福山雅治・吹石一恵夫妻がわが子の「お受験」に猛進中

福山雅治と吹石一恵、愛児の幼稚園受験に猛進か 慶応幼稚舎や青山学院など目指す?

記事まとめ

  • 福山雅治は、この晩秋、夫人の吹石一恵とともに愛児の幼稚園受験に猛進していたという
  • 「都内でも屈指の有名幼稚園の受験会場に今年、ご夫妻が現れた」と芸能関係者が証言
  • 慶応幼稚舎や青山学院、学習院あたりを目指しているのではと言われている

福山雅治・吹石一恵夫妻がわが子の「お受験」に猛進中

福山雅治・吹石一恵夫妻がわが子の「お受験」に猛進中

福山雅治

 人は見た目が9割、ではないけれど、この人の場合は、眉目秀麗な外見から、家族、ましてや子どもの姿なんて想起できやしない。

 福山雅治、50歳である。

 年末が近づき、今年も話題は豊富だ。

 公開中の映画「マチネの終わりに」ではクラシックギタリストの役を演じ、年末は例年通り、横浜でコンサートが行われる。ファンは、紅白歌合戦の中継での出場といった年末の風物詩に思いを馳せる頃だろう。

 もっとも、当の福山はこの晩秋、夫人の吹石一恵(37)とともに、愛児の幼稚園受験に猛進していた。

 芸能ジャーナリストが解説する。

「お子さんは今年で3歳を迎え、女性誌では有名な幼児教室に通わせていることが報じられています。そこは幼稚園受験対策にも特化したところで、かねてどこかの名門を受けるのでは、と囁かれていたのです」

 さらに、事情に詳しい芸能関係者がこう証言する。

「都内でも屈指の有名幼稚園の受験会場に今年、ご夫妻が現れたんですよ。そこは財界人や芸能人の子が多く在籍し、立地も超一等地。倍率も高いことで知られています。合格が決まった保護者は、吹石さんとママ友になれたら、なんてそわそわしているそうです」

 夫妻は“次”も見据えているそうで、

「この幼稚園は名門私立小学校への“登竜門”でもあるんです。順当に行って目指す先は、慶応幼稚舎や青山学院、学習院あたりではないでしょうか」(同)

 でも、やっぱりお受験パパには見えないんだよなあ。

「週刊新潮」2019年12月5日号 掲載

関連記事(外部サイト)