大橋巨泉未亡人とカナダ土産物店幹部の金銭トラブルに、巨泉実弟が反論

大橋巨泉さんが手掛けた土産物店の幹部と大橋さんの妻がトラブルに 巨泉さん弟が言及

記事まとめ

  • 大橋巨泉さんが手掛けた土産物店の幹部と未亡人・寿々子氏との間で金銭トラブルが浮上
  • 日系カナダ人幹部は株主総会で解任を言い渡され、寿々子氏らが役員に選出された
  • 巨泉さんの弟は「こんなことをやっていればクビになるのは仕方ない」と幹部に反論した

大橋巨泉未亡人とカナダ土産物店幹部の金銭トラブルに、巨泉実弟が反論

大橋巨泉未亡人とカナダ土産物店幹部の金銭トラブルに、巨泉実弟が反論

大橋寿々子氏

■「大橋巨泉」未亡人と土産物店幹部の金銭トラブル(2/2)


 故・大橋巨泉が手掛けたカナダの土産物店「OKギフトショップ」を舞台に、店の幹部と巨泉の未亡人・寿々子氏(71)との間で金銭トラブルが浮上している。2016年には巨泉が、今年7月には創業者のゴードン門田氏が亡くなり、代わって社長に就任したのが、85年に同社に入社した日系カナダ人幹部の山田義之氏(60)=仮名=だった。

 ところが山田氏は、9月9日にバンクーバーで開かれた株主総会で、突如解任を言い渡される。さらに、これまで経営に関わってこなかった寿々子氏、門田氏の娘が役員に選出されることとなった。

 ***

 山田氏が振り返る。

「あまりにショックな出来事でした。門田さんの娘や寿々子さんは、私が代表を務めている会社が、OKの金を使いこんでいる、と指摘してきました。確かに、私の会社はOKに対し、58万カナダドル(約4800万円)の借り入れがありました。しかし、そもそもその会社は夏にしか観光客が来ないカナダで、冬でも特産品を輸出できるように、08年に設立したという経緯があります。巨泉さんは私の会社の株主でしたし、その事業での借り入れを門田さんは承知していました。その内、最近になって借りた20万カナダドル(約1640万円)は近々、カルガリーのショッピングモールで出店予定だった日本雑貨店のためでした。家賃や内装工事のデポジットなどに使っています」

 そうした言い分をよそに、寿々子氏サイドは畳み掛けてきた。

「この数年、OKのキャッシュが5ミリオンカナダドル(約4億1千万円)から1ミリオンカナダドル(約8200万円)に減っていました。理由は運営赤字の補填、また、幹部及びシニア社員が早期退職するにあたり、退職金を多く支払ったり、3店舗の改装をしたり、といったことに使ってきたからです。ところが、それに対しても不信感を募らせている様子でした。もちろん、私的流用をしたという事実はありません」

 減り続けたキャッシュを見て、放漫経営だと断じたのか。株主総会が終わると、彼女らによる役員会議が開かれ、20分ほどすると、山田氏は呼びつけられた。

「その場に“今日限りであなたを解雇します”という主旨の通知書が用意されていて、私は唖然としてしまいました。ついさっきまで社長だったのに、こんなにも簡単にクビになってしまうものなのか、と。さらに、私に段ボールを手渡してきて、“私物と会社の備品を分けてください。私物は1週間後に自宅に届けます”と言われました。仕方なく整理し、会社の鍵や車も没収。わけが分からないまま、タクシーに乗せられ、帰宅したのです」

 あまりに急な展開を予想だにすることもできなかった。無論、山田氏は納得できず、弁護士を雇った上で、寿々子氏サイドに解雇理由について明らかにするよう、コンタクトを図った。


■巨泉の実弟が反論


「すると、“解雇理由は不透明なお金の使用があるからだ”という返答が先方の弁護士から寄せられました。しかし、前述した通り、そうした事実はなく、私への正当な退職金が支払われるべきだと思っています」

 山田氏は退職金に加え、保有株の買い取り、出店できなかった雑貨店の費用の賠償などを求めている。しかし、そうは問屋が卸さないようで、

「先方から、私が保有する株を借り入れと相殺した上、10万カナダドルで買い取るという打診もありました。ですが、株の評価額で考えると、こちらの希望とかけ離れているし、個人への支払いと会社の借り入れ金は別です。請求を拒否するのなら、カナダで裁判を起こすことも考えています。その場合、退職金20万カナダドルを含む、総額で1・5ミリオンカナダドル(約1億2300万円)の賠償請求になろうかと思います」

 なぜこのような多額の“請求書”が届く事態にまでこじれてしまったのか。寿々子氏に真意を聞くため、千葉の自宅に伺うと、

「大橋(巨泉)の弟の会社がありますので、そちら経由でお願いいたします」

 と言うのみ。

 巨泉の実弟は、OKギフトショップの日本代理店として、旅行代理店などへの営業を昨年末まで請け負っていた。その実弟は「今は関与できない立場」としながら、こう反論する。

「彼の会社は、私の兄に“商品開発のための会社を作る”と言って設立しました。兄は彼を信用したのです。しかし、商品開発は頓挫。現在はOKギフトが貸している50万カナダドル以上のお金が不良債権になりそうな状況で、OKの総資産も減少している。うちとの契約も冷淡に切り、無駄な経費を使っています。こんなことをやっていればクビになるのは仕方ないのでは。現在は色々と調査中だと思いますので、退職金などの話にはならないと思います」

 そう語った上で、「大橋家」の正当性を主張する。

「彼が急にOKの社長になった時も何の相談もなかったそうです。だとすれば、株主に対する裏切りでしょう。僕は、生前の兄に“万一の時は寿々子さんを社長に?”と聞きました。兄は“寿々子をシンボルに皆で頑張る。ただ、OKは若返らなければならないから、30年後、40年後を見据えることが大切。大橋家ではなく、一生懸命働いている者に任せていくべきだ”と言いました。死後、彼にその話を伝えたら反応が鈍かった。大切なのはOKと従業員たちです。その点でも現在の彼に任せられないということではないですか」

 どうやら「はらたいらに3千点」と大盤振る舞いするつもりはないようだ。

 再び山田氏が語る。

「私は巨泉さんと同じくらい長く寿々子さんともお付き合いをしてきました。今回のことで一方的に関係を絶たれてしまい、寂しい気持ちでいっぱいです」

 巨泉という芸名には、泉の如くアイデアが湧くように、という思いが込められているという。骨肉のトラブルを収めるアイデアはありやなしや。草葉の陰からの声は聞こえてこない。

「週刊新潮」2019年11月28日号 掲載

関連記事(外部サイト)