40年DV「清水章吾」の自殺未遂騒動 愛犬への“遺書”も

清水章吾が家族へ『40年DV』報道 ハルマンさんが清水の愛犬への『遺書』を語る

記事まとめ

  • アイフルのCMでブレイクした清水章吾による家族への『40年DV』が、報じられている
  • 清水は自殺未遂を起こした時、愛犬に『遺書』を綴っていたと、ハルマンさんは語る
  • また、ハルマンさんは、清水が自殺未遂から生還してすぐに金の無心をしてきたとも話す

40年DV「清水章吾」の自殺未遂騒動 愛犬への“遺書”も

40年DV「清水章吾」の自殺未遂騒動 愛犬への“遺書”も

どうした!?

 かつて、かわいいチワワと共にアイフルのCMでブレイクした俳優・清水章吾(76)の40年DVは凄絶だった。その模様を本誌(「週刊新潮」)が報じた後、テレビクルーが「どうする? 清水」とばかりに本人を訪ねると、そこには驚愕の光景が広がっていた。

 ***

 まずは本誌の報道を振り返ってみよう。

 40年前、元モデルでドイツ人の父を持つハルマンさん(69)と結婚した清水は、ハルマンさんの連れ子だった絹子さん(45)に対し長年にわたって“暴力”を振るっていた。

 真冬に水風呂に入れる、食事の時は床で残飯を食べさせる、良い成績をとったテストや賞をとった絵をビリビリに破く、学習机の引き出しで殴る――。俄かには信じがたい暴虐の数々だが、当の絹子さんは本誌の取材に、

「小学2年生で遺書を書いて家出をし、中学3年で首を吊って自殺未遂をした」

 そう涙ながらに語った。また、ハルマンさんに対しても「ぶっ殺すぞ」と言って暴れ、警察沙汰になってしまうこともあったという。

 結果、昨年の11月に離婚が成立。しかし、当の清水は金がないと言うばかりで、母娘の住む自宅から出ていこうとしなかった。そんな状況に置かれたハルマンさんが重い口を開き、ようやく世に知られることになったわけだ。

 その様子を掲載した本誌が発売された昨年12月25日、さるキー局のテレビクルーが清水を取材しに訪れた。クルーの数は10人以上だった。

 ハルマンさんが再び語る。

「夕方にワイドショーのスタッフさんがこの件について自宅へ取材に来ていました。ところが、家にいるはずの本人の携帯にかけても、呼び鈴を鳴らしても出てこないというので、仕方なく私が部屋へ行くことになったのです」

 清水の部屋は自宅の2階にある。目の前まで行くと、部屋の扉は少し開いていて、電気は消えていた。

「ドアを開けると、般若心経のようなお経が部屋の中で流れていて、ベッドに章吾が横たわっているのが見えました。布団は腰までかかっていて仰向けの状態。胸のあたりで右手に封筒と『空海の心』という本を抱えており、その本の表紙には遺書らしき言葉が手書きで綴られていたのです」(同)


■いびきをかいて


 遺書は清水が飼うチワワ、ならぬポメラニアンの愛犬、ポエムちゃんへのメッセージで、

〈ポエちゃん 上で待つ!! 私の最期は淋しく苦いものでした ファンの皆様ありがとう!!〉

 という内容だった。さらに、清水の意識がなかったことから、ハルマンさんは慌てて家族とテレビクルーを呼び寄せ、警察と救急に通報。救急車で清水は搬送され、ハルマンさんらは警察から経緯を聴取されることとなった。後に睡眠導入剤のハルシオンを約20錠服用し、自殺を図ったと警察の説明を受ける。幸い、命に別状はなかったのだが、

「2回目ですからね、かまってほしい、という彼のパフォーマンスですよ」

 ハルマンさんはそう語り、突き放す。

「2013年に美輪明宏さんの舞台への出演を“稽古に行きたくない”とドタキャンしたことがあったんです。さすがに美輪さんに詫びを入れようと章吾がファックスを流したら、美輪さんの名前の漢字を間違えてしまった。これにはさすがに本人も青くなり、自殺を図りました。その時も服用したのはハルシオン。10錠飲んだのですが、発見時にはいびきをかいて寝ていただけで、病院の医者にも呆れられていました」

 今回の場合、ワイドショーでの放送は結果的にお蔵入りとなり、この自殺未遂が彼らを撃退する格好となった。だからというわけではないだろうが、

「翌日には回復し、病院の食事もパクパク食べているらしいです。さらにショートメッセージで“お金、お金、今必要です”と送られてきました。実は、自殺未遂の時に章吾が抱えていた封筒には、自宅を出てもらうため私が渡した10万円が入っていました。それが未遂後に私の手元に戻ってきたので、返してほしいと言っているのです」(同)

 生還して、すぐさま金の無心とは。俳優だけに“演技”だったのか、と疑われても仕方あるまい。

 医学博士の中原英臣氏によれば、

「太宰治の時代と違って、いまの睡眠導入剤は、自殺に使えるものではありません。複数の薬を強いお酒で呷(あお)らない限り、オーバードーズ(過剰摂取)では死ねないのです。ハルシオン20錠では難しいでしょう」

 再びハルマンさんの談。

「本人からは“今でも愛しています”と連絡が来ました。章吾が私たちにこれまで何をしてきたのか、すっかり忘れてしまったのでしょうか」

 騒動を起こしても尚、CM同様「どうする?」という問いを突き付けられている清水なのだった。

「週刊新潮」2020年1月16日号 掲載

関連記事(外部サイト)