マイペース系はマジ怖い? 不倫発覚の鈴木杏樹 無邪気と無神経の危うい境界線

マイペース系はマジ怖い? 不倫発覚の鈴木杏樹 無邪気と無神経の危うい境界線

鈴木杏樹

「清楚系マジ怖い」とは、不倫発覚した唐田えりかを指してみちょぱが放ったことばだ。かわいい顔してやることはえげつないという点では確かである。だが本当に怖いのは、鈴木杏樹のようなマイペース系の女性による不倫ではないかと思ってしまった。

 無邪気なのか、無神経なのか。笑顔の不倫現場を撮られてしまった鈴木。東出昌大と唐田えりかの不倫が大バッシングされている中、タイミングが悪すぎる。相手の喜多村緑郎とともに不倫を認め謝罪をしたが、好感度が高かった女優だけに幻滅したという声は多い。それにしてもフジテレビの月9に出ていた女優が、千葉のラブホテルで不倫とは。どこかしんみりしてしまう。東出たちはカンヌでドレスアップしてアツアツぶりを見せていただけに。

 しかし東出たちが猛烈な批判を浴びる中、鈴木たちへの反応は意外と薄い。不倫相手夫婦の知名度や、子どもがいないということもあるのかもしれない。同じ不倫でも、こうまで反響に差が出るのは、不倫をした女性の立ち位置の差が大きいのでは、と思うのである。

 ひとつは、不倫相手が妻より「格下」か「格上」か、世間にどう受け止められるかという点だ。唐田は「妻より年下で格下」と思われた。こんな名もない小娘があの杏ちゃんに盾つくとは、と、身の程知らずな唐田への不快感が大きかったように思う。もちろん東出にも、若いだけの女に騙されやがって、と矛先は向き、妻の妊娠中から始まった関係ということにも嫌悪感を催した人も多いだろう。一方、今回の鈴木は喜多村の妻・貴城けいより年上かつ知名度が高い。つまり、「妻より年上で格上」の不倫相手と世間から認知されたのではないか。しかも好感度も高い。理不尽ながら、あんなに素敵な女優さんなら仕方ないかも……と思わせる余地を残してしまっている気がするのだ。似たケースでは豊原功補との不倫関係を公表した小泉今日子の立ち位置に重なる。あの時も「あのキョンキョンなら仕方ない」という論調も見られたのを覚えている。

 もうひとつは、同じ清楚系でもベクトルが全く違うという点だ。唐田は「匂わせ」行為があったとして、炎上に燃料を投下してしまった。東出の写真に意味深なコメントをつけたり、自分とのツーショット写真を配ったりといった行動が暴露されたのだ。当時の彼女の本心はわからないが、杏への宣戦布告ではと勘繰られ、「清楚系マジ怖い」と各界の女性から槍玉に挙げられたのである。

 ひるがえって鈴木も清楚かつほがらかな、まさに「お嫁さんにしたい」系の女優として四半世紀近くキャリアを重ねてきた。ただ鈴木には、唐田のような前のめり感や野心というものが匂ってこない。芸歴が長いのに、主演作はほとんどない。「相棒」の美人女将役しかり、かつてはヒロインの友人枠として、いつも物分かりのいい女性を演じてきたイメージだ。「MUSIC FAIR」での司会ぶりや、「ZIP!」レギュラー時代の振る舞いを見ても、常にニコニコして落ち着いている。ガツガツしない、媚びない、いつも自然体。しかしその頓着のなさこそが不倫の引き金だったのだろうし、本当に怖いと思うゆえんなのである。


■「魔性の女」に多いマイペース系女優の系譜 無邪気と無神経の危うい境界線


 不倫写真を見る限り、有名女優としての自意識や危機感は伝わってこない。そもそも、もし大女優というプライドがあれば、不倫だろうと千葉のラブホテルは選ばないはずだ。自身のイメージに無頓着だからこそにじみ出る朗らかさや明るさに、今回のお相手もいたくのめりこんでしまったようである。舞台共演を機に、「あの子は本当にいい子」と触れ回り、彼女にぞっこんだったという。宝塚宙組のトップスターとして周囲と競い合ってきた妻の貴城にしてみれば、鈴木の境地は理解できないに違いない。でも、芸能界という自意識過剰な集団の中だからこそ、鈴木のようなタイプが目を引くとも言えるだろう。

 思えば本当の魔性の女とは、この手のマイペースでセルフイメージに無頓着なタイプが多い気がする。大竹しのぶ、斉藤由貴、高岡早紀。そして今回の鈴木杏樹である。不倫が発覚してもあっけらかんとしていて、周囲にも「あの女性なら仕方ない」と思わせる。いい意味で言えば肩の力が抜けていて無邪気、悪い意味で言えば危機感がなく、無神経にも転ぶ性格。無邪気と無神経の間を行ったり来たりしながら、恋愛を重ねていく女性たち。振り回される周囲は、たまったものではないだろう。

 最後に一番怖いと思ったのは、鈴木の謝罪コメントである。「お相手から独り身になるつもりという言葉があり」とわざわざ記したのである。謝るけど、もとはといえば相手にも非があるんだからね、と言わんばかりの文章である。もしこれが生来の資質ゆえの、無神経なコメントであればもう何も言うまい。でももしこれが、無邪気を装った保身の一言であるならば、さすがは名女優と言うしかないだろう。マイペース系女優、マジ怖い。

(冨士海ネコ)

2020年2月12日 掲載

関連記事(外部サイト)