演じられてきました。いわばホームですから、まあジャニーズファンのために、分かり易く、菊池がカッコよく見えればいいのだろう、くらいに思っていました。演出は芸術選奨新人賞や読売演劇大賞などを受賞し、厳しいことでも知られる森新太郎氏(43)。大ベテランの大谷亮介(65)、宝塚出身の安蘭けい(49)などが脇を固めるとはいえ、上演時間が4時間超、休憩2回と発表された時にはどうなることかと思いました」(同・演劇評論家)


■僕はもっと芝居上手くなりたい!


 初日、中止決定の直前に行われた会見では、演出の森氏から「本当に大変でした。僕のひと夏を返してほしいくらい」とボヤキも出た。

「ただ、そういう発言ができるほど打ち解けた状態でしたね。菊池も『森さんの演出は厳しいです。インスピレーションが豊かな方なので、昨日言ったことと違う演出をなさるんですよね……』と言えば、森さんも『おっ、悪口か?』と返したり。大谷さんは、菊池の演技よりも、彼が差し入れた“梨”を絶賛すれば、菊池も『差し入れ奉行です!』と答えるなど……いい雰囲気でした」(同・演劇評論家)

 さすがは座長、差し入れの気配りもできていたようだ。芸能記者が語る。

「台風のため初日から中止というアクシデントがありましたが、振替公演で無事に千秋楽。菊池もほとんど初舞台と言ってもいい状態で、ハムレットの主役を任されて、相当プレッシャーになっていたのでしょう。打ち上げの時には、かなりお酒を飲んだそうですよ。演出の森さんには『またやりましょう。僕はもっと芝居上手くなりたい!』と力説していたそうです。実際、周りの評判は本当に良かったですからね。ジャニーズ幹部も『嬉しい誤算』とまで言っていましたから、今後、菊池には役者としての期待がかかってくると思います」

 ジャニーズに限った話ではないが、アイドルを抱える芸能事務所としては、音楽番組も減る中、テレビに出演し続けるには、バラエティや役者を目指さざるを得ない状況だ。

「特にジャニーズの場合、すでに司会業は飽和状態ですからね。また嵐のあとが出てこない状態でもある。セクゾ、Hey! Say! JUMP、キスマイ(Kis-My-Ft2)、キンプリ(King & Prince)など、まあほぼ横並びと言っていい状態で、ファン以外にもメンバーの顔が浸透するような爆発的な人気は出ていません。ピンで何か突出したものがないと、ジャニーズでも生き残れない時代になっているんです」(同・芸能記者)

 そんな中、新たな役者という芽が出たことは大きい。ジャニーズには生田斗真(35)や風間俊介(36)といったグループには属さず、ピンの役者として活動する者もいる。菊池はそうした存在になり得るのだろうか。

「生田が主演する、現在放送中の『俺の話は長い』(日本テレビ)の評判もいいし、7月期ドラマでは主演ではありませんでしたが『監察医 朝顔』の風間は、主役の上野樹里(33)の引き立てる芝居をサラッとやっていました。他のジャニーズタレントとは一線を画す存在感を出しています。菊池も様々な役を演じることで彼らに近づけるかもしれません。そもそも、ジャニーズ事務所は、先日亡くなったジャニー喜多川さんが『ブロードウェーに負けない気持ちでやって来ました。日本から世界に認められるショーを発進したい』との思いから、東京グローブ座も手に入れたわけです。そこから新たな才能が育てば、ジャニーさんの思いも叶うでしょうね」(同・芸能記者)

週刊新潮WEB取材班

2019年11月24日 掲載

関連記事(外部サイト)