独立「菊池桃子」と「小泉今日子」の奇妙な共通点 ただし政治的スタンスは真逆

■菊池の講演料は200万円!?


 菊池桃子(52)に、大きな注目が集まっている――。衝撃の独立発表があり、政界出馬説も報じられた。これまでの報道を振り返ってみよう。

 ***

 まずは独立だ。スポーツ紙が横並びで報じたが、その中で、スポーツ報知が6月23日の紙面に掲載した記事をご覧いただこう。

 見出しは「菊池桃子が所属事務所『パーフィットプロダクション』から独立」だ。

 冒頭で菊池が22日、所属事務所「パーフィットプロダクション」から独立したことを発表したと紹介した。

《菊池はオフィシャルサイトを新たに開設し「本日より芸能活動等を、自らが持つ会社で行っていくことになりました」と報告。前所属事務所社長への感謝をつづり「自身の個性と向き合うため真摯(しんし)に頑張りたいと自身を鼓舞しております」とした。私生活では、19年11月に経済産業省の新原浩朗氏と再婚した》(註:全角数字を半角数字にするなど、デイリー新潮の表記法に合わせた。以下同)

 何の変哲もない記事にも思えるが、これが“政界進出”を報じる号砲になった。例えばスポニチアネックスは23日、「菊池桃子、独立…朝ドラ『エール』出演中、異例のタイミング 衆院選の準備?」と報じた。

《異例のタイミングでの独立とあって、即座に今後に関するさまざまな臆測が飛び交った。一部の政界関係者からは、安倍政権の10月の解散・総選挙がささやかれているだけに「衆院総選挙での出馬に向けた準備では?」との声が上がった》

《菊池は15〜16年に「一億総活躍国民会議」に民間議員として参加。昨年11月には同会議で知り合った経済産業省政策局長の新原浩朗氏(60)と再婚した。現政権では、安倍晋三首相をサポートする長谷川栄一、今井尚哉の両首相補佐官と佐伯耕三首相秘書官はいずれも経産省出身。新原氏も政界と近く、三原じゅん子氏(55)、丸川珠代氏(49)、今井絵理子氏(36)に続く自民党の女性著名人議員への布石との見方も浮上している》

 菊池の反論は早かった。スポニチアネックスなどの報道を受け、同じ23日に公式サイトに政界進出を否定するコメントを掲載した。

 これで一段落かと思いきや、それでも出馬報道は続いた。まず週刊実話(電子版)が24日、「菊池桃子“総選挙出馬”完全否定も信じる者はほとんどナシ…」と配信した。

《現在、自民党には三原じゅん子、丸川珠代、今井絵理子などの芸能界出身の女性議員がいるが、知名度、親近感どれを取っても菊池が一番と言っていい。出馬すれば大きな話題になることは間違いない》

《独立の際、「人生の後半戦を、自身の個性と向き合うため真摯に頑張りたいと自身を鼓舞しております」とコメントしていることから、芸能活動以外にも活躍の場を広げようとしているのは明らか》

 更に夕刊フジも26日の紙面に「菊池桃子、政界出馬説否定も…消せない待望論」の記事を掲載した。


■共に事務所を辞め、共にバツイチ


 一方、菊池の主張に理解を示すメディアもあった。女性自身(電子版)は6月23日、「菊池桃子が出馬を否定する理由 仕事の幅と義父母の介護問題」の記事を配信した。講演の仕事を大切にしていることと、義母の介護に献身している姿を伝えている。

 民放キー局の関係者も、「政界進出の噂を菊池さんは『100%ない』と断言しましたが、私たちも彼女は嘘をついていないと思います」と言う。

「菊池さんが今、行動を共にしているマネージャーさんは、パーフィットプロダクションで長年、菊池さんを担当していた人です。共に退社し、共に新会社を興しました。菊池さんの講演料は最高額で200万円とも囁かれています。政界に出馬すると、こうしたビジネスモデルが崩壊してしまいます。菊池さんにとって一蓮托生のマネージャーを路頭に迷わせるようなことをするはずがありません」

 ちなみに、橋下徹弁護士(51)も講演依頼が多いことで知られるが、本人はテレビ番組などで「講演料200万円」を認めている。

「小泉純一郎元首相(78)や高橋尚子さん(48)の講演料を“特Aクラス”とするなら、菊池さんはAクラスというところでしょう。標準価格は100万円くらいだと思われますが、この額だと『受けるか受けないかは菊池さんの自由』ということになります。何としても講演を依頼したい場合は、150万から200万に跳ね上がるでしょう。菊池さんは『選挙に出て、今のポジションをわざわざ失うのもどうか』と考えているはずです」(同)

 民放キー局の関係者は「よくよく考えると、菊池さんは小泉今日子さん(54)と共通点が多いですね」と指摘する。その根拠をご紹介する前に、まずは表をご覧いただこう。

 ちなみに菊池桃子は2012年、に法政大学大学院政策創造研究科で雇用問題を専攻し、修士号を取得したことで、労働分野の専門家としても知られるようになった。

「80年代アイドルのトップが松田聖子さん(58)と中森明菜さん(54)の2人であることは言うまでもありませんが、菊池・小泉のご両人も、負けず劣らずの人気でした。一般的には、小泉さんのほうが、菊池さんより評価されていると思います。しかし、菊池さんは武道館公演の最年少記録を持っています。また若い頃に映画の経験を踏み、それが90年代にテレビドラマで花開きました。今で言えば、橋本環奈さん(21)の売り出し方に似ていますね」(同)

 小泉はデビュー以来、ずっとバーニングに席を置いた。菊池は1988年に“ロックバンド”「ラ・ムー」を結成するが、興行的には失敗してしまう。これを契機にトライアングルプロダクションからパーフィットプロダクションに移籍した。

「バーニングもトライアングルも、所属タレントは10人前後です。タレント本意のマネジメントを行うことでも知られています。菊池さんも小泉さんも、これまで長年、苦楽を共にしてきた事務所を辞めて、個人事務所を設立して業界で話題となりました。また、お二人ともバツイチで、最近になって新しいパートナーを得られたことでも注目されています。菊池さんは入籍されましたが、小泉さんは妻子ある豊原功補さん(54)との不倫状態ですけどね」(同)

 そして2人とも、“政治”に接近している。

「菊池桃子さんは一億総活躍国民会議の民間議員に選ばれ、政府・自民党と近いことで知られています、一方の小泉今日子さんは法務省の人事問題を批判するなど、野党寄りの姿勢を鮮明にしています」(同)

 論語には「五十にして天命を知る」という有名な一節がある。彼女たちの“天命”は何なのだろうか。

週刊新潮WEB取材班

2020年7月6日 掲載

関連記事(外部サイト)