元NHK「青山祐子アナ」が久々テレビ出演 見せつけた“実力”と日テレ社内の“反応”

元NHK「青山祐子アナ」が久々テレビ出演 見せつけた“実力”と日テレ社内の“反応”

青山祐子アナ(2008年撮影)

 NHKの看板報道番組「ニュースウオッチ9」のMCも務めた青山祐子アナ(47)が8年ぶりに帰ってきた。現在は香港在住の彼女が、BS日テレの「深層NEWS」に“緊急出演”、現地の新型コロナ対策などを語ったのだ。わかりやすい語り口は昔取った杵柄、さらに、その身に纏ったセレブっぷりも相変わらず――。

 ***

 8年ぶりのテレビ出演だった青山アナだが、NHKを退局したのは昨年3月のことである。ご存知ない方のために説明しよう。

 彼女は、94年に開催されたリレハンメルオリンピックに感動して、「あの現場にいたい」とアナウンサーを志望。翌年、念願通りNHKにアナウンサーとして入局し長野放送局に配属され、98年の長野オリンピックでは中継リポートを任される。99年に東京アナウンス部に異動し、アテネ(04年)、トリノ(06年)、北京(08年)、バンクーバー(10年)のオリンピックでも現地取材やスタジオメインキャスターを務め、女性スポーツキャスターの花形に。同時に、08年4月からは「ニュースウオッチ9」のMCも務めるなど、着々とキャリアを重ねた。

 だが、11年1月、医療福祉法人関連会社役員との結婚を発表した辺りから風向きが変わってくる。芸能記者が語る。

「11年3月に結婚式をする予定だったものの、東日本大震災により延期。改めて8月に、長嶋茂雄氏や王貞治氏、朝青龍など大物を招いたド派手披露宴が話題になりました。彼女の夫となったのは、関西有数の医療法人のナンバー2でしたからね。住まいも港区にある高層マンションで、家賃は推定130万円とも報じられました。12年1月に第一子妊娠により、『スタジオパークからこんにちは』を降板し、出産した病院もセレブ病院でした。そこから彼女は育休に入るわけですが、病院で出産時期の重なった神田うの(44)と知り合い、家族ぐるみの付き合いに。出産報告は、うののブログで代理発表されました。その後、17年2月の第四子出産まで、産休・育休が7年間も重なって、NHKで復帰することなく、退局となりました。その間に、うのたちセレブ仲間と開いたパーティの様子がブログで公表されると炎上し、“受信料泥棒”と批判されました」

 3月13日の「深層NEWS」には、特別コメンテーターとして登場した。テロップには、《元NHKアナウンサー。五輪5大会でキャスター 2014年から香港在住 4児の母》とあった。なぜ香港へ?

「『週刊文春』(13年6月20日号)が、彼女の夫が医療法人を“クビ”になったと報じています。外資系投資会社出身の彼は、医療法人に引き抜かれ、資金調達を任されていたのですが、それがうまくいかなかったため、契約が切られたと。そのため、社宅だったセレブマンションも出ることとなり、香港に移ったようです」(同・芸能記者)

 彼女は、わざわざBSのニュース番組のために帰国したのか。

「それが違うんですよ。そもそも3月14日に予定された『日本博』のオープニングセレモニーの司会を務めるために帰国したんです。東京オリンピックでインバウンドが見込まれるため、日本の魅力を紹介するのが日本博なのですが、これが新型コロナの感染症対策のために中止になった。せっかく帰国したのに、手ぶらで帰るわけにも行かないので“緊急出演”となったようです」(同・芸能記者)


■MCタジタジ


 ともあれ、8年ぶりの彼女はどうだったかと言えば、舌を巻いたのは民放局の幹部だ。

「8年のブランクがあったとは思えないほど、表情も豊かで、身振りも交えた語り口はわかりやすい。さすがは元NHKのエースと思いました。4児の母とは思えないほど若々しかったですね。ただ、上手すぎて、コメンテーターだけではなく、MCの役回りまで奪ってしまっていましたが……」

 番組にテーマは、もちろん新型コロナである。おそらくスタッフは、香港在住者として、現地の様子を語ってもらえればいいと考えていたのだろう。

「もちろん、現地に暮らす庶民として、また母として、特別コメンテーターの彼女は香港の様子をわかりやすく説明していました。隣には通常のコメンテーターとして、医師で元厚労技官の国光あやの・衆院議員、そして日比谷クリニックの加藤哲朗・副院長が並んでいたのですが、彼らの発言に間髪入れず質問するなど、MCの右松健太アナ(41)の出番がなくなっていました。彼女の番組かと思ったほど上手に仕切っていました」(同・民放局幹部)

 8年ぶりとあって気合いも入っていたのかもしれない。語りは庶民としてのものだったが、その服装は胸元にはダイヤモンドが輝き、白のスーツの下には金色っぽいチューブトップ……セレブ感がにじみ出ていたのも印象的だった。

「以前、仕事で一緒になった番組スタッフに聞くと、あんまり服装にこだわる人ではないそうですけどね。買ったばかりのカーディガンを裏返しに羽織って、ついたままの値札をぶら下げていたなんてこともあったそうです。屈託のない好人物だそうですよ。それだけに、周りからどう見られているか気にしないタイプのようで、だからこそ7年間もの産休や、セレブパーティなど批判されても、意に介さないんでしょうね」(同・民放局幹部)

 では今回の出演、日テレ関係者はどう見ていたのか。

「日テレは、もしもの場合を心配していたそうです。新型コロナの感染が広まっていない香港とはいえ、中国本土とは地続きですからね。彼女が感染していなくても、彼女と一緒に来日したマネージャーや衣装のスタッフもいるでしょう。彼らが感染していないとは言えない。そこから日テレスタッフに感染したら、『深層NEWS』のみならず、報道番組全てが動かなくなる可能性もありますから。結構、冷ややかに見られていました」

 そんな心配をよそに、番組の最後で、彼女は久しぶりのテレビ出演の感想を明るく語っていた。

右松:8年ぶりに、1時間の出演はいかがでしたか?

青山:あっという間でしたね。もっともっと色々あるんですけど、また機会があれば。こんなに早く終わるんでしたっけ……。

右松:これから日本でもお仕事を徐々に?

青山:徐々にできれば。でも、基本、子供が香港におりますし……、チャンスがあれば、戻って参ります!

 意外に早く戻ってきそう。

週刊新潮WEB取材班

2020年3月19日 掲載

関連記事(外部サイト)