辛口コラムニストが選ぶ年間「ベスト&ワーストドラマ」 同時1位の“究極の作品”は……

辛口コラムニストが選ぶ年間「ベスト&ワーストドラマ」 同時1位の“究極の作品”は……

クドカン(宮藤官九郎)の脚本は大河向け、つまりは全国津々浦々の爺ちゃん婆ちゃん向けとしては凝りすぎで、本来は制作側が交通整理してやるべきだった?

 ベスト篇、ワースト篇の発表が終わったというのに、会場内に鳴り響くドラムロール。コラムニストの林操氏には、他にも絶対外せない作品があるという。民放プライム帯の枠を取っ払い、NHK、昼ドラマも含めた、究極のベスト&ワーストを発表する。番外篇をどうぞ。

 ***

林:ドゥルルルルルルルルルルルルルッ!

アナ:おお!

林:2019年、全ドラマ通してのベスト1は……「いだてん〜東京オリムピック噺(ばなし)〜」(通年・NHK・日曜・夜8時)、そして「やすらぎの刻 道」(19年4月〜20年3月[予定]・テレ朝系・平日・昼0時30分)!

アナ:今度も同率1位が2本ですか。林さんが倉本聰さんの前作「やすらぎの郷」(2017年)の大ファンだというのは知っていましたが……

林:「郷」は半年の放送だったけれど、終わったときは、2019年連ドラベスト3篇で「凪のお暇」(TBS系)を褒めたときに言った「あのドラマの世界にもう一度浸りたい」感がキツくて、「やすらぎロス」にやられたくらいだら、今回の「刻」は1年通しての放送で嬉しいかぎり。

アナ:筋立ても、「郷」の続きのTV業界人専用の老人ホームでの物語と、主人公の脚本家(石坂浩二)が構想するドラマとが交錯する、いわば2本立てになっていて、あの趣向も面白いですね。

林:そうそう、カネはあんまりかかってない作品だけれど、知恵はふんだんに注ぎ込まれてる。

アナ:出演者が放送期間中にお亡くなりになることも話題になっています。「郷」の際の野際陽子さんに続いて、「刻」では八千草薫さん、梅宮辰夫さん、山谷初男さんが亡くなりました。

林:老人ホームが舞台の後期高齢者ドラマだからねぇ。でも、そういうところも新しいよね。「年金なんか意地でも出すか。死ぬまで働け!」っていう国のありようを強烈に皮肉っているようでもあり、死ぬまで働けることの楽しさ、ありがたさが身に染みるような展開でもあり。


■「いだてん」を褒める


アナ:一方、大河ドラマに批判的な林さんが「いだてん」を評価されるとは、ちょっと意外でした。

林:いや、今回もさんざん言ってきたけれど、カネ、知恵、時間をさんざん注ぎ込んだドラマってのは本当に少なくて、でも、「いだてん」は例外的にそういう作品だったんだよ。大河ドラマという枠内に限ってみただけでも、ここ数年、いや、ここ10年でこれだけゴージャスなつくりはありません。たいていの大河は、カネはジャブジャブでも知恵はさっぱりだから。

アナ:なるほど。「いだてん」もまた、戦前の幻の東京五輪と戦後に実現した東京五輪、アスリートたちと5代目・古今亭志ん生というように、2つの要素が入り交じる凝った構成でした。林さん、「やすらぎの刻」にせよ「いだてん」にせよ、そういうのがお好きなんですね。

林:そういうのがお好きな方が少ないから、「いだてん」は大河史上最高レベルの大コケになったわけだし、「刻」の視聴率も「郷」のときほどじゃないらしいって話になるわけだけれど、確かに「いだてん」の場合、クドカン(宮藤官九郎)の脚本は大河向け、つまりは全国津々浦々の爺ちゃん婆ちゃん向けとしては凝りすぎで、本来は制作側が交通整理してやるべきだったとは思うね。志ん生のパートは切り捨てたほうが、まだわかりやすくはなったかもしれない。もったいないけど。

アナ:もったいない、ですか。やはり評価が高いですね、「いだてん」への。

林:実のところ大河「いだてん」に限らず、NHKのドラマには最近、「お!」と思う作品が多くて、2019年も「トクサツガガガ」(1〜3月・金曜・夜10時)とか「ゾンビが来たから人生見つめ直した件」(1〜3月・土曜・夜11時30分)とか「これは経費で落ちません!」(7〜9月・金曜・夜10時)とか、楽しませてもらいました。 ただね……。

アナ:ただ?

林:ドゥルルルルルルルルルルルルルッ!

アナ:おお!

林:2019年、全ドラマ通してのワースト1は……「いだてん」!

アナ:ワーストもあったんですね。しかも「いだてん」がベスト&ワースト、両方ですか。いったい、どういうわけで?

林:ドラマとしての出来はベストだとして、でも、作品の作られ方、制作のありようが最低・最悪のワーストでした。

アナ:それはまた、どういうわけで?

林:1940年のボツになった東京五輪や64年に盛り上がった東京五輪を「プロジェクト]」的に素晴らしいモノとして讃えることで、2020年の東京五輪も何か立派なモノのように見せかけようっていう企画の意図に反吐が出ます。トーキョー2020なんて、招致から会場づくりから人繰りから競技の運営からグッダグダのグッズグズのドッロドロなのにさ。

アナ:過去の東京オリンピックを素晴らしいモノとして讃えるという点では「いだてん」はよくできたドラマだったけれど、その根元にある制作意図が気に入らない、と。

林:そのとおり。最近、近所の子供たちが寄り集まっちゃ唄ってる「パプリカ」って歌だって、誰も頼んでないのにNHKが2020応援ソングなんて枠つくってダラダラダラダラ垂れ流してるでしょ? 全国の受信契約者のみなさまの中には、東京五輪の招致だ開催だに反対で、応援なんてできませんって人だって山ほどいるのに、なに好き勝手なことやってんだよ、という話。

アナ:あの歌をめぐる不愉快さと「いだてん」をめぐる不愉快さは同じということですね。


■無料で再放送せよ


林:もうひとつ不愉快なのは、そういう夜郎自大で手前勝手な企画に受信料、つまりは有無を言わさぬ放送血税をダバダバ注ぎ込んで、それで視聴率は史上最低で、でもおそらくは責任なんて誰も取らないこと。無理・無駄・無責任の権化みたいなプロジェクトという意味では、今度の東京オリンピックとよく似てる。

アナ:なるほど。

林:1年を振り返る企画で怒ってばかりじゃ申しわけないから、ひとつでも建設的な提案をするなら、今後「いだてん」はネットでいいから無料で見られるようにしたらどうだろ? 億単位で受信料を投げ入れて力作ができたのに、本放送で見た受信契約者は過去最少だなんて、それこそもったいなさすぎる。見逃した人たちがこの先も気軽に味わえるような環境をつくろうよ。

アナ:オンデマンド放送やブルーレイディスク、DVDなどは出てくるでしょう。

林:それ全部有料じゃん。「いだてん」にカネ払うなんて盗人に追い銭。巨額の放送血税を遣っておきながら史上最低の視聴率っていう大失敗、言ってみりゃ「プロジェクト×(ペケ)」をやらかしたつぐないとして、NHKはあの傑作を見逃した受信契約者に、身銭を切ってでもタダで見せるべきだよ。関連会社の内部留保はデカいし、渋谷の放送センター建て替えられるくらいのカネもあるんだから。

アナ:なんだか「NHKから国民を守る会」の政権放送みたいになってきました。

林:そもそもNHKが、著作権だ編集権だを振りかざすことからしておかしいんだよ。自称コーキョー放送が受信契約者のカネでつくった作品なんだから、放送終了後も契約者の好きに使わせなさいって。今はネットを使えばコストもたいしてかからないんだしさ。こうなったらもう、2020年には「NHKから非国民を守る党」でも立ち上げて……。

アナ:お話の途中ですが時間です。2019年・令和元年のTVドラマベスト&ワースト3、これにて失礼します。みなさん、よいお年を!

林:だいたい迷惑なんだよN国は。国営放送叩きを下品なビジネスに変えやがって……。

林操(はやし・みさお)
コラムニスト。1999〜2009年に「新潮45」で、2000年から「週刊新潮」で、テレビ評「見ずにすませるワイドショー」を連載。テレビの凋落や芸能界の実態についての認知度上昇により使命は果たしたとしてセミリタイア中。

週刊新潮WEB取材班編集

2019年12月31日 掲載

関連記事(外部サイト)