沢尻エリカ、たびたび囁かれてきた違法薬物への関与と「酒井法子夫妻」との接点

沢尻エリカ、たびたび囁かれてきた違法薬物への関与と「酒井法子夫妻」との接点

沢尻エリカ

 MDMAの所持容疑で逮捕された沢尻エリカ(33)は、“違法薬物は10年以上前から”“大麻やLSD、コカインも使った”と供述している。そうした供述を裏書きするかのように、沢尻はこれまで、違法薬物への関与がたびたび囁かれてきた。

 さる芸能関係者が回想する。

「かつて2009年8月、酒井法子と夫が覚醒剤で逮捕された直後から、沢尻との“接点”が指摘されていました」

 当時、沢尻は「ハイパーメディアクリエーター」の高城剛氏と婚姻関係にあったのだが、実際に、あるイベントがこの2組の夫婦を結び付けていた。

「その年の7月、奄美大島で数日間にわたって催された『奄美皆既日食音楽祭』です。沢尻と高城氏は一緒に現地に入り、音楽祭には高城氏がDJとして出演していた。そして、日食前日に開かれたイベントには、酒井法子と夫も揃って姿を見せていたのです」(同)

 逮捕後、酒井夫婦は取り調べに“奄美で覚醒剤を使った”と供述しており、

「高城氏は当時、自身のブログで“ある夫婦の事件が発覚し、一度も面識がない僕らは、いまやすっかり『親友』になっているそうだ”などと、交友を否定するかのような書き込みをしていました。その一方で酒井は、逮捕後の取り調べで“沢尻夫妻と奄美大島で会った”と、はっきり供述していたのです」(同)

 加えて、以下のような突然の“処分”が、疑惑をいっそう募らせたのだった。

「沢尻が所属していたスターダストプロモーションが、この年の9月下旬、突如として彼女に契約解除を言い渡しました。理由については『重大な契約違反』とだけ説明。夫の高城氏が事務所を通さず、自らのビジネスに沢尻を利用していたことが主たる原因だったのですが、業界では俄然“薬物がらみではないか”という話が真実味を帯びた。実際にその直後、スターダストは『昨今の社会問題とタレントが社会に与える影響の大きさに鑑み』と、所属タレントに薬物検査を行う方針を明らかにしたのでした」(スポーツ紙記者)

 大手芸能プロがこうした検査に踏み切ること自体が異例であり、沢尻へ向けられる疑いの眼差しは否応なく強まっていったのだが、

「そうした疑惑は結局、拭えずじまい。数年後には、過去に検査で陽性反応が出たとして彼女が“大麻中毒”であると断じる報道が出たこともありました」(同)


■「Vシネマしか…」


 すっかり問題児の烙印を押された沢尻は、揉めに揉めた末、13年暮れに高城氏と離婚が成立した。これと前後し、12年には映画「ヘルタースケルター」でヌードを披露。体当たりの演技が評価され、14年には連ドラ「ファースト・クラス」に主演するなど“本業”は回復傾向にあった。

「演技力が評価され、それに伴い、かつてのような不遜な振る舞いは鳴りを潜めていった。周囲に気を遣うなど、殊勝さが見受けられるようになったのです」

 とは、前出の記者。

「今年3月には、本人にとって初出演となるNHK大河ドラマの出演者発表会見に臨み『12歳で芸能界に入って、ようやく大河に出演させて頂くことができました』『沢尻エリカの集大成をここで捧げたい』などと、涙ぐみながら口にしていました」

 それが一転、

「明智光秀が主人公の『麒麟がくる』で、織田信長の正妻・濃姫という重要な役どころを演じるはずでした。今月13日の取材会にも出席し『家で所作を練習している』などと意気込んだばかり。6月3日にクランクインし、10話分ほど撮影が進んでしまっている。本来ならば初回から登場する予定であり、放映開始を前に、局内では頭を抱えているといいます」

 初回放映の2週間延期と、代役には川口春奈(24)の起用が発表されたが、これについて局関係者は、

「代役を立てて撮り直そうにも、絡みのある他のキャストを配置し直さなくてはならず、撮影セットも解体してしまった。第一、登場シーンが多すぎる。編集でカットできるような端役ではないのです」

 大河出演中に“退場処分”を余儀なくされたケースとして、最近では放映中の「いだてん」のピエール瀧やチュートリアル・徳井義実などが挙げられるものの、沢尻の場合は、

「ダメージのケタが違います。今回、彼女がドラマや映画、CM関連で支払うことになる損害賠償金は数億円とみられています」(同)

 芸能ジャーナリストの城下尊之氏が言う。

「“別に”騒動の後、前夫とのゴタゴタでも評判を落とした沢尻は、10年かけてようやく世間に受け入れられるまでになりました。本人としてはその間、夜遊びを続けて薬物も使うなど“更生”という意識はなかったのでしょうが、信頼回復だけでも10年かかったのですから、今後の本格復帰は無理でしょう。例えば母親役などを演じても、説得力がない。Vシネマぐらいしか仕事はないのではないでしょうか」

 因果は巡る糸車である。

「週刊新潮」2019年11月28日号 掲載

関連記事(外部サイト)