日テレ「衝撃のアノ人に会ってみた!」が終了へ 最大の原因はチュート「徳井義実」

日テレ「衝撃のアノ人に会ってみた!」が終了へ 最大の原因はチュート「徳井義実」

チュートリアルの徳井義実

 闇営業問題での謹慎が解けたロンブー“2号”の田村亮(48)には、仕事のオファーが殺到しているとか。一方、宮迫博之(49)は明石家さんま(64)の力添えがあったにもかかわらず、吉本興業から契約を解消されたままだ。そしてもう一人、税金の申告漏れと所得隠しの徳井義実(44)もまた、復帰の目途は立っていない。それどころか、“出演見合わせ”のまま継続されてきた番組が打ち切りに。この差はどこから来るのだろうか。

 ***

 不祥事を起こした芸人としては同じはずだが、「宮迫と徳井に対する吉本の対応は真逆」と言うのは、民放プロデューサーだ。

「宮迫に対する吉本の怒りは、いまだに収まっていません。彼らの闇営業問題は、そもそも宮迫のウソがなければ、あれほど大きな問題にはなりませんでした。所属タレントの加藤浩次(50)の反乱なども起こり、対応も後手後手に回って、会社としてのイメージダウンも甚だしかった。だから、今年1月の舞台で彼を復帰させようとしていた、さんまさんも、突破口が見いだせないままです」

 後手後手の対応は、徳井の時も同じだったような気がするが、

「徳井の時は、吉本は早々に“謹慎や番組降板は全然ない”と断言したほどでした。結局、思いのほか世間からの批判が大きくなったことから、やむなく芸能活動自粛にせざるを得なくなったんです」

 それはそうだろう。当初は、徳井の個人会社が16〜18年まで3年間の所得1億1800万円が無申告だったと報じられた。その原因として徳井は、「想像を絶するだらしなさ」と語っていた。しかし、その後、個人会社の設立以来、法人税を期限内に申告したことすらなく、税務署からの指摘がなければ納税しなかった。銀行預金を差し押さえられたこともあったことや、社会保険にも未加入だったことも発覚。まさに想像を絶する悪質さが浮き彫りとなったのだ。

「それでも吉本は、彼をなるべく早く復帰させようと奔走していたのです。その結果、彼が番組MCを務めるレギュラー番組に関してテレビ局と掛け合い、吉本所属のタレントがピンチヒッターを務める形でほとんどの番組が継続することが実現できた」(同)

 彼がレギュラーを務めた在京キー局の番組は9本あったが、いずれも現在も放送中だ。

「例えば、TBSの『人生最高レストラン』は、加藤浩次がMCを務めています。吉本としては、闇営業問題では“加藤の乱”と呼ばれたほど猛烈に会社を批判した加藤をMCに据えることで、和解することもできた。あとは徳井復帰まで番組を続けてもらい、頃合いのいい時に元に戻すというのが、吉本も腹づもりだったと思いますが……」(同)

 だが、世の中、そうは甘くない。

「徳井がMCを務めていた日テレのバラエティ『衝撃のアノ人に会ってみた!』が、3月いっぱいで終了することになりました。元々、スペシャル番組として放送されて人気となり、昨年4月にゴールデンに昇格したばかり。レギュラー当初は数字も上がらなかったのですが、人気スポーツ選手やラグビー日本代表などを中心にキャスティングすることで、視聴率も安定していた。徳井が活動自粛したあとも、高視聴率を維持していました。改編対象にはならないと思われていたのですが……」(同)


■日テレに切る気はなかった


 デイリー新潮は「徳井義実をバッサリ斬ったTBSと“最大限配慮”の日テレ この差はなぜ生まれたか」(11月6日配信)で、当時、日テレが、徳井を切ると言い切れなかったのは、吉本芸人に頼りすぎているためと報じた。

「確かにそうなんです。『衝撃のアノ人に会ってみた!』は、徳井の自粛後も同じ吉本の霜降り明星が穴を埋めていました。日テレだって番組を継続する気でいたはずです」(同)

 では、なぜ?

「番組スポンサーが、企業のイメージダウンを恐れたようです。一般の人にとっては、税金の無申告、つまり不払いは、芸人の闇営業よりもダークなイメージを持ちます。何より、売れっ子芸人は収入が桁違いに多いにもかかわらず、国民の義務である納税を怠っていたわけですから、あれだけ非難された。スポンサーに嫌がられては、テレビ局も従わざるを得ません」(同)

 ならば、徳井の復帰はいつになるだろうか。

「なかなか難しいかもしれません。過去に同じような芸人がいたことを思い出しませんか。次長課長の河本準一(44)です。息子に十分な収入があるにもかかわらず、母親が生活保護を受けていたという不正受給問題です」(同)

 今から8年前、12年のことだ。

「いまだに彼は、地上波に出演する機会は少ない。8年が過ぎても、彼はテレビに出演すると、視聴者から多くのクレームが寄せられるんです。そうなると、バラエティ班も彼をキャスティングしにくい。そう思うと、徳井が出ていた番組も少しずつ減っていくのかもしれませんね」(同)

 やはり金、それも税金に繋がる不正は許されないということか。

「ウソをついたことも関係あるでしょう。河本も不正受給に対して『母とは何年も会っていない』というウソがばれて、さらに問題は大きくなった。徳井も謝罪の時よりも、もっと悪質だったことがバレて炎上した。闇営業の宮迫だって、最初に『金はもらっていない』と答え、それを芸人仲間に押しつけたことが問題を大きくしてしまったんです。そういえば、板東さんもそうでしたね」(同)

 元プロ野球選手の板東英二(79)がタレントとして大活躍していた最中、所得隠し問題が発覚したのは河本と同じ、12年のことだった。

「実業家としても活躍した板東さんは、所得隠しを含めた申告漏れの総額が約7500万円と指摘され、修正申告と追徴税の支払いを済ませた。それでは世間は許さず、多くのレギュラー番組を降板。以来、彼もめったにテレビに出演することはなくなりました」(同)

 徳井の前途は多難である。

週刊新潮WEB取材班

2020年1月31日 掲載

関連記事(外部サイト)