不倫騒動のアンジャッシュ・渡部建 ツッコミ嫌いのエリート芸人ゆえの壁

不倫騒動のアンジャッシュ・渡部建 ツッコミ嫌いのエリート芸人ゆえの壁

渡部建

「みんな心に渡部を飼ってる」。アンジャッシュ渡部建と交友がある、有吉弘行の発言だ。ついその道の「ツウ」ぶって、ウンチクをかましたくなる気持ちを例えたらしいが、絶妙だと思う。知識や経験をひけらかしてみたい。玄人顔負けですごいと言われたい。特別扱いされてみたい。そういう気持ちは少なからず誰しもある。心の中の「渡部」を、飼い慣らせる人と飼い慣らせない人がいるだけなのだろう。

 飼い慣らせる人とそうでない人の違いは、「心に有吉を飼えるかどうか」ではないか。自分の言動を、悦に入っちゃってダサいよお前、と冷静に見ることができるかどうか。渡部は複数の女性との不倫関係を暴露され、「不徳の致すところ」と語った。しかし彼になかったのは徳というより、手厳しい「ツッコミ」の存在ではなかったかと思うのである。

 今回の騒動も、渡部は徹底的に「ツッコミ」を排除したかったように見える。報道前に降板を申し入れた先行自粛型の対応。第一報直後には「妻にも説明し、謝罪しました」と発表。家族と関係者には謝罪済みなんだから、それで十分でしょ、と言わんばかり。確かにその通りである。だが対応があまりに早く鮮やかすぎるので、妙に小賢しい印象が残ってしまうのも事実だ。

 もともとアンジャッシュはボケとツッコミを明確に分けていない。ただ相方の児嶋一哉が「児嶋だよ!」の持ちネタを持っているのに対し、渡部自身の持ちネタはない。それは明確に、なんとなく児嶋の方が突っ込みやすい、と周囲からも思われていたからではないか。

 爆笑オンエアバトル第5代チャンピオンといえど、最近の渡部はお笑いよりもグルメに軸足はあった。野球や心理学にも詳しく、幅広い分野での器用さがうかがえた。顔もいいし声も聞き取りやすい。ラップも歌えて物腰も柔らかい。その全方位に見せるソツのなさこそが、多くの有名番組のMCに抜擢されていた理由だろう。そして、ある意味ではそのスキのなさこそが、他の芸人たちからツッコミづらいと思われていた部分ではないだろうか。ついには若くて可愛い有名人の妻を手に入れ、渡部の器用さは盤石のものとなった。うがった見方をすれば、世間知らずの若い妻なら、家庭でも余計なツッコミはないだろうと思ったのかもしれない。


■お笑い界では仇となる、ツッコミ嫌いという問題点


 それでも佐々木希と結婚した当初は、様々な番組で彼女との関係をイジられていた。「アメトーーク!」や「行列のできる法律相談所」ではタジタジになっていたものだ。ただそれがよほど嫌だったのか、「行列」で共演していた東野幸治や宮迫博之は、結婚式には呼ばれなかったと明かしている。かねてより親交があったカンニング竹山も、招待されなかったと言っていた。自慢の妻の晴れ姿に、余計なツッコミが入っては台無しになると思ったのではないだろうか。

 彼の願いは実ったのか、今回の騒動に対して本気でツッコんだ芸人はほぼいない。唯一、きちっとツッコんでくれたのはカンニング竹山くらいである。児嶋のツイッターには、劇団ひとり含めて多くのリプライが飛んだようだが、渡部に関する発信はまだない。おぎやはぎは半笑いでかわし、有吉も渡部を匂わせるイラストを投稿したきりだ。

 しかしついに相方の児嶋が代理でラジオに出演した。厳しい言葉で渡部を断罪しながらも、彼の方が売れている格差を感じて強く言えなかったことを涙ながらに語った。ケンカをしても理論武装されてやり込められてしまう、と言う話もあったが、やはり渡部は相方にさえ、「ツッコミ」させないよう振舞っていたのだろう。

 不倫をした芸人は、相方や周囲がネタにすることで禊を済ませてきた。ダウンタウンの浜ちゃんも、千鳥の大悟も、オードリーの春日も。狩野英孝も、とにかく明るい安村も。汗と恥をかいてお笑いに身を捧げてきた同族を守ろうとする、ある種の仲間意識。あるいは、人の不幸を使ってでもメシのタネにするというハングリー精神。どちらにせよ、笑いに変えれば全て良し。そういう周りのツッコミで、その芸人の寿命が延びる。そうした業界特有の「常識」は、一般社会では「非常識」にも映るだろう。ただ渡部だって、一度はそこで生きていくことを選んだ。そしてそのおかげで、さまざまな飲食店から特別待遇を受け、多くの女性にモテたのだ。

 器用な人生で、恥をかくようなことなどないように見える渡部。彼を待つ芸人たちは、いい勉強の機会だと思っているのではないだろうか。渡部が芸人として復帰したいのかはわからない。でも今後もお笑いの道で復活したいならば、必要なのは美女でも美食でもなく、見るのも聞くのも嫌になるような、厳しいツッコミなのではないだろうか。

冨士海ネコ

2020年6月14日 掲載

関連記事(外部サイト)