みのもんたが語るレギュラー消滅の心境「数字がいいのにどうして?と言われた方がいい」

みのもんたが語るレギュラー消滅の心境「数字がいいのにどうして?と言われた方がいい」

酒とバラの日々は続く

 ギネスにまで載った人気司会者も、もう75歳。3月いっぱいで、みのもんたは日テレ系「秘密のケンミンSHOW」を降板する。それが公になる前、彼が、親しい相手に送った便りで“引退宣言”をしていたことはあまり知られていない。

 ***

 正月、テレビ局関係者は首をかしげた。

「長年みのさんと年賀状のやりとりをしていますが、今年は手紙が届きまして。おやッと思って読むと、自身の引退を仄(ほの)めかすような内容だったんです」

 だから1月23日の発表も、さほど驚かなかったという。

「やはり、みのさん自ら退く決意をされたんだと思いました。最近では『ケンミンSHOW』の収録中もほとんど居眠りしているような状態だったので、周囲は心配していました。それを酌(く)まれたのでしょうか」

 たしかに、朦朧とした表情が映るのを避けるためか、みのが画面に出る回数は少ない。それゆえに、健康不安が囁かれたりもした。

 しかし、コンスタントに15パーセント前後の視聴率を稼ぐ、唯一のレギュラー番組を降りるのだ。これでレギュラーも消滅。その心境はいかばかりか。

 当のご本人が、実に明朗快活、ズバッと答える。

「潮時だと思ったんですよ。僕、もうすぐ数えで77の喜寿だから、いい区切りと思ってね。頑張りたい気持ちはあったけど、還暦を過ぎたあたりから体力の衰えを感じていたんです」

 それから十余年。次男の逮捕や共演女子アナへのセクハラ騒動、愛妻との死別と、様々なことがあった。


■休肝日なし


 みのは、こう続ける。

「最近、僕がこれまでやってきたテレビ番組を紙に書くことがあるの。『おもいッきりテレビ』『朝ズバッ!』『学校へ行こう!』『クイズ$ミリオネア』……やたらとやったからね。あれも当たった、これも当たったなって。民放史に残る番組をやらしてもらったのが、僕の唯一の誇りだからね」

「ケンミンSHOW」も、

「高視聴率を13年間キープできて、つくづく恵まれていると思うし、その誇りもある。だからなおさら、数字低迷で番組打ち切りになって“みのさん、いなくなった”と言われるんじゃなくてね。数字がいいのに“どうしていなくなったの”と言われたほうがいいもん」

 と引き際の美学を語り、

「2月までの収録を終えたら、いったんゆっくりさせてもらいます。でも、家業の水道屋が今年で創立80周年。僕は会長に退いたので、これから1年かけて、新社長に経営をバトンタッチしながら、全国の営業所を回りたい。しばらくは水道屋でもうひと働きだ」

 ならば、身体のメンテナンスに気を配らなくては。

「お酒を控えなくちゃいけないんだろうけど、僕、ネオンサインを見ると足腰が軽くなっちゃうからね。僕に、世に言う休肝日はないの。肝臓はコンスタントに働かせないといけない。だからこれからも、ネオン街とお酒、パイプは必需品です。さ、これから国技館に行ってきます。若い相撲取りといっぱいやろうと思ってね。1杯2杯、の1杯じゃなくて“いっぱい”ね」

 それが収録中の居眠りにつながっていたのでは、とのツッコミなど寄せつけぬ、夜の現役続行宣言。年賀の便りを受け取った人々の心配も吹き飛ぶだろう。

「週刊新潮」2020年2月6日号 掲載

関連記事(外部サイト)