春ドラマの勝ち組「捜査一課長」 最大の要因はクセになる「内藤剛志」ベタな演技

春ドラマの勝ち組「捜査一課長」 最大の要因はクセになる「内藤剛志」ベタな演技

内藤剛志

 コロナ禍の影響で放送開始を遅らせている春ドラマは、緊急事態宣言の延長により、いよいよ先が見えなくなった。そんな中、ひとり気を吐いているのが、大岩捜査一課長こと内藤剛志(64)主演の「警視庁 捜査一課長2020」(テレビ朝日)だ。4月9日に予定通りスタートし、5月7日には無事に第5話も放送。しかも視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区:以下同)は、全話13%超で、直近では2週続けて14%超と上り調子である。何がそんなにウケているのか。

 ***

 各局が連ドラの4月スタートを見送る中、テレ朝は定通り開始したドラマが多かった。ところが、それもここへ来て、息切れに……。

 第4シリーズを迎えた「家政夫のミタゾノ」(主演:松岡昌宏)は、5月8日放送予定の第3話を延期。15日からは過去の傑作選に変更した。

 第3シリーズの「特捜9」(主演:井ノ原快彦)は、5月6日から傑作選に切り替えた。

 浜崎あゆみをモデルにしたドラマ「M 愛すべき人がいて」(主演:安斉かれん、三浦翔平)は5月9日放送予定だった4話を延期し、“1話リミックスバージョン”として再放送……。

 それらを尻目に、独走状態を続けているのが「警視庁 捜査一課長」第4シリーズだ。これまでの視聴率を見てみると、第1話が13・3%、第2話が13・8%、第3話が13・9%、第4話が14・5%、そして第5話が14・2%と絶好調なのである。民放プロデューサーは言う。

「もともと『捜査一課長』は、2時間ドラマの先駆け“土ワイ”こと『土曜ワイド劇場』の単発ドラマとして12年に放送され、それが好評だったので15年までに5本が放送され、16年4月からレギュラーに昇格しました。こうした経緯は『相棒』と同じです。いずれも、“東映枠”で放送されていますが、同じ東映でも水曜9時の『相棒』(主演:水谷豊)が東京枠と言われるのに対し、木曜8時の『捜査一課長』は、同じ枠で放送されている『科捜研の女』(主演:沢口靖子)に代表される“京都枠”と呼ばれています」

 警視庁が舞台なのに京都スタッフだったのか。言われてみれば、同じ警察ドラマでも、「捜査一課長」は「相棒」よりも「科捜研」の雰囲気に近いような……。

「もちろん東京が舞台なので都内ロケが多いのですが、『科捜研』と同じ監督もいますからね。両者に共通するのは“ベタ”、しかも“手練れのベタ”でしょう。『科捜研』では沢口演じるマリコが、事件に向き合うと他人の目も気にせず猪突猛進する姿は、『捜査一課長』の斉藤由貴(53)演じる“大福”が会議も無視して捜査に没頭する姿と重なります。斉藤が不倫問題で出演しなかったSeason3には、内藤とは『家なき子』以来の共演となった安達祐実は“最中”、田中美佐子の“ババロア”、宮崎美子の“チョコ”なんて菓子にちなんだニックネームも話題になりました。こうした言葉遊びは、タイトルで毎週笑わせてくれた『科捜研』と通じるものがあります」(同)

 今期の「捜査一課長」は、さらに遊びの要素が強化されているという。

「キャストの名前に遊び要素が増えています。例えば、4月23日放送の第3話“3割引シール殺人!? 絶対怒らないクレーム処理女の謎”で、スーパーの苦情係を演じた杉田かおるの役名は九条菊子(苦情聞く子)。30日放送の第4話“殺人犯は餃子好き!? 東京〜九州1000キロ食べ歩く女の謎”で被害者となる中華料理店主を演じた野添義弘は堤太蔵(包みたいぞー)、その妻を演じた栗田よう子は堤益代(包みますよ)、餃子店員を演じた三倉佳奈には韮崎久仁子(ニラさき)といった具合です。第5話では何もないのかと思ったら、仲よし3人の女性は赤堀、青崎、緑沢で、他にも黒崎、灰田、茶谷と名字を色とりどりで揃えていました。そうしたことに捜査関係者はまったく触れず、ドラマが進行していくのも、謎かけをされているような楽しみがあります」(同)


■見得を切る捜査一課長


「一方、内藤さんの演じる一課長は、あくまでも組織の束ね役ですから、現場で大活躍というわけではありません。ですが、締めるときは締める“決め台詞”があります」(同)

 一課長が捜査員を前に叫ぶ、《必ず!ホシを!あげるっ!》というアレか。

「『水戸黄門』の《この印籠が目に入らぬか》、『遠山の金さん』の《この桜吹雪がすべてお見通しでい!》などと一緒、日本人が大好きな手法です。加えて勧善懲悪は、現代では警察モノにぴったりですからね。歌舞伎で見得を切るのと一緒で、観客は“待ってました!”となるわけです」(同)

 もっとも“内藤”一課長の決め台詞は、立て板に水というよりも、なんだか途切れ途切れな感じがする。

「あれだけのキャリアのある内藤さんにしては、棒読み調な感じもしますが、敢えてそうしているのではないでしょうか。石原裕次郎や高倉健といった映画スターを格好いいとは思っても、上手いとは思わないように、主役はこれでいいと割り切っているかもしれません。彼は日大芸術学部映画学科(中退)から文学座へ進んだ俊英ですが、80年公開の映画『ヒポクラテスたち』(大森一樹監督)でデビュー以来、長く下積みを続けました。刑事ドラマのも数多く出演していましたが、犯人役ばかりでしたね。それが一変したのは『家なき子』(94年・日本テレビ)でした。安達祐実の飲んだくれでどうしようもない父親役を演じて一気に顔を広めました。そういえば、このドラマも《同情するなら金をくれ!》の決め台詞がありましたね。その後、彼は『水戸黄門』(TBS)の里見浩太朗さんのご隠居時代に、2代目“風車の弥七”を地上波でのレギュラーが終了するまで演じました。まさにベタの現場を知り尽くしているわけです」(同)

「水戸黄門」の最終回は11年12月19日だった。翌年から「捜査一課長」として、警視庁を指揮することになる。

「特番ではそこそこの数字を取っていましたが、レギュラー化したSeason1(16年4月)の平均視聴率は10・6%とやや苦戦しました。それでもSeason2(17年4月)は12・5%、Season3(18年4月)で12・8%と数字を上げていきました。そして2年のブランクを経た今年、放送されているSeason4は、さらに勢いを増しているわけです」(同)

 他のドラマは撮影が進まず、苦しんでいるのに……。

「昨年1年間、この枠はずっと『科捜研』でしたからね、その間に少し早めにクランクインすることで、現在放送中のSeason4はストックがあるのでしょう」(同)

 確かに、出演陣の服装を見ると、冬物のようにも見える。だが、内藤は「科捜研」にも土門刑事として出演していたではないか。

「そこが彼のすごいところですよね。『科捜研』では昨年12月頃、“さらば、土門刑事”や“土門最後の事件”という回の後、数回休んだことがありましたが……」(同)

 その頃、「捜査一課長」を撮影していたのだろうか。

「そうかもしれません。ですが『捜査一課長』は今年1月3日にスペシャル番組を放送しましたし、2月2日に放送された2時間ドラマ『全身刑事』(テレ朝)の主演もしていました。つまり彼は、5期連続で同じ枠の連ドラに出演しながら、複数の単発ドラマ主演もこなしていたわけです」(同)

 内藤剛志、恐るべし……。

週刊新潮WEB取材班

2020年5月14日 掲載

関連記事(外部サイト)