予定通り33歳で結婚したイモトアヤコ 生放送発表は想定外だった事務所の複雑胸中

予定通り33歳で結婚したイモトアヤコ 生放送発表は想定外だった事務所の複雑胸中

イモトアヤコ

 11月は芸能界で入籍ラッシュが続いた。2日の菊池桃子(51)にはじまり、二宮和也(36)、壇蜜(38)、メイプル超合金の安藤なつ(38)、オードリーの若林正恭(41)、ロックバンド・Official髭男dismの藤原聡(28)、川村ゆきえ(33)、イモトアヤコ(33)、負けじと橋本マナミ(35)……中でも最も驚いたのが、「イッテQ」の緊急生放送で電撃発表したイモトだった。

 ***

 11月24日の「世界の果てまでイッテQ!」は07年の番組スタート以来、初の生放送だった。ここで、「私、イモト、『イッテQ』始まって12年。33歳、結婚します」と、番組ディレクターの石崎史郎氏(41)との結婚をサプライズ発表したわけだが、顔がほころんだのは日テレだ。

 翌日に行われた日テレの定例会見で小杉善信社長(65)も、結婚の報告は2週間ほど前に受けたことを明かしつつ、「(2人は)戦友、同士だと思っていたので、恥ずかしそうに現れて私もびっくりした。おめでたいことで微笑ましい」と語っていた。

 なにせ、この日の「イッテQ」の視聴率は22・3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、久しぶりの20%超えで、番組歴代5位タイとなる高視聴率だったのだ。このところ、テレ朝「ポツンと一軒家」に負け続けていた「イッテQ」である。日テレ関係者が語る。

「そもそも『イッテQ』がバラエティの王者とまで呼ばれるようになったのは、イモトの功績が大きいですからね。体を張ってロケをする彼女は好感度も高く、子供から大人にまで愛される国民的タレントに成長しました。社長としては、イモトはもちろん、石崎さんにも社長賞をあげたいところだったかもしれない」

 晴れの発表が、みんなに祝福され、しかも高視聴率ともなれば、すべての関係者に願ったり叶ったり……かと思えば、そうでもなかったようだ。

「実は当初、イモトの所属事務所は、彼女が結婚することも、それを番組で大々的に発表することにも、賛成ではなかったんです」(同・関係者)


■結婚で仕事が減る?


「売れっ子タレントで、結婚後も人気を維持しているケースは少ないですからね。どんなに人気があっても、結婚後はテレビの露出が減り、姿を消していくことは少なくない。ましてや今のイモトは、金のなる木ですからね。お笑いタレントとして成功したのは誰もが認めるところ。それに加えて、ドラマ『下町ロケット』(TBS)の出演なども、記憶にある方が少なくないと思いますが、近年は芸能活動を女優業にまで広げたことで、ギャラもアップしていました。事務所としては、結婚を先延ばしにさせるべく、大きな仕事を次々に入れていたそうです」(同・関係者)

 それはいずこの芸能事務所も、同じ悩みを抱えていることなのだろう。しかし、いくら所属タレントであっても、三十路となった大人の女性の結婚にまで口を出すのは難しい。

「イモトは交際していた1年半の間、事務所の説得に回っていたそうです。結局、事務所も折れたわけですが、それでも結婚の影響を最小限にするため、メディアに大々的に取り上げられることなく、ひっそりと発表させたかったようです。ですから、『イッテQ』で大々的に発表することにも、最後まで消極的だった」(同・関係者)

 まあ、ひっそりと結婚報告をしたところで、結果はそれほど変わらないだろう。そもそも、老若男女に幅広い人気がある彼女は、アイドルとは違う。結婚がそれほどダメージにつながるとも思えない。しかも、夫の石崎Dは日テレ社員であり、「イッテQ」ではイモトのコーナーを担当するディレクターだ。緊急生放送は見事、歴代5位の高視聴率を勝ち取ったわけである。

 今後は、夫婦で海外ロケに邁進することになるのだろうか。

「彼女は『お仕事を今まで以上に愛し、共にパワーアップしていきたい』と言っていましたが、結婚を機に泥臭い仕事は減るかもしれません。彼女も来年1月には34歳になる。さすがに体力勝負のロケもキツくなってくるでしょうし、妊娠でもしたら産休に入らないわけにはいきませんし、その間はCMも更新できないでしょう」(同・関係者)

 ファンとしては2人の幸せを願うばかりだが、

「そういえば、イモトは30歳の時に、『イモトの元気の素 88の言葉』(日経BP)という本を出版していて、出版記念のイベントで、“33歳で結婚する”と明言していたんです。相手がいるのかと質問されましたが、“自分の未来表ではそういう予定なので”と。彼女には、明確な将来の設計があるのでしょう」(同・関係者)

週刊新潮WEB取材班

2019年12月5日 掲載

関連記事(外部サイト)