芸歴50年「桂文珍」が笑いに変える「吉本騒動」

芸歴50年「桂文珍」が笑いに変える「吉本騒動」

桂文珍

 上方落語の大看板・桂文珍(71)は2020年2月から、東京・国立劇場で独演会を敢行する(https://bunchin2020.jp)。多彩なゲストを招き、のべ3万2千人に笑いを届ける大看板は吉本興業に所属して半世紀。19年に世間の耳目を大いに集めた騒動にも言及し、笑いに変えるのだった。

 芸歴50年を迎えた上方落語の大看板は、

「どうも、ビートたけしでございますぅ」

 と笑いながら現れた。

“魔性の女”とかかわりあって以降の“殿”のご乱心ぶりを本誌(「週刊新潮」)が追いかけてきたことにひっかけたものだ。

 それはさておき、近く予定される20日間でのべ3万2千人、空前にして絶後と思われる独演会について、

「10年前に10日間の独演会をやって、もう二度とやりたくないと思っていたんですが、5年ほど経ったらやっぱりまたやりたいなぁと、それに同じ10日やとおもろないしなぁと。来年(2020年)はオリンピックの年。パラリンピックも含めて、お喋りのアスリートとして何か発表できる機会があればと思っていたところ、国立劇場のそれも大劇場が20日間貸してくださるということで。『2020』に『20』。40本の話を一気呵成に、豪華なゲストと共にという独演会です」

 20年の2月28日から始まって6日間の中休みを挟み3月24日までで1日2演目、合計40演目。笑福亭鶴瓶、立川志の輔、桂文枝、春風亭小朝、三遊亭円楽ら、日本を代表し、“金髪豚野郎”とか“8年愛人”などと騒がれ、そんなこんなを芸の肥やしとした落語家・講談師20人が華を添える。

「自分にないものをお持ちの方に出て頂いております。(立川)談春さんなんかは“わざわざお願いしに来ないでください、私の方から行きますから”と言っておりました。(林家)木久扇師匠なんか大先輩ですし、ウチの兄弟子(文枝)にも快く出てもらいますし、光の当たっていなかった講談の世界を光らせている神田松之丞さんとか、私は全員聞けますから楽しみですわ。落語協会とか芸術協会とか立川流とか三遊派とか講談界とか、ぼーっとしているように見えてバランスを取って選んでおります」

 自身の噺の見どころ、聞きどころを尋ねると、

「どれもこれもなんですが、(5日目の)『帯久(おびきゅう)』、(15日目の)『不思議の五圓』なんかがそうでしょうか。後味のいいような結末になっていたり、ちょっと今風に演出してあったりしますんで、気持ちよく笑って心地よい時間を過ごしてもらえると思います。また、落語は得てして女性の“ガラスの天井”を扱うような話が多いんですね。例えば女性の気持ちを無視して嫁に行かせるとか、女性をモノのように扱う男のワガママな部分とか。今の時代、そういうことに耐えられないというメッセージも各方面からありますから、それを汲み取りましてね。そうでなければ、お客様に来て頂けない(笑)」

 明暗分かれる2軒の呉服屋に大岡裁きが下る「帯久」。三代目桂米朝が発掘した「持参金」に、“ガラスの天井”を取っ払う要素を加えた「不思議の五圓」。では、“ちょっと今風”とは?

「(千秋楽の)『スマホでイタコ』は6Gの時代設定で、アプリがいっぱいありまして、『反社を見つけるアプリ』に『申告漏れをしないアプリ』と、弊社のコンプライアンスに沿うような内容のもの、今の時代に合うものが取り揃えられておりまして……」

 19年、上を下への騒ぎとなった吉本興業の闇営業問題や所属芸人・チュートリアル徳井義実の申告漏れがすでにネタとして盛り込まれている。

 また、“あの世”にいる六代目笑福亭松鶴、三代目桂米朝、三代目桂春団治、五代目桂文枝の4人が、19年7月に亡くなったジャニー喜多川氏のもとで「亡者(もうじゃ)ニーズ」を結成させられるという。

 イラストレーターの山藤章二氏は文珍の落語を「バリアフリー」と評した。初心者と落語フリーク、古典と新作などの格差を文珍は軽く越えていくというわけで、この独演会もその面目躍如だろう。

「落語の入り口って敷居高くないですよ、面白いですよとやることで、世代を超え、男女問わず楽しんでいただけるようなアレンジをしたい。45年間ほど契約をして頂いていますから、吉本さんと。契約の話になったら『さん』が付きましたが(笑)。書面を交わして署名してハンコ押して」

 契約といえば、会社側と契約書を取り交わしていない所属タレントもいることが騒がれた年でもあった。

「タレントが6千人もおって、(全員と)そんなんしてたら会社潰れますやん」


■前に落とす奴が…


 1969年10月に当時の三代目桂小文枝に入門した。

「50年もおるとね、この会社のほとんどの社員さん、社長・会長も含めて年下なんですよ。大崎君(洋・会長)と呼んでいたのが大崎さんになっちゃって。いつ呼び方を変えるかは難しいですよね」

 大学での講義に情報番組のMC。抱えるレギュラー番組は20本近くにも。落語家として他のエリアに打って出るという意味でも、文珍はバリアフリーだった。

「いつも仕事に追われ、次のネタを……というような、あっという間の50年でした。色々しましたね。あんまり後ろ振り向いても恥ずかしいことで、“青春とはある時期のことを言うんやなくて心のありようや”と言うた人がいますが、まさに落語というものに青春してるって感じです。朝は5時半に起床。噺家はそんな時間に起きるもんやないと言われてきたんですがね。体を動かして、整えてから家内に出会う。寝起きを襲われるのはヤバいですから(笑)。朝ごはんを食べ、昼間は劇場に出かけます。ベースはなんばグランド花月です。あそこにはアウェーの感じがあって、つまり、“漫才と新喜劇の中になんで落語がおんねん”という空気です」

 とはいえ、

「この歳になりますとお客様が待ってくださっている感じもありますね」

 夜は自然と早く眠くなる。

「昔は何時まででもダラダラ飲んでたんです。終電だったり、もう電車なかったりとか。車両の中見渡すと、俺が一番年寄りやなぁってことがあって、それはショックやなぁということがあります」

 電車?

「乗りますよ。それでねぇ、ウチの弟子なんかと一緒に行動するんですけど、小汚い恰好してるんですよね、ジーパンの破れたやつ穿いていて。その日はハロウィンで、頭にナイフ刺したように見える恰好だったり、血の滴ったゾンビメイクしたお嬢さんたちも乗っていて、“オジサンたちもハロウィンですか?”って聞かれて、お互いに見つめ合ったら、あぁそう見えるわなぁと」

 弟子は4人。芸もさることながら社会のルールについても指導を“徹底”しているようで、

「“お前ちゃんと税金を申告してるかい? ちょっと売れたからって得意(徳井)になってないかい?”と聞くと、“いや、ちゃんと申告してますよ。しないとアレが返ってこないんです”“何がや?”“ほれ、かぼちゃ、パンプキン、いやいやカンプキン、還付金が”“お前ね、そんな面白いことをどうして落語に入れられないの?”って遊んでます(笑)」

 その弟子はなかなか売れなくて困っているようで、

「こないだも携帯止められてね。電話かけたら“お客様の都合で〜”となる。“お前ね、お客様の都合で〜って言ってたよ”“それが腹立つんですよ”“何がや、お前が金を払わへんからやないか”“違う、私の都合じゃないんですよ。あれは電話会社の都合で止めてるんですわ”と。“なるほどなぁ〜そういう考え方もあるわなぁ”。そういったやりとりを噺の中に放り込むとおもろなりますわね」

 あたかも高座を見ているようにトークは転がり、

「19年といえばラグビー日本代表。あの、あんまり笑わない、稲垣(啓太)さんですよね、あの人笑わしたいなぁと思てるんです。ラグビーはボールを前に落としたらダメなんでしょ? 落語家でも慌てるとオチの前に自分で噛んだりします。ウチの弟子見てたら、前に(ボールを)落とす奴がいっぱいおってね」


■“ほんの5時間半ほど”


 吉本を巡る動向そのものが落語のような展開になり、それこそボールを前に落とす反則が続出したように映る19年。

 反社の会合に出席し、金銭を受け取っていた件で会見を開いて謝罪した宮迫博之(雨上がり決死隊)と田村亮(ロンドンブーツ1号2号)。彼らに「会見したら、お前ら全員クビ」と圧力をかけていたとされる件で、頭を下げ続けた岡本昭彦社長の「5時間半会見」。これらをどんな風に見ていたのか?

「もうちょっと時期がズレて、大みそかの紅白の裏にぶつけるってことができたらおもろかったんですがね。宮迫と田村の会見を18時台にぶつけて、岡本社長で年を越すっていうね(笑)。社長の会見がYouTubeにアップしてありまして、あんな長い間YouTube見たん初めてでしたけど、よく頑張らはりましたよね。社長がアメフトで鍛えた体力ですわ。見方はいろいろあるでしょうけど、感心しました。なんばグランド花月では、“そんな長い時間話しません、ほんの5時間半ほど”なんて言うと、皆さん笑われてますね」

 そして、

「むかし芸人は人扱いされてませんでしたから」

 と続ける。

「何でもよかったんですが、今はそうはいかない。リアルはちゃっかりして、うっかりはフィクションの中で、ということになります。社会からはみ出してるくらいの奴がホントは面白いんですがね。聞かず嫌いの方もいらっしゃいますけど、落語ほど身体に優しい芸能はないです。目瞑って聞いて頂いても世界が描けるし、寝てもらってもいいですし。SNSでのやりとりもあって生きづらい、苦しい時代なんですけど、それを笑い飛ばしましょうというのがフィクションの魅力です。そうやって笑いながら死ねたらいいですけどね。三途の川渡るときにキャッシュレスやとどうなのかとか。“こいつ偉そうにしてますけど、お金持ってませんよ”“ビットコインやったら払えるのか、リブラやったら?”みたいなことで(11日目の)『地獄八景亡者戯(ばっけいもうじゃのたわむれ)』をやってみたりとかね」

 サバに当たって死んだ主人公の地獄の珍道中を辿る三代目米朝の代名詞「地獄八景〜」が“ちょっと今風”に楽しめる。口にした言葉は常に噺と繋がっていき、ネタと向き合ってきた50年を思わせる。

「働き方改革って言いますけど、働き甲斐があるってことが大事ちゃうかなと、思てまんねやわ」

“落語に青春”は続いている。

「週刊新潮」2020年1月2・9日号 掲載

関連記事(外部サイト)