神田松之丞、伯山襲名会見で春風亭昇太は「この人は売れないと思ったんだけどな……」

 自称“講談界の風雲児”神田松之丞(36)が、来年2月に真打ち昇進、しかも9人抜きの抜擢昇進だ。二つ目にしてテレビやラジオで冠番組を持ち、今や最も有名な講談師となった松之丞の昇進は、遅きに失した感もある。まさか、その穴埋めというわけでもなかろうが、昇進と同時に、40年以上途絶えていた大名跡・伯山の6代目襲名も決まった。

 12月2日、都内のホテルでその思いを語った。だが、彼の隣には、所属する落語芸術協会会長として春風亭昇太(59)が座ったために、会見が大真面目に進むはずもなく、最終的には講談でも落語でもなく漫才に――。

 ***

 そもそも事前に配布された資料では、松之丞と昇太は隣り合うはずではなかった。ところが、会見が始まると、向かって右から昇太、松之丞、松之丞の師匠・神田松鯉(77)、そして噺家の春風亭柳橋(63)の順で座った。

司会:来年2月中席より真打ちに昇進いたします松之丞改め、6代目神田伯山真打ち昇進襲名記者会見を開催させていただきます。開催に先立ちまして、公益社団法人落語芸術協会会長、春風亭昇太よりご挨拶申し上げます。

昇太:えー、皆様、今日はどうもありがとうございます。お忙しい中お集まりいただきまして。このたび、また我が落語芸術協会から、期待の真打ちが誕生することになりまして、今一番の売れっ子の松之丞くんが来年2月11日から真打ち昇進という運びになりました。そして名前が変わりまして、神田伯山という、これはもう本当に大名跡でありまして、これを継いでこれからも講談界を引っ張っていってくれるんじゃないかな、と期待もしておりますし、我が協会としても自信をもって送り出す真打ちでございますので、皆様の応援のほうもよろしくお願いいたします。

――歌舞伎と違って、芸人の襲名会見は笑わせるものだ。だが、なんだか昇太が堅い。司会から、公益社団法人の会長と紹介されたためか、それとも1番手だったからなのか、笑わせることを忘れたように、浮かぬ顔のまま副会長の柳橋へと続く。

柳橋:どうも皆さん、お集まりいただきましてありがとうございます。ただ今、昇太会長から申し上げた通りでございますけれども、(中略)伯山というのも数十年ぶりに復活した名前でございますし、これから彼が“令和の大名人”と言われることが何十年か後にあるんじゃないかと期待しております。もちろん今でも非常に人気があって、お客さんにも大勢いらしていただけるものですから、彼が出るとことには我々もこぞって出て、一緒に儲けようと思っているところでございます……。


■昇太覚醒


――会場から、ややウケの笑い声を聞いた昇太が、突如として覚醒する。やにわに立ち上がり、目の前に置かれたペットボトルのラベルを剥がし始める。

昇太:こういうもの、取っておかないと。

柳橋:そうやって点数稼がなくたって……。

昇太:大事なんだってば、こういうことが!

柳橋:そか、記者会見だからね。写っちゃうとまずいから。

昇太:(会場に向け)最初からやり直しましょうか?

――会見場に笑いが巻き起こり、ホッとした様子の昇太。続いて松之丞の師匠である、人間国宝・神田松鯉の口上だ。

松鯉:本日はお運びいただきまして誠にありがとうございます。おかげさまで、松之丞が来年2月の中席から真打ちに昇進させていただくことになりました。手前どもの家へ来て、丸12年でございます。ま、一所懸命修行して、真打ちになる前に花が開いちゃった感じの子でございますけれども、これからもっと大きな大輪の花になってもらいたいと思っております。講談界も久方ぶりに、活気が出てきたようでございます。手前どもが入門した約50年前は沈滞の底でございまして、私どもは“講談決死隊”と呼ばれておりました。あれから講談界もだいぶ人数が増えて参りまして、今、松之丞改め6代目伯山の影響で、若い人たちが陸続として入門してきているようでございます。講談界が落語の世界のように全盛を期して花盛りという時代がいつ来るのかなと思っておりましたが、これから本当の春が来る兆しが見えております。あたしはもう間に合わないと思いますけれど、講談界が全盛になるように、ひとつ、この子にも頑張ってもらいたい。芸協の会長、副会長をはじめ、大勢の方々にもご支援をいただきたいのでございます。そういうわけで今後ともよろしくお願いをいたします。ありがとうございました。

――ドスのきいた声で、講談界の行く末を案じる人間国宝を前にして、さすがに昇太もかき回すわけにはいかない。そしていよいよ松之丞改め伯山である。

松之丞:エー、本日はお足元の悪い中、アー、お集まりいただきましてありがとうございます。もうとにかく、昇太会長、柳橋副会長、のみならず、うちの師匠に感謝を申し上げたいと思っております。考えたら私の持っているネタの9割以上は、師匠の神田松鯉から受け継いだもので、神田松鯉がいなければ、私は今ここにいないわけなので、まず師匠に心からお礼を申し上げたいな、と……。

――松之丞らしからぬ、殊勝な言葉であるが、エンジンも暖まってきたようだ。

松之丞:(伯山を)来年継ぐということは、オリンピックイヤーでもありますし、または(歌舞伎の市川)團十郎襲名もあります。正直、團十郎襲名・オリンピックイヤーの、あまりにも圧倒的な力には勝てそうもないので、非常に寒いんですけれど、2月にスタートダッシュを切れるのはめでたいなと思っております。44年ぶりですか、伯山が復活するというのは師匠のおかげでありますし、他の方々の御仁力もあったと思っております。寄席文字の方からね、「伯山という名前を自分が生きているうちに書くことができたのは、すごく嬉しいですよ」と言っていただきました。また他協会ですが落語協会の(柳家)三三師匠も、「ボクが生きているうちに伯山が復活するとは思わなかった」と言っていただいて、いろんなところに影響力のある名前なのかなと思っております。今日、「グッとラック!」(TBS)を見ておりましたら、立川志らく師匠が、「伯山という名前は、長嶋茂雄の名前を継ぐようなもんだ」というね、ちょっと言っている意味がよくわからなかったです。おそらく、伯山にも、長嶋茂雄にも、志らく師匠はそんなに思い入れがないのだろうと。とにかく、いろんな方が言っていただける名前を継ぐことができて本当に感謝しております。今日は本当にありがとうございました。

――ここから記者からの質疑応答タイムに。だが、なかなか挙手がない。

昇太:(質問が)ないと終わっちゃいます。誰か無理にでもお願いします。

■質疑応答の名場面


 ここから記者からの質問を受け付けることになるのだが、松之丞の半生、講談への熱い思いは、11月に文庫化したばかりの「絶滅危惧種、講談師を生きる」(神田松之丞著・新潮文庫)に譲るとして、その名場面を再現しよう。

質問:師匠から見て松之丞の評価は?

松鯉:小中学校を対象の学校公演に行ったんですけど、あたしはあまり小学生や中学生向きの講釈が得意じゃないんですよ。まあ、大人向きも得意じゃないんですけどね。小学校行ったらね、あんな小さい子たちが、この子の講談にドーンドーンと笑うんですよ。一緒に行った噺家より笑わせている。すごいなあと思ってね。そういう教え方した覚えがないんだけど。あれ以来、この子に頭が上がらなくなりました。師匠がこんなことを言ってはまずいかもしれないけど、天才的なところがあるんじゃないかと思いますね。これからはもっと才が磨かれていくと思いますんで、ひとつご期待ください。

質問:入門時のエピソードは?

松鯉:本(「絶滅危惧種、講談師を生きる」)にも書いちゃったから言ってもいいか。最初にうちに来たときにね、喫茶店で会おうということで、行ったんですよ。喫茶店にだって、席の上下ってあるんです。この子は一番奥の席にどーんと座ったものだから、あたしは入り口に近い席に座らざるを得なかった。それでね、どうせ弟子になるんだから、今から教えといたほうがいいと思って、礼儀を教えた覚えがありますね。ことほどさように、もう手を取り、足を取り、日常生活は全部、矯正して指導して参りました。

昇太:先生、昔はバカだったということでいいですか? 今はだいぶよくなったと。

松鯉:よくなった!

松之丞:エー、こんな質問しないでいただけますかね。

質問:落語芸術協会において、今回の抜擢昇進は28年ぶりで、昇太師匠以来。落語家から見た講談師松之丞の魅力とは? 抜擢昇進で披露目中のアドバイスとは?

昇太:そうですね、松之丞くんがね、寄席の世界に入ってきたときに顔を見て、「この人は売れないな」と思ったんです。こんなにパッとしてない顔の人が、今テレビに出てるのはおかしい! だから松之丞くんがテレビに出ていると、僕はおかしくてしょうがない。周りの人がみんな華やかな顔をしていて、彼だけがこういう顔をしている。だけど、パッとした人ばかりの中で、こういう人が逆に光っているのがいい。彼にはウデがあるので、バラエティ番組のトークもいけるし、もちろん講釈も間違いない。こういった方がテレビ番組に出て、新しいお客さんをつかんで、講釈や寄席の世界にお客さんを引っ張ってもらっているというのは協会としても宝だし、ありがたいと思っています。(中略)披露目はですね、だいたい何やっても怒られるんです。何をやっても、何か言う人は必ずいるんです。気にしないで、失敗するのを前提に伸び伸びやってくれれば、と思っています。

質問:真打ちになる前にやり残したことはあるか。

松之丞:二つ目でやり残したことって、生意気なようですが、ないですね。やり尽くしたってくらいに、自分なりに一所懸命やったつもりです。今回、抜擢と言われますが、落語家と講談師はジャンルが違うので、昇太師匠のように純粋な抜擢ではなくて、「ちょっと僕お先に……」っていうくらいのトーンなんです。師匠が77歳で、人間国宝にもなられて、お元気で、こういう記者会見にも並んでいただいて……師匠がお元気なうちに披露目ができる。これは弟子としては最高に嬉しいことなので、あと3年後、4年後、果たして師匠がお元気なのか。お元気だとは思うんですが……、感謝しかないと思っています。


■落語家になってくれ


――そこへ東京MXの記者が挙手。

MX:MX的な話題で恐れ入りますが、1月1日の午後5時から生放送の「座TOKYO」という特別番組にご出演いただけるということで、誠にありがとうございます。

松之丞:アー、かみさんが、なんか取っちゃったという仕事ですね。

MX:ものすごく小さいスタジオに高座を設けまして、お待ちしておりますけど……。

松之丞:聞いてないですけど、そうなんですか。

MX:東京の魅力を東京出身のゲストと語るという番組なんですけども、晴れて“MXファミリー”といいますか……。

松之丞:ンン?

MX:初ご出演ということで、その意気込みをお願いします。

松之丞:全部、今聞いたのが初耳の話だったので、非常に新鮮に聞こえるなと思ったんですけど。そうですね、東京の人口が今1200万人くらいですか? 東京MXって、どんくらい見てるんですか?

MX:ど、どんくらい見てる?……かなりの人たちが見ていると期待しております。

松之丞:その人たちにね、高座の魅力を少しでも伝えて。どこのバラエティ番組に出てもそうなんですけど、最終的にこの人の講談を生で聞きに行ってみようと思ってもらいたい。名刺を配ってるのと同じだと思っているんで、メディアはどこも変わらないんです。そうですか、1月1日?

MX:1月1日、午後5時です。

松之丞:頑張ります。

昇太:ボク、まだ呼んでもらってないです。

質問:師匠からのアドバイスで心に留めているものは?

松之丞:そうですね、最初に師匠と会ったときに約束したのが印象に残っています。「絶対、辞めるな」と言われました。僕、前座修行が本当に向いてなくて、一生懸命やってんですけどダメなんですよ。昇太師匠が「見込みがない」と言ったのもよくわかるんです。1年目か2年目のとき、辞めようかなと思ったことがあるんですよ。「辞めて名古屋の落語家になろうかな」と思ったこともあるんですが、うちの師匠の顔がちらついてね。「絶対、辞めるな」が響いて頑張ろうと。今後、僕がスキャンダルを起こしても、それを思い起こそうと思っています。どんなにお客さんが減ってもね。

質問:人気の松之丞さんですが、まだまだ知らない人は多い。そういう人を引っ張るための考えとは?

松之丞:僕の講談って、師匠のような重厚でかっちりしたものでなく、いろんな人に聞いていただく講談をやってしまっているので、常連のお客さんにすると「嫌だ、あいつ」と言う方もいると思うんです。ただこれは、落語家さん、たぶん昇太師匠が一番経験されていますよね。飲み会の席で、常連の奴に嫌なこと言われたりとか。師匠、どうですか?

昇太:ええーっ! 僕たち気をつけなきゃいけないのは、落語ファンも講談ファンもそうですけど、昔の師匠方を聞いていた“通”といわれる人たちの意見は聞かなきゃいけないんだけど、それだけ聞いていても全然ご飯は食べられない。僕たちは僕たちの世界を新しく構築していって、それを発表する中で、新しいお客さんが入ってきたりする。僕は寄席というのはデパートだと思っているんです。いろんな商品があるから、お客さんが来てくれるんであって、同じ商品が並んでたって来ないんです。だから他の方とは違う人になるのが僕らの世界ではいいことだと思うし、彼は別の商品になっているってことが今の人気につながっているんだと思います……なかなかいいこと言うな。

松之丞:会長、僕から質問させてもらっていいですか。ここに松鯉、柳橋、伯山って大看板の名前が並んでいるんですけど、会長だけ前座名なんです。なんか、金語楼とか継いだりしないんですか?

昇太:そういえば、僕だけ安っぽいな。画数が明らかに少ない。でも、伯山だって画数少ないよ。

松之丞:画数じゃないから。

昇太:そんなこと言うなら逆に質問したいんだけどさ。このプロフィール見てたら、《趣味・落語を聞くこと》ってある。それなら落語家になってくれよ!

週刊新潮WEB取材班

2019年12月5日 掲載

関連記事(外部サイト)