コロナ禍で突如、再放送されたドラマを総まくり 急場をしのいだ「日テレ」と「テレ朝」

 コロナ禍の影響で、この春の新作ドラマを放送する在京民放4社は、とうとう深夜を除いてなくなった。最初から旧シリーズの再放送とした枠もあれば、とりあえず撮影した分だけ流して、その後は昔のドラマを放送したケースも……。果たして上手くいった枠、そうはいかなかった枠の違いとは――。

 ***

 4月のスタート以来、新作の放送を続けていたのが「警視庁・捜査一課長2020(season4)」(テレビ朝日)だが、ここへ来てタマ切れ。5月21日に放送された“特別バージョン”は、2年前に放送されたSeason3の第2話「殺人結婚式!? 花嫁VSご祝儀1000円の女!!」だった。ところが、本編の前枠と後枠に、在宅勤務となった一課長・内藤剛士と金田明夫、そしてナイツ塙宣之の3人が、テレワークで捜査会議を付け足すという斬新な作りとなった。

「テレワークと言っても、3人の通信は携帯電話だけのようにも見え、それぞれにモニターがあるのかすら、よく分からないものでしたけど、お決まりの“必ず!ホシを!あげるっ!”までやっていたのは笑えました。結局、2年前の事件を振り返るだけなのですが、番宣もよくやっていましたし、ラテ欄には“テレワーク捜査本部”とありましたから、一体何だ?と思って見た視聴者もいたかもしれませんね。おかげで視聴率は13・1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区:以下同)と好調でした」(民放制作スタッフ)

 新シリーズを放送予定だったドラマは、当然のように旧シリーズを再放送することが多いのだが、テレ朝にはただの再放送では終わらせない、といった信念でもあるのだろうか。「BG〜身辺警護人〜」は新シリーズの放送開始を延期し、旧シリーズの再放送でも、本編の前と後に主演の木村拓哉が登場し、“ステイ・ホーム”や新作を待ってくれるようメッセージを送っている。

「視聴率は2年前に放送された時の平均15・2%までは行かないものの、今のところ2桁をキープしています。昔の作品ではないので、人気が衰えていないということでしょう。ストーリーを覚えている視聴者も多いと思いますが、それでも2桁を取れるのは、やはりキムタクの協力も大きいと思います」(同)

 旧シリーズのない新ドラマの場合は、同じ枠で放送したドラマを流す例が多いようだ。だが、そこに落とし穴が……。

「関テレ制作の『竜の道 二つの顔の復讐者』(フジテレビ)は、同じ関テレ制作で6年前に放送された『素敵な選TAXI』を代わりに再放送しています。しかし、これが数字が取れず、5%を切る事態に……」(同)

「竜の道」は火曜9時だが、「選TAXI」は火曜10時の放送だった。同じ枠とも言えないような……。

「元々、関テレ制作の枠は火曜9時から11時までの2時間。以前は9時枠でバラエティ、10時枠でドラマという編成でしたが、視聴率が取れずに、バラエティとドラマを入れ替えたのです。ですから、同じ枠と言って差し支えないでしょう。それでも『選TAXI』は、レギュラー放送時はバカリズム脚本で竹野内豊主演、現在は売れっ子女優に仲間入りした清野菜名が初めて注目された連ドラでもあった。ドラマ好きには評判も良く、平均視聴率も10・3%と数字の取らない枠としては頑張ったほうでした。それが再放送では、半分も取れないとは……。やはり、本来の新作とは全く関連がない作品では、前座にもなっていないということでしょう」(同)

 石原さとみ主演の「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」(フジ)の代わりの「グッド・ドクター」(主演・山崎賢人)は、同じ医療モノという共通項はあるが……。

「上野樹里も出演して、レギュラー放送では評判も良かった『グッド・ドクター』ですが、その後、山崎は映画『キングダム』にかかりきりで、最近のドラマにはゲスト出演する程度。“旬の人”ではなくなってしまいました。TBSの金曜ドラマ『MIU404』も同様です。ストーリーとは関連なく、同じく星野源とW主演の再放送となった『コウノドリ』の綾野剛が、そんな感じですね」(同)


■アユドラマ「M」は成功か失敗か


 ならば、三浦翔平が主演の1人であることが共通するテレビ朝日の『M 愛すべき人がいて』と『奪い愛、冬』ではどうだろう。

「『M』は浜崎あゆみの自伝的ドラマとして前評判は高かった。しかし、スタートしてみれば、アユ役の安斉かれんの演技も、ドラマの内容も笑えるほど酷かった。それを逆手にとって“令和の大映ドラマ”などと銘打ったりしましたが、それでは大映に失礼です。オマケに3話で中断という中途半端なものになった挙げ句、三浦が演じるマサのモデル・松浦勝人氏に大麻疑惑まで報じられてしまった。このまま中断の可能性もありますね。むしろ、『M』同様、水野美紀の怪演が光った『奪い愛、冬』のほうが数字を取るかもしれません」(同)

 では、上手くいった再放送とは?

「やはり『捜査一課長』は外せません。同じく、テレ朝の刑事ドラマ『特捜9』も旧シリーズとはいえ、まだ渡瀬恒彦さんが存命だった頃の旧シリーズ『警視庁捜査一課9係』を持ってきたのは良かったですね。次に『私の家政夫ナギサさん』(TBS)の代わりに“逃げ恥”こと『逃げるは恥だが役に立つ』の初回再放送は11・0%を記録しました。これはレギュラー放送(10・2%)よりも良い数字でした。新垣結衣と星野源のダンスは社会現象にもなりましたし、家政婦(夫)繋がりというのもムリがない。そして、13年ぶりの新シリーズと言うことで話題になった『ハケンの品格』(日本テレビ)。こちらも13年前の旧作の再放送で、2桁に迫る数字を上げています。また、同じ再放送でも土日の昼に放送された『JIN―仁―』(TBS)も、ドラマ自体の評価はもちろん、綾瀬はるかという超目玉のおかげで高視聴率を上げました。この辺りが成功例でしょう」(同)

 そして特筆すべきは……。

「やはりジャニーズの強さです。キムタクの『BG』はもちろんですが、松岡昌宏の『家政婦のミタゾノ』(テレ朝)も2話まで放送された新作は歴代最高の数字を上げていましたし、旧作の再放送となっても数字は落ちていません。また、『未満警察 ミッドナイトランナー』は中島健人(Sexy Zone)と平野紫耀(King & Prince)のW主演でしたが、代わりの再放送『野ブタ。をプロデュース』は亀梨和也(KAT-TUN)と山下智久(当時NEWS)のW主演。作品の共通点はジャニーズの2人ということだけですが、2桁をマークしています。さらに、フジの月9『スーツ/SUITS2』は2話まで放送した後、旧シリーズの放送から『コンフィデンスマンJP』(主演:長澤まさみ)、さらに『鍵のかかった部屋』(主演:大野智)へと繋ぎました。いずれも月9で放送されたものですが、今年いっぱいで芸能活動を休止する大野を持ってきたのはあざとくも上手い。『半沢直樹』が放送できない日曜劇場(TBS)は、『下町ロケット』『ノーサイド・ゲーム』と続けましたが、あまり数字は良くなかった。それで次に持ってきたのが松本潤の『99・9』ですし」(同)

 逆に失敗した再放送を挙げると、

「やはり『選TAXI』でしょうね。隠れた再放送の大コケと言えば、『テセウスの船』(TBS)です。5月11日〜22日にかけて『テセウスの船ネタバレSP』が放送されていたのですが、視聴率は1〜2%でした。夜11時56分スタートという時間帯でも、これは酷かった。レギュラー放送は今年1月期で、最終回は19・6%を記録したドラマですからね。とはいえ、最終回が放送されたのは3月22日のこと。最終回の謎解きにも不満の声が多かったし、何より再放送にはまだ早すぎました」(同)

週刊新潮WEB取材班

2020年5月28日 掲載

関連記事(外部サイト)