沢尻エリカをさっそく持ち上げたテリー伊藤 背景にエイベックスとの浅からぬ関係?

沢尻エリカをさっそく持ち上げたテリー伊藤 背景にエイベックスとの浅からぬ関係?

テリー伊藤

 女優の沢尻エリカ容疑者(33)が11月16日に合成麻薬・MDMAを所持していたとして逮捕された事件の余波が続いている。その一つは、TBSの情報バラエティー「サンデージャポン」(日曜9:54)の出演陣の発言への批判だ。逮捕翌日の17日放送分から早々と復帰の話をしたり、彼女を特別視したりする発言について、SNS上に「不謹慎」などの反発の声が渦巻いた。この番組の出演陣の大半は芸能人と芸能関係者。同業者の犯罪を語ることの難しさが浮き彫りになった。

 ***

 ワイドショーにバラエティー色を加味したのが、「サンデージャポン(以下、サンジャポ)」。司会はお笑いコンビ「爆笑問題」の太田光(54)と田中裕二(54)で、その1週間に起きたニュースを振り返り、出演陣がコメントするという構成。2001年に放送が始まった情報バラエティーの草分けだ。

 ニュースを扱う情報バラエティーは日本独特のものであり、海外では類を見ない。日本でも1990年ごろまでは存在しなかった。比較的新しいスタイルの番組。このため、時に厄介な問題が生じる。沢尻エリカ容疑者の逮捕劇に対する「サンジャポ」出演陣のコメントに視聴者が抱いた強い違和感も、その一つと言えるだろう。この番組に限らず、芸能人が同業者の犯罪や不祥事を語るのは簡単ではない。普段の付き合いや利害関係があるのだから。

 新聞、雑誌が事件に関するコメントを外部の人物に求める場合、まず容疑者や被告との利害関係の有無を吟味する。中立の立場で語れる人物を選ぶ。時には事件の真相に近づくため、容疑者らに近い人物のコメントを掲載することもあるが、その場合は人物の立場を明確にする。だが、情報バラエティーが芸能人の犯罪を扱う折には、これが曖昧だ。今年6月の吉本興業の闇営業問題の際も、吉本と利害関係のある芸能人のコメンテーターが、何食わぬ顔で吉本擁護を繰り広げた。

 SNS上で大いに物議を醸した「サンジャポ」の場合、最初の放送は沢尻容疑者の逮捕から一夜明けた11月17日。沢尻容疑者と特に接点が見当たらない、医師でタレントの西川史子氏(48)のコメントは次の通り。

「たぶん、“沢尻エリカ”という人を演じるのに、ストレスがあった、プレッシャーがあったんじゃないかと思うんです。もし、女優をやってなかったら、こういうことはなかったと思うんですよ。だから、女優に向いてないんじゃないですかね」

 一方、違和感や批判の声がSNS上で渦巻いた演出家・テリー伊藤氏(69)の言葉はこうだった。

「沢尻エリカは芸能界でも唯一無二の存在だと思うんですよ。圧倒的に美しいでしょ。あの存在って、吉永小百合さんとか夏目雅子さんに近い、物凄い力がある。そうすると若い時から、この芸能界で他の人も(それが)分かるわけですよ。彼女に対して、みんな敬語使う。そうすると、彼女は孤高になっていくわけじゃないですか。それこそ(沢尻容疑者の出世作『パッチギ!』を2005年に監督した)井筒(和幸)さんのような人がいないと。どうしても全ての判断を自分でしていく。その中で、甘える時には、例えば(元夫の)高城(剛)みたいな男と付き合う。悪いわけじゃないけど。全く自分と違う男。そういうものがいつも、これからも続いていく。そういう時に彼女が、そこ(薬物)に手を出してしまったのは残念ですよね。多分、執行猶予が付いて、3年くらいですよ。今33歳。これから3、4年、女優として一番いい時期に、もったいない。(中略)出てきても孤独の中で自己判断していく。そこが大変だよね」

 これに元国会議員でタレントの杉村太蔵氏(40)が猛反発。杉村氏は、薬物で逮捕された者は一発アウトで、テレビの世界から退場すべきだと主張する。

「テリーさんは持ち上げすぎなんだよ。はっきり言って」

 しかしテリー氏は、「いや、本当に唯一無二の存在なんですよ」と譲らず、さらに、こう語った。

「これから彼女はいずれ復帰しますよ。その時に見ているほうが、『あー、あの捕まった沢尻ね』っていうのが頭のどっかに残っちゃうわけ。そうすると、演技やっていても、それを消すのがなかなか難しい。そこがね、執行猶予3年以上のダメージを彼女は負ってしまったんだよね」

 さらにテリー氏が、「沢尻は脛に傷が付くわけじゃないですか。これがまた彼女の伝説になるかもしれない」とも論じると、西川氏は「それはやめてくださいよ」と声を上げた。


■テリー氏とエイベックスの関係


 これらテリー氏の発言の是非は別とし、テリー氏と沢尻容疑者の所属事務所番、エイベックス・マネジメントは、浅からぬ関係にある。番組では触れられていないものの、テリー氏の初監督映画「10億円稼ぐ」(2010年)の配給は、同資本系列の エイベックス・エンタテインメント。全国の高校ダンス部の頂点を決める「DANCE CLUB CHAMPIONSHIP(全国高等学校ダンス部選手権)」を主催するのはエイベックス・マネジメントで、テリー氏はその審査員を毎年務めている。

 さらに2010年には、キャラクター・ブランド「NANITY70?(ナニティー・セブン・オー・ハート)」を、エイベックス・エンタテイメントやエイベックス・マーケティング、クラウン・クリエイティブとテリー氏が社長を務めるロコモーションが共同で開発した。中心となったのはテリー氏だ。

 テリー氏とエイベックスの関係は、テレビ界、芸能関係者の間では知られた話。「サンジャポ」のプロデューサーたちもまた、知っていたはずだ。まさかテリー氏の言葉が、エイベックスとの関係を背景に偏向していたということはないだろうが、番組側や本人は視聴者に対し、事前に沢尻容疑者の所属事務所の関係を伝えるべきだったのではなかったか。誤解を生まないためにも。それがニュースを語る際の条件だろう。

 日本テレビの情報番組「シューイチ」(日曜7:30)の司会を務める片瀬那奈(38)の場合、11月17日の放送で、沢尻容疑者が妹のような存在であると明かした後、「裏切られた気持ち」などと涙ながらに非難した。TBSも「報道特集」などのニュース番組では、ニュースを論じる人の立場を明確にしているはずだ。「情報バラエティーだから何でもあり」とは、見る側は考えないだろう。

「サンジャポ」は司会の太田光が、「覚せい剤とマリファナとMDMAと、どれくらい止められるか。沢尻さんはMDMAなわけだから、もしかしたら、ちゃんと更生して、また女優にということも考えられるのか。その辺が分からない」とも発言した。

 これにも杉村は語気を強めた。

「甘いと思う。どう考えても。この時点で復帰なんて」

 確かに、刑事事件の逮捕者について、取り調べが始まったばかりの段階で、テレビで復帰論が語られるのは異例中の異例。一般社会はコンプライアンスの厳守化が進むばかりだが、逆行しているように映る。

 この放送の翌日、11月18日には、警視庁記者クラブに加盟する各マスコミは「沢尻容疑者が『10年以上前から大麻やMDMA、LSD、コカインを使用していました』と供述していることが、警視庁への取材で分かった」などと報道した。これもまた異例だった。逮捕後48時間の警察調べの内容が、こんなに早く公になるのは珍しい。記者たちの間には、「逮捕したばかりの段階で、復帰話や判決の予想までが出たことが、捜査陣の心証を害したからではないか」との見方がある。

 実際、まだ捜査が始まったばかりで、もちろん起訴前なのに、復帰スケジュールが公然と語られたら、捜査陣は釈然としないだろう。また「執行猶予3年」などと早々とテレビで公言されてしまったら、捜査や裁判が形骸化してしまいかねない。第一、どの事件の捜査も、逮捕直後の段階では予断を許さない。沢尻容疑者のケースも、「サンジャポ」が2週にわたって復帰論を繰り広げた後の11月26日、元交際相手のファッションデザイナー・横川直樹容疑者(38)が逮捕され、新しい局面に入っている。

 沢尻容疑者の逮捕から8日後の11月24日、テリー氏は「サンジャポ」でこう論じた。

「僕は演出家ですよ。で、たぶん来週の火曜日に彼女は出て来ますよね。その時の彼女の表情、これがどうなるか。そうすると、魔力みたいなものがある可能性もあるんですよ。そうするとね、『いいなぁ、また見てみたいなぁ』と本能的にね」

 テリー氏の言った「火曜日」とは、最初の勾留期限(10日間)切れで11月26日。説明するまでもなく、実際には勾留されたまま。弁護士や記者たちの大半は、勾留が延長されると見ていた。勾留期限は最大23日間だ。

 沢尻容疑者への法の裁きと芸能活動の行方はあくまで別問題だろうが、「サンジャポ」の街頭アンケートでは引退が妥当する声が多く、100人中72人だったという。

 逮捕早々、復帰論が唱えられたことが、逆に世論の反発を招いてしまったのではないか。

鈴木文彦/ライター

週刊新潮WEB取材班編集

2019年11月30日 掲載

関連記事(外部サイト)