YouTubeで「1000億円記帳」の前澤友作氏 その行動を精神科医に分析してもらった

YouTubeで「1000億円記帳」の前澤友作氏 その行動を精神科医に分析してもらった

前澤友作氏

 ZOZO創業者の前澤友作氏(44)が、11月29日にネット動画のYouTubeチャンネルを立ち上げた。その第1弾が「1000億円を通帳に記帳してみた」である。ZOZOの株式の約19%を、Yahoo!を傘下に持つZホールディングスに売却、その売却益から自身の借金500億円を差し引いた1000億円が銀行口座に入金されたため、ATMで記帳する模様をYouTubeにアップしたのだ。案の定、“下品の極み”なんて言う声が相次いで……。

 ***

 前澤氏は、銀行口座の残高をこう明かしている。

「報道の通り、僕は多額の借金がありますので、すぐにその一部は返済に充てました。額が500億円程度。残っているのが1000億円近く」

 にやけながら東京・神谷町にある銀行のATMに向かう前澤氏。銀行に到着し、「緊張する」と何度も言いながら、ATMに通帳を入れたものの、入れる向きを間違えたのか「いったん、取り出して入れ直してください」と。やり直すと、記帳が始まり、にやにやしながら、キョロキョロと周りを見る。そして、どや顔。通帳が大きく映し出される。口座残高は963億9112万8460円。

 残高を見た前澤氏は、こうつぶやいた。

「売却益振込後の残高は1030憶円。もともと口座には10憶円あったんだよね。でも25日に幾つか引き落とされて、963億になっちゃってる。何で、そんなに出て行ったんだろう」

 そして、記帳した通帳を、まじまじと見詰め、またつぶやく。

「1020億円…100億単位までいくと(金額を区切る)コンマがないんだね。(金額の欄には)1兆までは入るということ…でも10兆以上稼いじゃうと、もう入らないんだ。そこまで行かないと無理か」


■レゾンデートルは金儲け


 最後に、見解として、こんな言葉で結んでいる。

〈庶民には実感できない金額ですね。持ち株主の19%で約1000億円ですか…Yahoo! との資本業務提携でZOZOの株式が上昇すればさらに資産は増えるのですね。普通ならもう働かずに悠々自適に過ごすのでしょうが、前澤氏はどんなことを新たにされるのか興味深いですね。みんながあっ、と驚くことを期待いたします。〉

「品がないですね」

 と呆れるのは、精神科医の片田珠美氏だ。

「なぜ、こんなことをするのか。前澤氏のレゾンデートル、つまり自分の存在価値、生きる理由は、金儲けをすることだけなんでしょうね。その背景には、コンプレックスがあるのではないでしょうか。ミュージシャンになろうとして失敗し、ZOZOで金を儲けることができても、事業が行き詰って、Yahoo!に売却せざるを得なくなった。本人もかなりショックだったと思います。そういうのを払拭するために、1000億円入金されたっていうことを見せびらかせたかったわけです。本物の金持ちは、こんなこと絶対しませんよ」

 1000億円の記帳を公開することで、世間から批判されるとは思わなかったのだろうか。

「世間から何と思われるか、想像力が欠如しているのかもしれません。前澤さんといえば、先日、剛力彩芽さんと破局していたことが明らかになりました。清純なイメージの彼女といきなり別れれば、彼女の女優としての商品価値がどれだけ落ちるかということを考えていない。想像力が働かないのです。相手が傷ついても、その痛みがわからない人なのでしょう。そういう意味で彼は、他人の苦しみに鈍感で哀れみも感じない、情性欠如者の可能性も考えられます」

 前澤氏は、YouTubeで公開後、SNS上で批判的な声があふれたことについて、12月1日のTwitterでこうつぶやいている。

〈今回の1000億円通帳記帳を批判してくる人って自分自身が一番お金に囚われムキになっていることに気づいてない。人に下品という前に、人のお金の使い方にケチつけることが一番下品だということに気づいて欲しい。もっとお金から解放されたらいいのに。〉

 さすがにこれではまずいと思ったのか、同じ日にさらにこうつぶやいた。

〈そういう批判する人って結構稼いでる人に多い気がする。お金のコントロールがある程度効くぶん、お金の使い方にも自分なりの考えがあって、それゆえに違う価値観を見つけると批判したくなるのかもしれませんね。〉

 12月1日時点で、前澤氏のYouTube! の再生回数は100万回を超えたという。お金だけが頼りの男――。

週刊新潮WEB取材班

2019年12月5日 掲載

関連記事(外部サイト)