コラムニストが見た「グッとラック!」の初夢 志らく起用のナゾと後継番組の青写真

コラムニストが見た「グッとラック!」の初夢 志らく起用のナゾと後継番組の青写真

「ひるおび!」のコメンテーターとして名を売り、顔を売った噺家さん……ってことになってますが……

 昨年末には、年間ドラマのベスト&ワーストを寄稿いただいた林操氏。彼から年明け早々、新たな原稿が届いた。辛口コラムニストは、「グッとラック!」(TBS)の立川志らく(56)が気になっているようで……。

 ***

 こんな夢を見た。

 徹夜開けの朝方に仕事部屋を退がって居間へ来ると、TVがぼんやり点もっている。腕組をしてソファに坐っていると、和服ではない衣装を着た男が、うるさい声で「今日から始まりました新番組」と叫ぶ。たしかにTBSの朝ワイドである。ただ不思議なことには、いつの間にか「グッとラック!」が潰れて、男は志らくではなくなっている。自分が、あの番組はいつ潰れたのかい、と聞くと、なに昔からさ、と答えた。

 ……年明け早々から、漱石は「夢十夜」のリミックスで恐縮ながら、昨夜ワタシの見た初夢を枕に、立川志らくの「グッと」をめぐる一席、おつきあいのほどを。

 いや、あの番組がNGだって話は耳に入ってきてたんですよ、旧年中からいろいろ。ご存知のとおり、まず視聴率が最悪。去年の10月期にスタートして1週間も経たないうちに続けて3%を割ったとか、暮れの12月16日にはついに2%も下回って番組ワースト、おそらくはTBSの朝ワイド史上でも最低の1・6%を記録したとか、そういう不景気なネタならいくらでもあります。

 数字だけじゃありません。番組の中身だってツッコミどころ満載で、悪口言おうと思えばいくらでも言える。そもそも番組の看板にして寄席なら朝興業の主任とでも呼ぶべき志らくからして、朝のワイドショーの司会者としちゃ褒めるところが見当たらない。

 同じTBS系の昼ワイド「ひるおび!」のコメンテーターとして名を売り、顔を売った噺家さん……ってことになってますが、ワタシ個人に関する限り、「ひるおび!」で見る志らくについて、面白いこと言うねとか、いいコメントするなとか、感心したことが一度もない。

 どよんとした団栗眼(ドングリまなこ、と読んでください)を眼鏡で縁取った羽織姿のトッチャン坊やが、事件やら韓国やら野党やら安倍やら天災やらについて、またなんか了見の狭い一言居士(いちげんこじ)っぷりを斜め上から押し出してきてんな――。薄い印象を敢えて言葉にしてみたところで、こんな程度です。

 だもの、メインを張る「グッと」だって早けりゃ3月いっぱいで打ち切り、いやいやテコ入れは続けて、それでも駄目なら9月打ち切り……なんて噂も、去年のうちにもう聞き飽きてました。つまるところ、ワタシにとっちゃどうでもいい物件で、あの時間にTVが点いていてもチャンネルはTBS以外に合ってることが多いから、たとえこのまま打ち切られたとしても、無人島で樹が倒れる音を誰が聞くってのと同じくらい、縁遠い存在です。


■TBSの深謀遠慮?


 ただひとつ、頭の片隅にずっと引っかかっていた疑問があって、それは、あらかじめ予測された失敗へと、なぜTBSはわざわざ舵を切ったのか。前番組の「ビビット」を打ち切ることは、やっぱり3%台もあたりまえっていう低視聴率続きだったことを考えれば納得できるとして、でも、どうして後番組の「グッと」は準備不足の急ごしらえ、仮設住宅未満の掘っ建てバラックなのか。

 10月に番組が始まった段階で、こんなふうに首をひねっていて、でも深く考えることもなしに年を越したわけですが、年末の忘年会とか打ち上げとかで、またあれこれ噂を聞いたもんだから、それが材料になって謎の解ける仮説が脳の深いところで生まれて、元日夜の夢になって出てきたんだろうね。

 その仮説、夢想、あるいは妄想は、夢の中で訳知りの誰かがワタシに耳打ちしてくれたり、ワタシが誰かに偉そうに講釈垂れてたりしてたような記憶がありますが、いかにも夢の論理で、ちょっと込み入ってたゆえ、以下、箇条書きにて。

●「ビビット」が打ち切られた理由は低視聴率だけじゃなく、ジャニーズのTOKIO国分&オスカーの元ヅカ・真矢ミキっていうコンビのギャラの高さ。局としちゃ、数字は同じ3〜4%程度でもいいから、とにかく制作費を抑えられる番組に切り換えたかった。

●SMAP死亡→嵐危篤→ジャニーさん薨去(こうきょ)という流れ(その間に山口事件によるTOKIO衰弱ってのもあった)によるジャニーズ弱体化で、国分リストラという難題のハードルが下がった。

●とはいえ、後番組・後任MCはジャニーズ側からクレームの出にくいものにしたい。

 ……となれば、志らくに白羽の矢が立ったのは非常に合理的。若くもなければイケメンでもなく、歌もやらなきゃドラマもやらず、司会だって素人同然だから、ジャニタレと競合せず、脅威にならず、しかも、ただのお笑い・芸人じゃなく文化人枠に収まってるような気配もあるからから、ギャラだってお得で、局側・ギョーカイ側の都合からすりゃ理想的なキャスティングってことになる。

 志らくのマネジメントを担当してるのがナベプロだってのも、局側したらありがたいところ。老舗かつ大手の渡辺プロダクション方面には、さすがのジャニーズも文句はつけにくいし、そもそも故ジャニーさんは元々ナベプロのマネージャー上がりなんて経緯もある。

 そもそも、去年のうちにデイリー新潮に出てたとおり、「グッとラック!」はメイン司会の志らくだけじゃなく、コメンテーターにまでナベプロ配下が目立つ“ナベプロ物件”で、TBSの朝ワイドという枠の基盤がジャニーズからナベプロに移ったと考えてもいいくらい。国分≒ジャニーズにバイバイするなら今しかねぇ!と急ぐTBSが、ナベプロに丸投げ……とまでは言わないにせよ、相当オンブにダッコでひねり出したのがあの番組だと考えてみりゃ、いろいろ腑に落ちます。


■「はなまるマーケット」復活!?


 そしてワタシの初夢はさらに続いて……

●そもそも「グッとラック」は、永続長寿を目指した企画ではなく、次の本格的な朝ワイドが立ち上がるまでのつなぎ。

●その「次」でもMCを送り出すのはナベプロで、でも、それは志らくよりもっと顔の売れたタレント。

 だって、おかしな話だったんですよ、朝ワイドに志らくって人選。NHKの博多華丸・大吉、日テレ系の極楽・加藤は大吉本の主力商品だし、テレ朝系の羽鳥慎一も事務所はバーニング系だと言われる元局アナ。フジ系「とくダネ!」が長い小倉智昭だって所属していた大橋巨船事務所(オーケープロダクション)は弱小プロダクションじゃないし、羽鳥同様、MC起用前から声も顔も世に知られてた。
 
 朝ワイドのMCは、TVで顔が売れてるタレント、かつ所属の事務所が大手──っていう2大条件のうち、志らくに当てはまるのは事務所のほうだけ。それでTBSが高視聴率を期待してたとは思えないし、ナベプロだってただ志らくに傷がついて終わりなんてオファーを漫然と受けるとは思えない。「次」があってこその番組であり、キャスティングであり。わざわざ夢で見なくとも、そう考えたほうが大人同士の取引として自然でしょう。

 で、ワタシが初夢で見た「グッと」の後のTBSの朝ワイド、憶えてる限りで言えば、司会の男はハライチの澤部に似てたような気もすれば、ホンジャマカの石塚だったような気もするし、隣には中川翔子あるいは新婚のイモトが立ってたような記憶もある。いや、むしろ番組のメインはイモト似の誰かで、澤部だか石塚だかはむしろサブだったっけな。

 あれ志らく師匠もご意見番として残ってるぞとか、やっぱ秋元康系薄利多売グループの元メンバーっぽいおねえちゃんが混入してるぞとか、他にも残像はいくつか脳裏にあるんですが、一番強く印象に残ってるのは、そういう人また人の顔じゃなく、実は番組の内容。超不景気を乗り切る家計のやりくり術を特集してて、つまりは「グッと」の後番組、ワタシの夢の中じゃもはやワイドショーではなく、「はなまるマーケット」以来久々に復活の生活情報番組だったんです。

 オウムビデオ問題がバレて半ば身内の筑紫哲也に「死んだも同然」判定を下されて一度はワイドショーから撤退したTBSですが、いつのまにやらなし崩しで、朝、昼、午後とワイドショー三昧。とはいえ「ゴゴスマ」は名古屋のCBC制作だし、「ひるおび!」は司会のホンジャマカ恵以下ナベプロタレントが揃ったナベプロ物件で、「グッと」も左に同じと、まったくやる気を感じません。

 一方、朝の生活情報モノのくせに、ハード&シリアスなテーマにも切り込んで人気を集め、先行してた「はなまる」を潰したNHKの民業圧迫番組「あさイチ」は、司会の交代(ジャニーズから吉本へ)以来どうも元気がなくて、こりゃTBSにとっちゃ元祖再興・後追い駆逐の倍返しのチャンス。ワタシゃちょっと期待してますよ、初夢が正夢になること。

 え? 志らく? だから羽織姿のままご意見番として、そうだ、ほら、映画紹介コーナーでも担当してもらえばいいじゃないですか。師匠、昔っから映画のほうが大好きなんだから。

林操(はやし・みさお)
コラムニスト。1999〜2009年に「新潮45」で、2000年から「週刊新潮」で、テレビ評「見ずにすませるワイドショー」を連載。テレビの凋落や芸能界の実態についての認知度上昇により使命は果たしたとしてセミリタイア中。

週刊新潮WEB取材班編集

2020年1月2日 掲載

関連記事(外部サイト)