さんま主催「宮迫激励会」に集まったテレビマン、復帰は赤信号みんなで渡れば怖くない

さんま主催「宮迫激励会」に集まったテレビマン、復帰は赤信号みんなで渡れば怖くない

「宮迫激励会」の主催者、明石家さんま

 11月21日、都内のホテルで開かれた宮迫博之(49)の激励会が行われた。主催者は明石家さんま(64)。それゆえ民放各局からは、彼の息のかかった幹部たちが参加したという。テレビマンといえども、さんまに鍛えられた“笑い”の強者たちである。芸人にも劣らぬ爆笑スピーチで盛り上がったそうだが、宮迫の芸能界復帰を願うさんまの意向を受け、各社の間で宮迫復帰のタイミングを巡り駆け引きがあったとか……。

 ***

 正式名称は「みんなで一緒にオフホワイトからブラックに、そして白紙に戻った男を囲む会」と名付けられた激励会は、マスコミには非公開、超厳戒態勢で行われた。ホテル前で報道陣が待ち構える中、自ら車を運手して現れたのが、さんまだった。愛車の窓を開けて、

さんま:これ正面玄関? ホテルの? ここ? ここ入ってええの?

 ネタではなく、本気でわからなかったらしい。記者たちがあっけにとられる中、会場入り。そして激励会は始まった。民放関係者が言う。

「宮迫の激励会という名目ですが、音頭をとったのが、いまだに芸能界では力があり、レギュラー番組も多数持っているさんまさんですからね。彼の主催する忘年会という意味合いもあり、業界の大物が結集しました。『行列のできる法律相談所』(日本テレビ)のディレクターや『アメトーーク』(テレビ朝日)のプロデューサーもスピーチをして、大ウケでしたよ」

 23日に放送された「ヤングタウン土曜日」(MBSラジオ)で、パーソナリティを務めるさんまによると、そのスピーチとは、

行列のできる法律相談所:(宮迫さん)休んでいただいてありがとうございます。あなたが休んだおかげで、いっぱい、いいゲストがキャスティングできました。

アメトーーク:おかげでこの間、さんまさんにも出ていただけました。年末スペシャルありがとうございます。すいませんが、もうちょっと休んどいていただけますか。できれば一生、出ないようにしといてください。

「笑いのセンスは、さんまさんに鍛えられていますから、スピーチも芸人裸足です。しかも、さんまさんから『どうせ極秘にしていてもマスコミにバレるのだから、お前ら気をつけてスピーチしろよ』と事前通告があったそうですから気合いも入ったのでしょう。キツいスピーチとは裏腹に、みなさん、早いうちに宮迫を復帰させたいという、さんまさんの意をくんで出席してきた人たちなわけです。他にも、日テレからは編成部長はじめ、さんまさんのドラマや舞台を手がけてきたエース演出家などが参加していました。テレ朝からも『アメトーーク』の総合演出、フジからは『ひょうきん族』以来の付き合いである名物プロデューサー三宅恵介さん(70)の顔もあった。雑談ながら、宮迫の時期についても遡上にあがったそうです」(同・民放関係者)


■河本準一は今もクレーム殺到


 彼らとさんまは、どれほどの付き合いなのか。

「まず、編成部長というのは、日テレが放送するタイムテーブルを決めているキーマンでしょう。その人が出席となれば、日テレはかなり宮迫の復帰に前向きなのかもしれません。今の編成部長は、元々バラエティ畑にいた人で、最近の番組では『しゃべくり007』や『嵐にしやがれ』など人気番組を多く手がけたプロデューサーでした。さんまさんとは、『明石家さんまの転職DE天職』や『誰も知らない明石家さんま』で組んでいます。その『誰も知らない明石家さんま』は12月1日に放送されるのですが、そこで宮迫を復帰させるのではないかという噂もありました。さすがに時期尚早と判断されたようですが」(同・民放関係者)

 そして、スピーチもこなした日テレの看板ディレクターは、

「『行列のできる法律相談所』や『世界一受けたい授業』『深イイ話』はじめ、『24時間テレビ』の総合演出を担当している、バラエティ番組のエースといっていいでしょう。島田紳助さん(63)の芸能界引退後、『行列』のMCの1人は宮迫が務めていましたし、スペシャルの時は、さんまさんがMC になる。2人とも彼と一緒に仕事をしてきたわけです。宮迫の雨上がり決死隊の深夜レギュラーだった『芸人報道』(2010〜14年)も担当していたから、日テレで一番、宮迫と古い付き合いのある人です」(同・民放関係者)

 エース演出家も、さんまとの付き合いが深い。

「こちらは宮迫とはあまり組んでいない。けれど、さんまさん主演のドラマを多く手がけ、主演舞台も定期的に演出している。来年1月に上演される『七転抜刀!戸塚宿』も彼の演出です。一部では、この舞台で宮迫が復帰すると報じられていましたし、さんまさんも本当にそう考えていたようですね。それで、この日も呼ばれたのかもしれません。『七転抜刀』は日テレの企画・制作の舞台ですからね。結局、この日の様子を見て、さんまさん自身が、『舞台での復帰はない』とラジオで宣言しました」(同・民放関係者)

 12月の特番「誰も知らない明石家さんま」、1月の舞台「七転抜刀」でも宮迫復帰の目はなくなったようだ。となれば、雨上がり決死隊がMCを務める『アメトーーク』(テレ朝)となるが、

「会場では『アメトーーク』のプロデューサーと宮迫がずいぶん話し込んでいたそうです。しかし、26日にはテレ朝の定例会見で、彼の復帰について『現状はございません。今後の推移を見守りながら対応していきたい』と話したところを見ると、こちらでも当分は難しいでしょうね」

 どうやら、さんまもテレビマンも、この日のマスコミ対応を目の当たりにして考えを変えたようなのだ。

「結局、ある局が独自の判断で、宮迫の出演を解禁されるのは怖いということもあるから、他局の様子を見に行ったわけです。どうせ復帰させるなら、いっせーの!で放送すれば、リスクを分散させることができます。なぜ、そんな考えをするかと言えば、下手に目立つと想定外のクレームが来るからです。例えば、次長課長の河本準一(44)など、スキャンダルから何年も経つのに、いまだに番組に出演させるとクレームが殺到しますからね」(同・民放関係者)

 河本の母が生活保護を受給していると報じられたのは12年4月、今から7年も前のことである。彼に十分な稼ぎがあるにも拘わらず、母の扶養を怠ったとして大バッシングを受けた。謝罪もし、返納すべき費用は返納してもクレームは収まらないというのだ。

「民放各局が打ち合わせをして、タイミングを合わせれば、どこかの局にクレームが集中することは避けることができる。宮迫の激励会は、そのタイミングを考える、いい機会になったようです」(同・民放関係者)

 談合しないと、宮迫の復帰は無理ということか。

週刊新潮WEB取材班

2019年12月1日 掲載

関連記事(外部サイト)