藤井聡太七段、最年少タイトル獲得…「将棋と囲碁」学力アップの軍配は?「つるの剛士」ら語る

■「将棋」と「囲碁」子どもにやらせるならどっち?(1)


 将棋の最年少棋士・藤井聡太七段(17)が従来の記録(17歳11カ月)を30年ぶりに更新、将棋界初の「17歳タイトルホルダー」となった。幼い頃にこの道へ入った精進した結果だが、七大タイトルなど多くの最年少記録を持ち、2018年に国民栄誉賞を受けた囲碁の井山裕太九段(31)もまた同じ。将棋か囲碁か、子どもにやらせるならどっち? 棋界を愛する17人による徹底ガイドをお届けする。

(「週刊新潮」2018年2月22日号に掲載された記事を再編集したものです。肩書や年齢は当時のものを使用しています)

 将棋と囲碁、各々の世界で史上初の栄誉を授かった2人に憧れて、各地の将棋教室や碁会所が盛況と聞く。

 だが、同じボードゲームながら似て非なる両者を詳しく知る人は少ないだろう。2017年版「レジャー白書」によれば、将棋愛好者の約530万人に対し囲碁は約200万人と劣勢だが、

「囲碁は、人類が作り出した最も面白いゲームだと思っています」

 と語るのは俳優の辰巳琢郎氏(59)だ。プロ棋士の総本山・日本棋院で評議員を務める彼も、小中学時代は将棋派だったと振り返る。

「けっこう将棋は強かったのですが、そのうち映画だったりお芝居にハマっていった。京都大学で学生演劇に夢中だった頃には、マージャンに明け暮れる日々を過ごしてしまい……」

 そんな彼が囲碁と出会ったのは今から20年前のこと。NHKの番組で司会をしたのがきっかけという。

「若い3人の女性棋士に習う、というか鍛えられる企画でした。囲碁は難しそうに思われがちですが、ルールはすごく単純で入りやすい。基本的には白い石と黒い石を交互に打ち合うだけ。簡単に言えば陣取りゲームです。お互い石を打ってたくさん自分の陣地を広げていけば勝つ。いたってシンプルなボードゲームなんです」

 プロが使う碁盤は縦横19本の線がある19路盤だ。マス目を構成する線の交点(361カ所)であれば、基本的にはどこでも自由に石を置け、将棋のように駒の動きを最初に覚えなくてもいい。対する将棋は9×9マスの81マスで、終局までの手数は110手ぐらい。囲碁はその倍の250手から300手かかる。手軽さでは各々、甲乙つけ難いのだが、

「“碁盤は宇宙”と言われるほど、どこへ打ってもよいので最終局面まで無限の可能性があるのが魅力です。何が一番よい手なのかすぐには分からないところに面白さがある。将棋は最終的に王将を取ったら勝ちですよね。たとえ自分の味方がみんな死んでも相手の王さえ殺せば勝利となり、戦争的な側面がある。もちろん、囲碁も勝敗は決まりますが、将棋のように『ゼロか百か』ではありません。相手を殺せば勝ちではなく、お互い取った交点(目)の数で勝敗が決まります。先手後手で6目半のハンデをつけるのが普通なので、半目差など、ギリギリの結果が生まれることもあるのです」

 とにかく「王」を仕留めようと最後まで死力を尽くす将棋と違い、お互いに折り合いをつけながら勝負を続ける。その駆け引きにこそ奥深さがあるという。


■つるの剛士氏は「碁はハマれなかった」


 けれど、日本将棋連盟の将棋親善大使を務めるタレントのつるの剛士氏(42)は、率直にこう反論する。

「囲碁って白か黒の石しかなくて個々にキャラクターがないでしょう。将棋の駒と違って感情移入ができず寂しいんです。ごく最近、碁を勉強しようとしたのですがハマれませんでした」

 ご存じ将棋の駒は、それぞれに役割があり動き方も異なる。そのことが子育てにも役立っているというのだ。

「僕は1歳から13歳まで2男3女の父親ですが、将棋のおかげで5人とも違うキャラクターだということを尊重し、個性を伸ばそうと考えるようになりました」

 と持論を語るつるの氏は、ご存じクイズ番組などで“おバカタレント”として珍解答を連発。お茶の間を沸かせるが、将棋が仕事にも役立っていると話を継ぐ。

「バラエティ番組では大勢のタレントさんが出演しています。その中で、自分がどの駒になって働けばいいか。そう常に考えています。この番組では誰も暴れる人がいないから、今日は『飛車』として声を大きく出して前に出よう。あのタレントさんは小まめに飛び跳ねる『桂馬』だから、僕は『歩』になって出過ぎるのはやめよう。そんな風に自分を駒に例えるようになってから、仕事がやりやすくなった。皆で番組を面白いモノにしたい。将棋も仕事も、決まった役目を持つ駒を活かすことが肝心ですからね」

 むろん、教育の一環として子どもたちに将棋を教えたが、実は誰も父親とやりたがらないと苦笑する。

「大人が負けて自信を与えないとダメなのに、僕は勝負だとムキになる。ついつい勝ってしまい、みんな将棋にのめり込まなかった。ラストチャンスは一番下の1歳になる男の子。もう少し大きくなったら、今度こそちゃんと負けてあげたい」

 やはり将棋も囲碁もゲームだから、勝つことが親しむ“最初の一手”なのだ。

■水野真紀さんのご子息は「囲碁」


 他方、囲碁を育児に取り入れたという女優の水野真紀さん(47)は、こんな経験談を明かしてくれた。

「12歳の一人息子は、夫(自民党の後藤田正純副幹事長)と囲碁を打つとコテンパンに負かしちゃう。3年前、小学4年の時に囲碁の全国大会(第36回文部科学大臣杯少年少女囲碁大会)で6位になったんです」

 そんな自慢のご子息は、幼稚園の年長から囲碁を始めたというから早熟である。

「今は小6になりましたが、囲碁効果で忍耐力や集中力が鍛えられ、学校でも算数の成績は悪くない。相手よりも広く陣地を取ることで勝つゲームですから、広い碁盤の上で目の足し算、引き算を常にやっているんです。また、局所的に相手と戦っていいのか、もっと他で攻める必要があるのではといった具合に、人生に必要な全体を見渡す大局観も学んでいると思います」

 普段は同じ年頃の子どもたちと一緒で、元気いっぱいのわんぱく少年だというが、運動会ではこんな不思議な出来事もあったそうだ。

「騎馬戦で勝った時、息子だけガッツポーズをしていなかったんです。相手を慮(おもんぱか)る他人への礼節を、囲碁から学んでくれたのだと感じました。彼は普段から不思議と目の前の人をライバル視したり、小さなことで自分と比較してモノを言うことがないんですよ。大局的に物事を見る心が養われているのかもしれません」

 むろん礼儀作法という点では将棋も負けていないと語るのは、女流三段で一般社団法人「日本まなび将棋普及協会」代表理事の高橋和(やまと)さん(41)だ。

「将棋は“お願いします”に始まり、最後はどちらかが“負けました”と頭を下げる。潔く負けを認めないといけません。対局後に盤や駒を片付けるのは勝っても負けても対局の上位者。勝負事ではありますが、勝っても決して驕らずに、相手を慮って礼を尽くすという精神を教えてくれます」

 現役を引退後、彼女は2016年から東京・吉祥寺で「将棋の森」を運営して、未就学児から小学校高学年まで80人ほどの子どもたちを相手に将棋を教えている。

「私は中学3年でプロになりましたが、元来、勝負事が好きでした。将棋は王将を仕留めれば勝ち。目的がハッキリしているので子どもたちも始めやすい。勝ち負けが分かりやすいから自分の力で道を切り開く楽しさがある。裏返せば全ての責任は自分にあって誰も助けてくれない。勝負の世界ですから、負けたのは相手が強いからではなく自分が弱いからだと省みる。謙虚な気持ちも養われます」


■入試には囲碁?


 さらに、日本将棋連盟常務理事の森下卓九段(51)は、

「将棋を義務教育化すべきだと考えています」

 という大胆な持論を披露する。小学4年から中学3年までの間、週に1回将棋を指せば一生楽しめる実力がつくというのである。

「将棋は礼儀作法や冷静な思考力を身につけることができますよ。かく言う私は、父の影響で幼稚園から碁を始めたけど“ゴ縁”がなかったと言う他ありません」

 その代りに小学校では将棋が好きになったそうで、

「恐らく感情移入しやすかったのでしょう。盤の上では、自分が全軍の指揮官となったつもりで戦えますから。例えば、将棋には『美濃囲い』といった守り方があります。戦国武将・斎藤道三が築いた難攻不落の稲葉山城に例えた堅い守りですが、それを崩せば一気に相手の将も倒してしまえとなる。群雄割拠の攻防戦を体感できるのです」

 歴史にも親しめて年頃の男の子など夢中になれること請け合いだが、他方で日本棋院常務理事を務める原幸子四段(47)はこんな意見だ。

「碁は相手をやっつけて排除するのではなく、昔から『手談(しゅだん)』といって一手一手コミュニケーションを図って最後にちょっと勝つ。相手との知恵比べをするモノ。将棋と比べ同じ局面が生まれる可能性は少ないので、その都度生じる変化を楽しむ癖がつく。日常でも人は初めてのことに直面すれば、戸惑う場面があるけれど、囲碁経験者は、変化そのものを楽天的に捉え、動じない人が多いと思います」

 それこそが、グーグルが人工知能(AI)を搭載した「アルファ碁」を開発した理由だと話は広がる。

「囲碁は世界一、変化が多いゲームと言われ、滅多に同じ局面が現れません。未だにAIで解明できない点が多いので、グーグルさんもターゲットにしたのでしょう。そういった意味で、囲碁は20年の大学入試改革以後の受験対策に有効だと思います。これまでの入試問題は暗記がメインで、答えはコレと言えればよかった。けれど、今後は暗記一辺倒では解けない出題方法にシフトすると聞いています。知識の蓄積だけでなく、状況に合わせた応用力が試される。将棋のプロは過去の記録を暗記して、その局面で一番いい手を指しますが、囲碁では新たな状況に対応する応用力が求められる。囲碁をやった方が、大学入試には有利なのでは」

 けれど「入試」の次に待ち受けるのは「就職」という関門だ。そこで斯界の先人たちに話を聞いてみよう。

(2)へつづく

2020年7月17日 掲載

関連記事(外部サイト)