宮迫博之、吉本側と接触も遠い再契約 YouTuber転身をさんまに聞くと

宮迫博之、吉本側と接触も遠い再契約 YouTuber転身をさんまに聞くと

渦中の「後輩」を庇う「お笑い怪獣」

 潔く芸能界を引退する気はさらさらないらしい。闇営業問題で謹慎に追い込まれ、復帰のメドも立たない雨上がり決死隊の宮迫博之(49)が荒ワザに出た。唯一の後ろ盾である明石家さんまが、ユーチューバーに転身した「不肖の後輩」について語った言葉とは。

 ***

「いまは相方(蛍原(ほとはら)徹)の隣にね、戻れるよう努力している段階ですから。舞台とか地上波の番組でやりたいという気持ちはあっても、まだそういった話は進んでいないので……」

 本誌(「週刊新潮」)の直撃に消え入るような声で語るのは、宮迫本人である。彼がジャケットの袖を捲り上げるスタイルで“カメラ”の前に登場したのは1月29日のこと。

〈ご迷惑をおかけした全ての皆さま、そしてご心配をたくさんおかけした全ての皆さまにもう一度、改めて謝罪させてください。本当にすいませんでした〉

 と深々と頭を下げた。

 これは地上波で放送された映像ではなく、彼が開設したユーチューブチャンネル「宮迫ですッ!」のひとコマだ。闇営業問題の発覚後、明石家さんまの個人事務所の“預かり”となった宮迫は、この半年余り謹慎生活を送ってきた。

 だが、ユーチューバーに転身するや、鬱憤を晴らすかのように連日、動画を投稿し、メンタリストのDaiGoやホリエモンとも共演を果たしている。動画の投稿本数は19本(2月17日時点)ながら、チャンネル登録者数は59万人を突破した。

 しかし、芸人仲間から寄せられるのは辛辣(しんらつ)な言葉ばかり。宮迫の相談を受けてきたという松本人志も「ワイドナショー」(フジ系)で、〈今回のユーチューブに関しては「ちょっとどうなの?」と久しぶりに言いました。その流すタイミングも〉と首を傾げている。

 芸能記者によれば、

「謝罪動画が配信された翌日には、宮迫が騒動に巻き込んだロンブー・田村亮の復帰会見が予定されていた。後輩芸人に先んじて自分の動画を公開したワケで、松本さんが“タイミング”を疑問視するのは当然です」

 読売放送のバラエティ番組では、同じく吉本芸人のほんこんが、〈さんまさんのとこに移って、松本さんとかも協力してたやん。義理を欠いていると思うねん〉〈不祥事を起こしてユーチューブで謝罪して、その再生回数で“お金儲け”はどうなん?〉と苦言を呈した。

「さんまさんは“テレビに出る人間の敵はユーチューブやねんで”と明言している。しかも、自分が主演する舞台で宮迫を復帰させることまで計画していた。やはり、今回のユーチューバーデビューは義理を欠いた行為に映ります」(同)

 とはいえ、宮迫も“筋”を通そうと考えてはいたようだ。芸能関係者が明かす。

「宮迫は1月半ばに吉本の岡本昭彦社長と話し合いをもったそうです。ただ、その時点ですでに動画は収録済みで、事後承諾を求めるという形だった。どこまでいっても自分本位。その上で、自分のチャンネルが軌道に乗れば、吉本と提携して利益をもたらせると大口を叩いたものの、岡本社長は少し引いた対応に終始していたとか」


■「オレも出たいくらいや」


 他方、4年前に福岡県で起きた金塊強奪事件の主犯・野口和樹被告は、最近、刊行された自著で、宮迫と北新地のクラブで同席していたとの報道に触れ、〈宮迫さんの金銭授受の件については、私から何かを話すということは控えたい〉〈ただ、これだけは言える。いちばん真実を知っているのは、宮迫さん本人であるということだ〉と意味ありげに綴っている。

「実は、都内でも宮迫が半グレと飲んでいたとの情報がある。吉本にしてみれば、契約を結び直して地上波の番組に復帰させても、新たに反社とのスキャンダルが暴露されては目も当てられない。またスポンサーに迷惑をかけることになりますから。宮迫は反社との絡みという“グレー”なイメージを払拭できていないのです」(芸能関係者)

 ちなみに、吉本側は宮迫と岡本社長との話し合いについて否定。ところが、当の宮迫を直撃したところ、

「誰から聞いたん!?」

 という言葉が返ってきた。

 宮迫が続けるには、

「その件はちょっと、会社も関係するのでお話しできなくて……。まぁ、吉本の人にお会いして報告はしています。個別に色々と」

 芸人仲間からの批判には、

「それぞれの意見があるので、ええ、その点は受け止めています」

 そもそも、“転身”について後見人のさんまには報告していたのか。

「それはもちろん。ちゃんとご報告して“わかった”と確認は取っています。ただ、ユーチューブで活動はしていきますけど、ユーチューバーになったワケではないんです。今後は舞台とか、色々と目指していくつもりではいるので……」

 そこで、“恩人”であるさんまに宮迫のユーチューバー活動について尋ねると、

「そら、おまえ、アイツの自由や。自分のことなんやから。そういうこっちゃ」

 芸人仲間から批判が相次いでいることにも、

「そうか……。ただ、溺れてるもんには誰かが手を差し伸べた方がええやろ」

 では、ユーチューブを敵視していたさんまは事前に“転身”を知らされていたのか。

「そら、もちろん、もちろん。オレも出たいくらいや。もうええやろ。気をつけて帰れよ。あいよー」

 あくまで渦中の後輩を庇うのだった。

 溺れる宮迫が新たに掴んだのはユーチューブという藁。だが、大恩ある先輩の手を掴み損なえば“芸人”としての未来を失う。“雨上がり”は来るのか。

「週刊新潮」2020年2月20日号 掲載

関連記事(外部サイト)