田中みな実や加藤紗里も「脈アリ」か? 前澤友作「人生のパートナー」 募集条件にチラつく元カノ・紗栄子の影

田中みな実や加藤紗里も「脈アリ」か? 前澤友作「人生のパートナー」 募集条件にチラつく元カノ・紗栄子の影

前澤友作氏

 前澤友作社長、月旅行に一緒に行ってくれる「人生のパートナー」を探すお見合い番組に出演へ。「妻」とは言わず「人生のパートナー」という言い方をしているところが、社会的契約としての「結婚」は約束しないというけん制にも見えるのは深読みしすぎだろうか。お相手に求める条件は「20歳以上の独身女性」「いつも明るく笑ってポジティブな方」「宇宙渡航およびその準備に参加する興味のある方」など。ひとつ興味深いのが「前澤にしっかり意見できる方」とある。ここに私は元カノ・紗栄子の影を見てしまう。

 真偽のほどはわからないが、婚外子はいても結婚に踏み切らなかった前澤氏が「結婚も考えた」とされた紗栄子。そしてまさに彼女に惹かれたきっかけは、初対面でも物怖じせずズバズバと言う態度だったという。剛力彩芽と交際時は結婚のけの字も出なかったが、その差はおそらく「ビジネスになるなら炎上も辞さない覚悟があるかどうか」という強さに尽きるのではないだろうか。

 当時、紗栄子が前澤氏との交際がオープンになったのは、プライベートジェット内で微笑むツーショットをSNSにアップしたことがきっかけだった。金持ちアピールが過ぎるイタいカップルと言われながらも、大きな話題を呼んだのは確かだ。紗栄子もタレント業のかたわら実業家としても名を成しており、色恋も炎上も宣伝に利用できるなら利用する、と割り切れるビジネス勘が備わっていたのかもしれない。そして彼らの一挙手一投足は、炎上を招きながらも、同時に注目を浴び続けることにも成功した。

 一方、剛力はどうにも純粋すぎて、「みんな批判するけど彼はいい人で、私はただそんな彼が大好きなだけ」と、世間の共感や理解を求めていた気がする。しかしその結果、彼女は多くの仕事を失った。

 当の前澤氏の優先順位は、一貫して恋愛よりビジネス。そして月旅行だ。自分の名前が大きく宣伝され、話題をさらい続けることが何より大切。そんな男が求めるのは、健気さより知名度と話題性だろう。自分との公開恋愛で批判される剛力を、隠すどころか「俺のオンナ」と言わんばかりに見せつけ続けていた。ヤフーによるTOBのニュースが流れた時には破局後だというのに剛力との写真を使ってツイートしたほどだ。

 だからこそ今回の「人生のパートナー」には、紗栄子ばりの強さが求められる。ビジネスと割り切って世間にケンカを売れる強さ。あるいは、アンチの多い前澤氏に「しっかり意見を」して派手なプロレスを繰り広げてくれる強さ。そう思うと、2人の有名タレントが頭に浮かぶ。


■意外とお似合い? 紗栄子に近いビジネス勘を持つ田中みな実と加藤紗里


 一人は田中みな実である。年始の「サンジャポ」対談で、前澤氏の結婚観をぴしゃりとやりこめていた彼女。終始冷淡な態度を貫き、月旅行も興味ないと切って捨てていた。でも塩対応とも言える田中の態度に、前澤氏は笑顔を崩さない。アンチが多い自分の立ち位置を分かっていればこそ、テレビの前でケンカをふっかけて話題にしてくれる女性はありがたいだろう。とはいえ終盤には、ツッコミついでにお得意のボディタッチを田中が繰り出す部分もあり、ビジネスプロレスとしては上々という印象を受けた。月旅行にしろ美容にしろ、どちらも自分の経済力を武器に理想を追い求める共通点もある。そしてぶりっこキャラを貫き、「肘ブラ」写真からのしあがった田中には、紗栄子のかつての「炎上商法」に通じるしたたかさと根性も感じる。前澤氏にとっても、いま大人気の田中と付き合うなら話題性も好感度も得られるチャンスだろう。

 もう一人は加藤紗里である。狩野英孝の恋人として出てきたB級タレントだったが、いまや元カレをしのぐ「炎上」キャラぶり。スピード離婚を発表し、3カ月で1億円を貢がせたと赤裸々に語った時は批判が殺到した。でも本人はどこ吹く風、すでにリッチな恋人も複数いるという。最低でも月に1千万円は自分に使ってほしい、お金で愛は買えると豪語する彼女、つい先日は妊娠発表まで飛び出し世間の話題をさらった。

 でも前澤氏なら、1千億円を記帳できる経済力の点で彼女のお眼鏡にかなう。そして彼女もまた、賛否両論あれど紗栄子ばりのビジネス勘があるのではないか。アンチを増やして話題をふりまくやり方は、前澤氏と近しい気もする。面の皮の厚さもハングリー精神も、相当なものである。

 前澤氏が最終的に、どんな女性を月旅行に連れて行くかはまだわからない。月に行った女性といえば、かぐや姫の物語を思い出す。自分に求婚してきた男性に無理難題をふっかけ、でも最後には一人で月へ帰ったお姫様。彼女もまた、駆け引き上手でタフな女性だったのだろう。前澤氏の「パートナー」の座をめぐって国内外から3万人近く応募があったというが、第二の紗栄子、現代のかぐや姫は果たしているのか。いずれにせよ、月並みな女ではないことは確かだろう。

(冨士海ネコ)

2020年1月21日 掲載

関連記事(外部サイト)