沢村一樹「絶対零度」に何かが足りない 「上戸彩」が消えて寂しいという声

沢村一樹「絶対零度」に何かが足りない 「上戸彩」が消えて寂しいという声

上戸彩

 フジテレビの月9「絶対零度」シーズン4(〜未然犯罪潜入捜査〜)の視聴率は、初回10・6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区:以下同)、第2話10・7%と、なんとか2桁を保っている。ストーリーはしっかりしているし、沢村一樹(52)の豹変ぶりも悪くない、本田翼(27)も可愛い……だけどなんだか、物足りない。そう、上戸彩(34)がいないのだ。

 ***

 ご存知ない方のために簡単に説明すると、そもそも「絶対零度」の主役は上戸だった。シーズン1「〜未解決事件特命捜査〜」(2010年4〜9月、平均視聴率14・4%)では、彼女の演じる新人刑事・桜木泉が“未解決事件特命捜査対策室”で成長していく姿を描いた。ちなみに上戸の上司は、ソフトバンクのCMでは親子を演じる北大路欣也(76)だった(CMでは犬の声)。

 シーズン2「〜特殊犯罪潜入捜査〜」(11年7〜9月、平均視聴率13・1%)では、“特殊犯罪捜査対策室”に配属された泉が、潜入捜査を学びつつ事件解決に奔走していた。

 だが、前作シーズン3「〜未然犯罪潜入捜査〜」(18年7〜9月、平均視聴率10・6%)で、ビッグデータとAIにより犯罪を未然に防ぐことを目的にした“未然犯罪捜査班”が舞台となり、その班長である沢村が主役となったのである。ただし、前作ではまだ、上戸の姿があった。《特別出演》として……。なお、北大路の出演も激減した。

 そして今作では、とうとう上戸を見ることはなくなったのである。これについては、「週刊新潮」(19年8月12日号)で、「フジ『絶対零度』シーズン4にも『上戸彩』の主演は絶対0%」と報じている。昨年7月に第2子を出産したばかりの上戸、子育てを優先してオファーを断ったというものだった。だが、“主演”どころか“出演”までなくなるなんて……。民放プロデューサーは言う。

「確かに子育て優先というのは彼女の希望でしょう。しかし、それでもシーズン3のように、特別出演なら可能なはずですよ。出産後は仕事量をセーブしているとはいえ、昨年末に生放送された『M−1グランプリ』(ABCテレビ制作/テレビ朝日系)では、例年通りMCを務めていましたからね」

 ネット上では、いまだに上戸の復活を望む声は多い。それでも彼女を起用しなかったのはなぜなのか。


■タレントありきのフジとタレントのいないオスカー


「前作で、放送枠を月9にし、沢村を主役に替えて、ほとんど上戸抜きにしたわけですが、それでもそこそこの数字が取れた。なにせ、その頃の月9と言えば、ボロボロの状態でしたからね。フジは久しぶりに平均2桁を取れたことで、上戸なしでもいけると自信を持ったんだと思います。さらに、上戸が所属するオスカープロモーションとの関係がギクシャクしているとも聞きます」(同・民放プロデューサー)

 一体どういうことなのか。

「もともとフジのドラマ部は、かつての威光を笠に着た、居丈高な態度が評判が悪いんです。だからトラブルも多いんですよ。最近では『海猿』の原作者を怒らせて、絶縁宣言されてしまい、映画4本も撮ったのに続編が作れていません。竹野内豊(49)にも月9をドタキャンされましたね。タレントありきでスケジュールだけ押さえて、ろくな企画が出てこなかったのが原因と言われています。ちょうどその頃が、月9が最低だった頃です。竹野内の代わりに持ってきた西内まりや(26)で撮ったのが『突然ですが、明日結婚します』(17年1〜3月)でした。彼女は留学予定だったにもかかわらず、事務所に頼み込んで起用したものの、平均視聴率6・7%と大惨敗。西内はその後、事務所社長ビンタ事件で、事務所を去ることに……」(同・民放プロデューサー)

 色々あるものだ。一方、オスカーはといえば、

「こちらも全日本国民的美少女コンテストを開催する“美の殿堂”を標榜し、バーターのゴリ押しで名高い事務所です。美女タレントを数多く抱え、昨年の『ドクターX』(テレビ朝日)にも河北麻友子(28)が出演していたように、米倉涼子(44)などの主役に所属タレントをバーターで持ちかけるのを得意としていました。しかし、そのパワーが落ちているんです。米倉はいまやテレ朝専属のようになっていますし、上戸も主演となると難しい。武井咲(26)も18年に出産したばかり。剛力彩芽(27)はZOZO失恋でそれどころじゃない、ようやく芽が出てきた高橋ひかる(18)は体調不良(註:ようやく復帰宣言)……と有名どころが使えない上に、バーターでくっつける若手が育っていない。上手く回っているのは岡田結実(19)や藤田ニコル(21)などのバラエティ班。それに嫌気がさしたのか、マネージャーの流出も収まらない状態です。ですから、バターどころか、主役級の提案もできないという状況です。その相手がタレントありきのフジとなっては、うまくいくはずもないでしょう」(同・民放プロデューサー)

“上戸ロス”はまだまだ続く?

週刊新潮WEB取材班

2020年1月20日 掲載

関連記事(外部サイト)