好きな女子アナ2位に急浮上 「田中みな実」を変えた2つのターニングポイント

田中みな実「好きな女子アナランキング」昨年の10位から2位に 写真集は初版12万部

記事まとめ

  • 田中みな実が、オリコンが発表した「好きな女子アナウンサーランキング」で第2位に
  • 昨年10位からの急浮上で、1st写真集の『Sincerely yours…』は初版12万部とのこと
  • 「女が女に怒る夜」では、ゲストの山田裕貴、清原翔、眞栄田郷敦も田中にメロメロに

好きな女子アナ2位に急浮上 「田中みな実」を変えた2つのターニングポイント

好きな女子アナ2位に急浮上 「田中みな実」を変えた2つのターニングポイント

田中みな実

 フリーアナウンサーの田中みな実(32)が乗りに乗っている。12月6日にオリコンが発表した「好きな女子アナウンサーランキング」は第2位と、昨年10位からの急浮上。13日に発売されるファースト写真集『Sincerely yours…』(宝島社)は初版12万部とか。TBSの局アナ時代は、ブリッ子キャラで同世代の女性から強烈なバッシングを食らったこともある。それが今やこの人気、ターニングポイントはどこだったのだろうか。

 ***

 民放プロデューサーも賞賛する。

「今や単なるフリーアナの領域を大きく超えた活躍をしています。女性誌や美容師で連載を持ち、美のカリスマ的な地位も確立。バルセロナで撮影したという女優並みの写真集の公式Instagramのフォロワーは、120万人を突破しています。女優業もこなし、アナウンサーのみならずタレントとして、女芸人も真っ青の働きをしています」

 12月2日放送された「女が女に怒る夜」(日本テレビ系列)では、大久保佳代子(48)やいとうあさこ(49)らとともに、雛壇芸人の一人として出演した。

「“女とは、女が許せない生き物である”というコンセプトで、女性芸能人がスタジオに集まり、女性の嫌いな部分、あるいは嫌いな女を一刀両断する不定期の特番で、くりぃむしちゅーの上田晋也(49)がMCを務めています。17年12月に放送された第1回では、大久保とMEGUMI(38)、若槻千夏(35)、佐藤仁美(40)、丸山桂里奈(36)などがゲストでした。昨年4月に放送された第2回では佐藤と丸山が抜け、いとうが加入。同年8月放送の第3回から田中が加入し、以来、田中は不動のレギュラーとなっています。放送するごとに評判も上がっているようで、今年は1月、5月、そして今月と3回も放送されました。2日の視聴率は11・4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と上々の数字でしたが、目玉は田中と言っていいでしょう。なにせ彼女は、嫌われる女を分析することもできれば、自ら“女が嫌いな女”を堂々と演じて、他のゲストの総攻撃を受けることもできる。それも雛壇では歴戦の強者である大久保、いとう、さらに姉御肌のMEGUMI、口の達者な若槻を敵に回し、一人で反撃していました。圧巻でしたね」(同・民放プロデューサー)

 番組では大久保が、田中がいかに嫌な女かを分析した。

大久保:みな実に関してはね、グルッと回って、やっぱりこいつが一番悪い女だと思う。最近やっとわかった。あさこさんも経験あるんだけど、(田中は)女にキスしてくるんですよ。

田中:酔っ払っちゃったのぉ。

大久保:なぜそんなことをするかと言えば、まず小顔効果!(と言って、大久保の頬にキスをする田中の写真を映す)。

田中:どおしてぇ、同じくらいなのにぃ。

大久保:ちょっと黙ってて! そして、こんな48のシミだらけの、毛穴がバーバー開いた汚ったねえ肌に口をつけられるというくらい、私は博愛で、下の者にも愛を捧げられるというアピール。それに、私のキス顔、どうですか? という、3つのポイントが入っている!

田中:ただ、したくなっちゃったのぉ!

 どうツッコまれても、まったくめげない。


■女優進出と帯番組の打ち切り


 逆にツッコみもする。“聞き飽きたフレーズしか言わない女”というテーマの時には、

田中:20代半ばから後半にかけての女の子って、やたらと「私、歳なんだよね」と気取りたがるんですよぉ。ちょっと歩いたらぁ、「しんどいわ」とか、「思い出せない、歳かな」とかぁ、いちいち言うんですけどぉ、それって大久保さんとかあさこさんに対してすっごく失礼だと思いませんか?

上田:いやいや、一番失礼なの、あなた!

田中:でもぉ、本当に悩んでいる人にとってはぁ……。

いとう:悩んでねえよ!

 さらにゲストの男性陣、山田裕貴(29)、清原翔(26)、眞栄田郷敦(19)も、ぶりっ子が嫌いなどと言っていたのに拘わらず、田中からのタッチやウィンクなどにメロメロ。田中に向かって上田もこう言い放ったほど。

上田:この短い時間に、何人、敵作るんだ!

「頭もよく、トークのスキルもある。今後はこういったポジションの仕事も増えていくでしょう」(前出・民放プロデューサー)

 田中はぶりっ子キャラを封印しているわけではない。では、なぜここまで人気が出たのか。

「第1は、ドラマへの出演でしょう。今年2月、山口紗弥加(39)主演の『絶対正義』(東海テレビ制作/フジテレビ系列)に女優として初出演。しかもその役柄は、妻子ある男性と不倫中の女優というもので、美村里江(35)や片瀬那奈(38)、桜井ユキ(32)ら美貌の実力派に混じって、ベッドシーンまで演じて見せた。演技もなかなかで、存在感はピカイチでした。ここで自分を見せる、魅せる楽しさを見出したのだと思います。そして第2に、フリーになって初の帯番組で2 年半メインMCを務めた『ひるキュン!』(TOKYO MX)が、今年3月に打ち切りになったこと。ローカルのMXとはいえ、月〜金の帯番組です。ギャラは1日8万円として、週40万円、50週(1年)で2000万円です。これだけでもTBSの同期の倍の収入があったと思います。これで崖っぷち状態になった。そこで開き直ったことが幸いしたのだと思います。6月には『痛快TVスカッとジャパン』の再現女優として、意地悪な女を熱演。これもまた評判を呼びました。そうして露出を増やしていった結果、やっぱり可愛いという声との相乗効果で、再ブレイクに至ったわけです。いじられて数字を持ってくる元局アナなんて、今までいなかったと思いますよ」(同・民放プロデューサー)

 彼女は14年9月末にTBSを退局後、宮根誠司(56)や羽鳥慎一(48)などと同じ事務所に所属している。今後は彼らの番組にも出演する機会もあるのだろうか。

「あの事務所は日テレさんとのパイプも太いですからね。日テレにも大事に扱われるでしょう。『Mr.サンデー』のフジや『モーニングショー』のテレ朝は、むしろ宮根と羽鳥とのつながりから、なんとかして彼女を使えないかと、“逆バーター”が増えるかもしれません」(同・民放プロデューサー)

 17年9月に話題となった女性誌「an・an」での“肘ブラ”ヌードから2年、裸一貫から出直した女の強みが最高潮を迎えている。

週刊新潮WEB取材班

2019年12月9日 掲載

関連記事(外部サイト)