【新型コロナ】R−1ぐらんぷりでわかった芸人が“無観客”で演じる難しさ

■無観客は「死刑宣告」の声も


 新型コロナウイルス問題が、とうとうお笑いの世界にも飛び火した。3月8日、フジテレビは「R−1ぐらんぷり2020」(関西テレビ共同制作・19:00)を放送したが、視聴率は7・1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)と期待を大きく裏切った。

 ***

 R−1はピン芸人のコンクール。2002年に第1回が開かれ、今年は18回目の大会だった。

 敗者復活を入れて合計12人のピン芸人が出演し、テレビカメラの前で芸を競った。審査の結果、お笑いコンビ「マヂカルラブリー」でボケを担当する野田クリスタル(33)が優勝に輝いた。

 多くのメディアが野田の栄冠を報じ、少なくともニュースの世界では盛り上がっている。ところが視聴率は低調に終わり、SNSでも番組に対する不満の声が目立っているのだ。

 ツイッターを閲覧すると、中には《R−1がつまらないのはいつもの事だろ!》という醒めた意見もあるにはある。

 だが、《今年はレベルが低い》との感想が圧倒的なようだ。(註:引用時はデイリー新潮の表記法に合わせたり、改行などを省略したりした、以下同)

《全体的にレベルが低い気がしたなー 昔の方がもっと面白かったぜ》

《今年はなんかレベルが低い》

《うわー、今年レベル低い》

 過去の視聴率を振り返ってみても、「今年はレベル低い説」に信憑性があるようだ。表にまとめてみたので、ご覧いただこう。特に3回から前回17回までの平均視聴率、関東10・2%、関西14・1%と比較してほしい。

 ちなみに第1回と2回は関西ローカルの番組として放送されたため、視聴率は割愛した。【1】の表は第3回から10回までをまとめたが、8回のうち関東地区では4回が2桁を達成している。関西地区にいたっては7回だ。

【2】の表は11回から18回までの8回をまとめたが、そのうち関東地区では3回で2桁の視聴率を達成。関西地区は安定した人気を誇り、不評の18回でさえ2桁を達成した。

 しかし関東地区でも、昨年までならR-1の視聴率は決して低くない。昨年の17回は9・3%と、2桁にあと一歩まで迫っている。全国の視聴者は、ずっとR−1を「面白い」と歓迎していたのだが、今年は何かの異変が起きたと考えるべきだろう。

 となると、どうしても「今年のR−1が特につまらなかったから、視聴率が急落した」と分析したくなるのだが、これに異論を唱える関係者がいる。

 フジテレビのライバルにあたる民放キー局で、バラエティ番組の制作に携わる男性スタッフだ。本来ならフジの“敵失”を喜んでもおかしくない立場なのだが、彼は同情を隠さない。

「無観客でのライブという、通常ではあり得ない放送が低視聴率の原因だったと見て間違いないと思います。お笑い芸人にとって無観客収録は、死刑宣告に等しかったでしょう」


■「無観客ならお断り」の芸人は多かった?


 新型コロナウイルスが猛威を振るい、テレビの収録現場からは、あっという間に“観客”が消えた。

 バラエティ番組はエキストラの観客をスタジオに集め、お笑い芸人はその反応を見ながら収録を進行していた。だが、それが禁止されてしまったのだ。

 ちなみにデイリー新潮は2月27日、「新型コロナでバラエティ番組は無観客に…… 観客を用意する“仕出し屋”は大ピンチ!」の記事を掲載している。

 R−1でも冒頭、審査員の勝俣州和(54)が無観客での生中継だと説明し、「みんなで盛り上げていきましょう」と呼びかけた。気持ちは分かるが、やはり“焼け石に水”だったようだ。

「私は最初から最後まで見ていましたが、ネタ見せに立ち会ったプロデューサーのような気持ちになり、全く楽しめませんでした。芸人は観客の反応を見ながら“間”を取ります。喋りのテンポなどを細かく調整しながら、場の雰囲気を作り上げていくわけです。それが完全に封じられた。結局、独りぼっちの男や女が、カメラの前で絶叫しているようにしか見えないのです。視聴していて、なかなか辛いものがありました」(同・男性スタッフ)

 大相撲の無観客試合が盛り上がらないのと同じ理屈だという。

「大相撲の視聴率も振るわないと聞いています。無観客のため、画面が寒くなっているのが分かるんですね。違和感を覚えた方も多いのではないでしょうか。改めて、エキストラ会社にお金を払ってでも、スタジオに観客の皆さんを呼ぶメリットを再認識しました。何よりも出演した芸人さんがかわいそうなR−1だったと思います」

 次に“専門家”に取材を依頼した。演芸評論家の吉川潮氏に「芸人にとっての無観客」を聞いた。

「6代目の三遊亭圓生(1900〜1979)は、自身の落語を音源に残しました。今も『圓生百席』のタイトルで販売されています。これは全て観客のいないスタジオ録音でした。圓生は折り目正しい芸でしたし、特に泣かせる人情噺なら違和感なく聞けます。圓生のように話芸を得意にする落語家なら、スタジオ録音でも大丈夫でしょう。しかし、爆笑志向の落語家には、無観客の録音は昔から不評でした。『スタジオ録音ならお断りします』と断言する落語家さんは何人もいたものです」

 やはりスタッフが寄席や劇場に足を運び、お金を払って聞きに来た、本物の観客を前にして演じられた落語や漫才を収録する。こうして撮られた動画や音声が王道だという。

「近年、テレビで放映される落語や、売られている落語のCDは、大半が寄席や劇場で収録されたものでしょう。スタジオ録音は下火のはずです。一方のエキストラ観客ですが、昔、立川談志さん(1936〜2011)から面白い話を聞いたことがあります。テレビ収録の途中で、観客がエキストラだと気づきました。談志さんはスタッフに『何で俺の落語を聞いて観客が金をもらうんだ』と抗議したそうです(笑)。愉快なだけでなく、お笑いの本質に触れたエピソードだと思います」(同・吉川氏)


■「R−1」の放送時間が余った深い理由


 確かに談志なら、「俺の落語が聞きたいなら、お前が自分で金を払え」と言いそうだ。エキストラの観客とは本質的に矛盾した存在に違いない。しかし吉川氏は「とはいえ、無観客の収録とは天地の差があります」と言う。

「観客が笑っている時、芸人は黙っています。この間が極めて重要なのです。ところが無観客となると、どれほどスタッフや審査員が笑ったとしても、本当の観客が巻き起こす爆笑とは全く違います。すると芸人は焦ります。焦ってネタを次へ次へと急いで進めてしまうのです。適切な間が失われてしまうことで、どんなネタでもつまらなく見えてしまうんです」

 漫才なら相方がいる。2人で会話をすることで、ひょっとすると通常の間やリズムを取り戻せるかもしれない。しかしピン芸人となると、前に進むしか方法はない。

「いつもの間やリズムが完全に崩れてしまいますから、誰がネタを披露しても、面白くないに決まっています。本来の実力なんて、誰も出せなかったでしょう。だからテレビの視聴者に、今回のR−1は不評だったのだと思います」(同・吉川氏)

 吉川氏の指摘を裏付けるような記事がある。スポニチアネックスが3月9日に配信した「野田クリスタル R−1無観客V ネタ番組でメンタル強化『有利だとガッツポーズ』」から該当部分をご紹介する。

《番組も淡々と進行したため、放送の時間が最後に余るという“異例”の大会となった》

 無観客のため“間”を図れなかったピン芸人が、どんどん次のネタに取りかかった。吉川氏の指摘が現実のものとなり、収録時間が余ったのだ。

「どんな芸人でも、芸を披露しながら観客と適切な“間”を探っていきます。その感覚を言語化することは難しく、まさに芸人だけが持っているものなのです。その技を封じられたのですから、出場者の皆さんは、もし本音が言えるのなら、出演が嫌だったでしょうし、怖かったと思います」

 決勝戦に挑んだメルヘン須長(34)は無観客について、《今日私が出演したライブはお客様3名でした》とツイートで笑わせ、優勝した野田クリスタルは記者会見で「無観客のほうがやりやすいと思ってました」と明かした。

 ちなみに野田は、無観客でネタを収録していたという「あらびき団」(TBS系列・2007〜11年)に触れ、《メンタルを鍛えられた》と振り返った。

 だが吉川氏は「ファンを安心させようとした、リップサービスの可能性も否定できません」と言う。

「結論から言えば、放送は延期してほしかったですね。あれでは芸人が可哀想だと思います。今回は総集編などでごまかしてでも視聴者に謝罪し、スタジオに観客が呼べるようになってから開催すべきだったのではないでしょうか」

週刊新潮WEB取材班

2020年3月12日 掲載

関連記事(外部サイト)