「柄本佑」に早くも名優の声 森繁久彌や渥美清と同じ道を歩む可能性

吉高由里子主演「知らなくていいコト」出演の柄本佑に高い評価 妻は安藤サクラ

記事まとめ

  • 吉高由里子主演「知らなくていいコト」に出演する柄本佑が高く評価されている
  • 役の幅は途方もなく広く、映画版「臨場」では心神喪失状態を装った無差別殺人犯役
  • 妻の安藤サクラは、映画「万引き家族」で毎日映画コンクール女優主演賞を獲った

「柄本佑」に早くも名優の声 森繁久彌や渥美清と同じ道を歩む可能性

「柄本佑」に早くも名優の声 森繁久彌や渥美清と同じ道を歩む可能性

柄本佑

 典型的な二枚目ではないものの、高齢になるまで主演級で活躍する名優がいる。故・森繁久彌さんや故・渥美清さん、故・小林桂樹さんらがそうだ。現役だと橋爪功(78)が筆頭格だろう。では、20代、30代の俳優の中で、誰がそうなるかというと、柄本佑(33)はその1人に違いない。2月8日まで放送された主演ドラマ「心の傷を癒すということ」(NHK、土曜午後9時)と準主演級で出ている「知らなくていいコト」(日本テレビ、水曜午後10時)も好評を博している。

 ***

 柄本が、なぜ高く評価されているかというと、第一には見る側に演じている感じを抱かせないからだろう。俳優の演技を貶す時、「クサイ芝居」という手厳しい言葉があるが、柄本の場合はその逆だ。

 NHK「心の傷を癒すということ」では繊細で理知的な在日韓国人の精神科医・安和隆になりきっていた。吉高由里子(31)主演の日テレ「知らなくていいコト」では思慮深く優しい動物カメラマン・尾高由一郎にしか見えない。

 尾高役だけを見るとイケメン俳優だが、役の幅は途方もなく広い。知る人ぞ知る傑作ドラマ「書店員ミチルの身の上話」(NHK、2013年)では、婚約者である主人公(戸田恵梨香、31)に捨てられる金持ちのバカ息子に扮した。内野聖陽(51)主演の映画版「臨場」では心神喪失状態を装った鬼畜のような無差別殺人犯役。2018年の映画「きみの鳥はうたえる」では青春末期を自由奔放に生きる書店員の若者をリアルに体現した。

「きみの鳥はうたえる」では毎日映画コンクールの男優主演賞を受賞。2019年2月の授賞式の際には、司会者が「(今回の役は)地なのですか?」と柄本に問い掛けた。演技があまりにリアルだったためだ。これに柄本は「いや、そう言っていただくのはうれしいのですが、地ではないですね」と苦笑い。「だって、カットかかったら、オレ、お父さんだし」と続けた。

 そう、2012年に結婚した女優の安藤サクラ(33)との間には2歳になる愛児(性別非公表)がいる。安藤も映画「万引き家族」で2018年の毎日映画コンクール女優主演賞を獲った。史上初となる同賞の夫婦同時受賞で、話題になった。

 柄本は翌2019年の映画「素敵なダイナマイトスキャンダル」では実在の敏腕雑誌編集者・末井昭氏(71)に扮した。この演技で今度は日本映画批評家大賞主演男優賞を獲得。もはや映画界では押しも押されもせぬ名優である。映画に出演すると、大抵は賞を得るか、ノミネートされる。

 映画だけではない。父・明(71)と2018年に他界した母・角替和枝さん(享年64)のホームグラウンドである舞台でも高い評価を得ている。2013年、新国立劇場で上演された主演舞台「エドワード二世」は、読売演劇大賞の最優秀作品賞を得た。

 毎日映画コンクールは映画界で屈指の権威ある賞で、読売演劇大賞も舞台人の憧れ。柄本は映画界と舞台界では既にトップランナーと言って間違いない。


■すごいファミリー


 柄本の主演作が最も少なかったのは民放のドラマ。主演アイドルを重用したり、過去のデータを基に「数字(視聴率)を持っている、持っていない」などと考えたりするせいだろう。

 なので、過去の主演ドラマはNHKのみ。2011年の「生むと生まれるそれからのこと」と同年「無垢の島」と2016年「おかしな男〜寅さん夜明け前 渥美清の青春〜」の3作品だ。いずれも好評で、特に「おかしな男」は原作者で辛口の評論で知られる作家の小林信彦氏(87)も誉めた。

 ドラマ界において名優の評価が遅れるのは珍しいことではない。橋爪功も舞台では早くから認められていたが、ドラマで主演級、準主演級になったのは40代以降。NHK連続テレビ小説「青春家族」(NHK、1989)でヒロインの咲(清水美砂、49)の父・久司を演じたころからだ。1970年代までは悪役が多かった。

 もっとも、一度その俳優の主演ドラマが作られると、堰を切ったように主演作が撮られるのが民放ドラマの特徴。これからは柄本の主演作が作られるだろう。

 毎日映画コンクール授賞式では、父・明から演技のアドバイスは受けるのかとも司会者から尋ねられた。これに柄本は「それは、ありませんが、(僕は)昔から芝居や稽古は見ていましたよね」と返答。実際、明も角替和枝さんも筋金入りの演劇人。両親と接しているうち、自然と演技論が身に付いたのではないか。

 明は1967年、19歳の時に故・金子信雄さんが主宰していた劇団「マールイ」の演劇教室に入る。故・松田優作さんもいた。1974年には自由劇場へ。吉田日出子(76)、笹野高史(71)ら実力派がそろっていた。そして1976年には自分が座長となり、ベンガル(68)らと一緒に劇団東京乾電池を旗揚げ。後に高田純次(73)も参加した。

 劇団での明は俳優であるだけでなく、演出家でもある。シェークスピアの「真夏の夜の夢」(2010)やイヨネスコの「授業」(2011)、別役実の「招待されなかった客」(2012)など国内外の作品を手掛けている。その手腕への評価は高い。

 明の演技力も確かなのは知られている通り。1998年には「カンゾー先生」で日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を得た。2011年には紫綬褒章を受賞。派手な自己PRこそしないが偉大なる存在を、柄本は父に持つ。

 母・和枝さんもまた凄い人だった。NHK連続テレビ小説「花子とアン」(2014年)で、蓮子(仲間由紀恵、40)と結婚した龍一(中島歩、31)の母・浪子を演じるなど、ドラマではバイプレーヤー一筋だったが、演劇界では花形女優だった。

 和枝さんは1974年、映画「竜二」(1983)を遺して他界した故金子正次さんらと劇団東京ザットマンを旗揚げ。やがて、故・つかこうへいさんに買われ、「広島に原爆を落とす日」「サロメ」「ヒモのはなし」など数々のつかこうへい事務所公演に出演。1970年代から80年代にかけての演劇界で、絶大な人気を誇っていた、演劇界のアイドル的存在だった。

 それにとどまらない。和枝さんも東京乾電池で演出を手掛けていた。柄本は単に俳優、女優のジュニアであるのみならず、演出家の両親を持つ。その上、両親ともに掛け値なしの実力者なのだ。

 柄本は当初、俳優ではなく演出の道に進もうとしていた。映画監督だ。中学生のころから「妻は告白する」(1961)の増村保造監督や「幕末太陽傳」(1957)の川島雄三監督らの作品を見て、影響を受けていたというから渋い。

 だが、まだ高校生だった2003年、和枝さんのマネージャーの強い勧めで映画「美しい夏キリシマ」のオーディションを受ける。本人は映画の現場を見てみたいだけだったようだが、結果は見事に合格。戦争末期の精神的に追い詰められていた人々の物語で、柄本は主人公の中学生を熱演する。そして目の肥えた評論家らが選ぶキネマ旬報ベスト・テン新人男優賞を受賞した。

 2世俳優、2世女優は大勢いるが、成功するとは限らないのは知られている通り。あるドラマプロデューサーから「成功する2世はせいぜい2、3割」と聞いたことがある。厳しい世界であるため、自分の主演作には息子も必ず出演させ、世に出そうとするベテラン俳優もいる。だが、柄本佑の場合は普通の2世俳優とは違う。というのも、明は息子を助けようとはしていないからだ。

 安藤サクラとの結婚により、俳優で映画監督の奥田瑛二(69)とエッセイストの安藤和津さん(71)が義父と義母に。映画監督の安藤桃子さん(37)は義姉である。ますます華麗なる一族になった。ちなみに実弟の柄本時生(30)も俳優だ。

 もっとも、奥田らが親族になったことも柄本には関係ないだろう。自分の力だけで名優の道を突き進んでいくに違いない。

高堀冬彦(たかほり・ふゆひこ)
ライター、エディター。1990年、スポーツニッポン新聞社入社。芸能面などを取材・執筆(放送担当)。2010年退社。週刊誌契約記者を経て、2016年、毎日新聞出版社入社。「サンデー毎日」記者、編集次長を歴任し、2019年4月に退社し独立。

週刊新潮WEB取材班編集

2020年2月19日 掲載

関連記事(外部サイト)