渡部建の代役で評価急上昇、いきなり正念場を迎えた「児嶋一哉」の気になる使われ方

渡部建の代役で評価急上昇、いきなり正念場を迎えた「児嶋一哉」の気になる使われ方

児嶋一哉

 アンジャッシュの渡部建(47)は、不倫報道で芸能活動の無期限活動自粛を発表。数多く持っていたレギュラー番組の中、相方の児嶋一哉(47)はラジオ番組の代役を務め、“涙の謝罪”をした。とはいえ今後、渡部の全レギュラーの代役が務まるかと言えば、それは難しいという。相方を失った児嶋は、今後どうすべきなのか。

 ***

 渡部は自らの不倫が週刊文春に報じられる前々日(6月9日)に、芸能活動自粛を発表した。その3日後、つまり文春報道の翌日に、彼がナビゲーターを務めるJ-WAVE「GOLD RUSH」に代役として出演したのが相方の児嶋だった。

児嶋:渡部の代打で僕がやらせていただくことになったのですけど、知らない方もいるかと思うので簡単に触れさせていただきますと、うちの相方・渡部が不倫をしまして……これがもうね、笑えない。笑える不倫というのはありませんが、相方の僕からしても、笑えない。たちが悪い、気分が悪い、気持ち悪い不倫をしまして、世間をものすごく騒がしてしまっております。本当に……馬鹿ですね。

――涙声になりつつも、渡部を叱り、突き放す。

児嶋:大馬鹿で、調子に乗ってたんでしょうね。仕事も上手くいってるし、プライベートも順風満帆だし、天狗だったんですよね。もう、自分で勘違いしていたんですよ。本当に……人の痛みとか、思いやりとか、優しさとか、愛とか、そういうのがないんですよ。だからこういうことになるんですよ。浮気した方々だけではなく、スタッフさんに対する態度、芸人仲間に対する態度、言わせてもらえば僕に対する態度も、振り返ればダメですよ、あいつは。

――そして、児嶋は自分にも責任の一端があるというのだ。

児嶋:僕も10年以上前ですがキレて、喧嘩になったことがありますけど、あいつは頭が良いので、理論武装してきて響かなかったということもあって……。ぶっちゃけずっと、アンジャッシュは仲良しコンビではなく、メチャクチャ仲悪いときもあれば、ちょっと話したりするときもあるけど、振り返れば「なんで、お前、そんなこと言うんだ」、「なんにも愛を感じねーぞ」ってことがありました。その時に、僕がちゃんと言っておけば、もしかしたらこんなことにならなかったのかなと思います。渡部は仕事はメチャクチャ頑張っていて、現に仕事も一杯増えて、僕なんかより全然、売れてるっていうのもあって、アンジャッシュの立場的、関係性的にも言いづらいところがあった。立場的に僕の方が弱い部分があって……僕の弱い部分があいつを甘やかしたんだなって。


■僕があいつを誘って始めた


 涙の謝罪放送に、SNSでは児嶋を応援する声が拡がった。民放ディレクターが言う。

「辛い代役だったと思います。視聴者も彼が何を語るのか知りたいでしょうし、芸人の場合、相方が語る、感情を伝える、フォローすることで、禊にもなりますからね。番組サイドとしても、真っ先に児嶋さんに出てもらったんでしょう。スポンサーも渡部さんはNGでも、児嶋さんならOK。今回はJ-WAVEの狙いが上手くははまったんじゃないですか」

 しかし、13日の『王様のブランチ』(TBS)では、渡部が務めていたMCに代役を立てることはなかった。

「当初は児嶋さんが代役を務めるはずでした。それが取りやめになったところを見ると、渡部さんの『ブランチ』降板は決定的ということでしょうね」(同)

 児嶋の代役ではダメなのだろうか。

「“渡部さんの仕事”を、そのまま児嶋さんが務めることは難しいでしょう。彼はこれまでも『ブランチ』の代役をやったことは何度かあるのですが、話題作りレベルでしたしね。渡部さんが得意だったグルメネタも難しいし、『FNS歌謡祭』(フジテレビ)の代役MCも難しいでしょう。もちろん、そういった仕事が彼には向いていないと言うだけ。今回の騒動で注目されたわけですし、今後、他の仕事が増える可能性はありますね」(同)

 どういった仕事になるのだろうか。

「彼の芸人としての評価は、天然系、イジられキャラ、スベり芸、真面目でいい人といったところでしょう。そこから派生した『児嶋だよ!』という鉄板ネタもあります。どんな発言をしてもツッコまれる、芸人としておいしいキャラを持っており、パネラーとしてピンで出演することも多い。ですから、『行列のできる法律相談所』(日本テレビ)などは代役としてイイ仕事ができると思いますね」(同)

 彼のTwitterには芸人仲間からも応援の声が届いている。

《小島瑠璃子。今が頑張りどきだ。/無理はするな。自分が出来ることだけする。あとは、風まかせー。》(三村マサカズ)

《児嶋一哉だよ!/ありがとうございます》(児嶋)

 渡部の復帰は当分ないだろうが、そんな中でもひとり仕事を続けることになる児嶋は、かなり辛いはず。

「渡部さんが復帰するとしても、時間はかかるでしょう。それでも児嶋さんがコンビでの活動を望むのであれば、代役であろうと、アンジャッシュを名乗りつつ、ピンで活躍し続けるしかありません。お笑いコンビは、一方が不祥事を起こしても相方が踏ん張ることが、活動再開に繋がりますから」(同)

 かつては「横山やすし・西川きよし」のように、不祥事すら笑いに替える者もいた。しかし、コンプライアンスが厳しい昨今、それは難しいのでは?

「極楽とんぼやアンタッチャブルの例もあります。両者とも、相方の女性問題がきっかけで活動自粛しましたが、その間ももう1人が活躍を続け、コンビ復活となりました。アンジャッシュの場合は、どちらかと言えばアンタッチャブルに近いかもしれません。児嶋さんがザキヤマ(山崎弘也[44])のように、イジられながらも笑いに替え、頑張って注目を浴びることで、渡部さんの復帰の可能性も出てくるかもしれません」(同)

 そこは児嶋自身が一番分かっていることだろう。前述のラジオで、彼はこう言っていた。

児嶋:まだこれからのことを話す段階にないんですけど、相方とは1回2回、電話で話して、心を入れ替えるって謝ってきましたけど。あいつがあんなに俺に謝ってくることなんてないので、切なくなって。『おまえ、これだけ迷惑かけているぞ』ってちゃんと怒ったほうがいいのかなとか……いろんな感情があるんですけど。人間そんな簡単に変われるとは思ってないんですけど、心を入れ替えて、人の気持ちがわかる、愛のある優しい人間に生まれ変わらないとダメですよ。もし許してもらえて、そういう場を与えられるなら、人間的に変わってないとダメですよ。仮に復帰できずに他の仕事をやることになっても同じですよ。僕、個人的にも、目の前の仕事を一生懸命やらせていただくしかない。予定通り入っている仕事を。これからも使ってもらえるならやらせてもらいたいし、これで仕事がなくなってしまうかもしれないけど、渡部に出会って30年、僕があいつを誘って始めたので、それも受け止めます。改めて、うちの相方がご迷惑をかけて、申し訳ございませんでした。

 児嶋にいきなり正念場がやってきた。果たして――。

週刊新潮WEB取材班

2020年6月18日 掲載

関連記事(外部サイト)