「横浜流星」コロナ感染で背筋が凍った日テレ 何が何でも「24時間テレビ」はやる

「横浜流星」コロナ感染で背筋が凍った日テレ 何が何でも「24時間テレビ」はやる

横浜流星

 7月21日、横浜流星(23)の新型コロナ感染が発覚し、日本テレビに激震が走ったという。8月スタートの同社ドラマに彼が主演することはもちろん、上演予定だった舞台も同社の主催。加えて、局内でさらにコロナ感染者が出たら……。今年の「24時間テレビ」にも影響が出かねないというのだ。

 ***

 日テレ関係者が言う。

「7月20日、つまり横浜の感染が明らかとなる前日、情報・制作局の社員全員に対し、“新たな指針”が配布されたんです。ざっくりいうと、『24時間テレビ』を何としてでも放送するために、番組(出演者・スタッフ)から感染者を1人も出してはならない、というものでした。都内でも1日の感染者数が200人を超え始めた時でしたし、新宿の舞台公演でクラスターが発生して大問題になったばかりでしたからね。その指針が発令された矢先に、横浜のコロナ感染が発表されたのですから、社内は騒然となりました」

 横浜は、8月6日開幕の舞台「巌流島」で宮本武蔵を演じるはずだった。ちなみに相手の佐々木小次郎は伊藤健太郎(23)で、公開6日で興収10億円を突破しヒット中の「今日から俺は!!」のトゲトゲ頭のほうである。ドラマ版は日テレで放送された。


■共演者に陽性無し


 7月20日、舞台稽古を終えた横浜は、倦怠感から検温すると発熱があったことから、医療機関で受診。深夜に陽性と判明して入院し、翌日に所属事務所から正式に発表された。

「横浜は8月12日にスタートする日テレのドラマ『私たちはどうかしている』の撮影にも入っていました。浜辺美波(19)と共にW主演を務めます。そのため、浜辺はじめ、観月ありささん(43)、佐野史郎さん(65)、山崎育三郎さん(34)も、21日にPCR検査を受診。いずれも23日に陰性と判明しました」(同)

 全8話にドラマはすでに7話後半まで撮り終えており、横浜の回復を待って再開する予定という。だが舞台は、東京公演(明治座)が中止となった。共演者である伊藤もPCR検査を受け陰性と分かったが、自宅待機の状態という。

「日常生活はもちろん、撮影現場や稽古場でもフェイスシールドを使用するなど、いわゆる“三密”を避けるようにしていた。にもかかわらず、コロナに罹ってしまったというなら、責任を問うわけにはいきません。とはいえ、新たな指針が出た翌日の発表なので、タイミング的には最悪でしたね。通常ならドラマのプロデューサーの責任を問う声が出てもおかしくないところでした。そのプロデューサーは昨年『あなたの番です』の大ヒットで日テレMVPに輝いた鈴間広枝プロデューサーです。もっとも、ドラマ共演者に感染者はいません。とすれば、舞台側に責任を持っていきたいところが、『巌流島』の東京公演も日テレの主催ですからね。幸い、横浜にも同情の声が多いようですし、まだ開幕していなかったことが救いでした。日テレでクラスターを発生させたら、密が高い『24時間テレビ』なんてやっている場合ではないですから」(同)


■必ずやる!


 日テレの小杉善信社長が、定例会見で今年の「24時間テレビ」について語ったのは、3月23日のことだった。

「どういう形になろうが、必ずやるという風に考えております」

 もはや社是と言っても過言ではないのかも。であるから、7月6日の「ZIP!」内で、今年も「24時間テレビ」を放送することを発表した際は、水卜麻美アナ(33)もずいぶんと畏まっていた。

水卜:今年の「24時間テレビ」に関してお知らせがございます。今年の「24時間テレビ」ですが、日本テレビでは何度も話し合いを重ねてきました。そして医療従事者の方への支援をはじめ、今年こそ、このチャリティ番組をやっていくという意味があるのではないかということで、放送を決めました。この夏はいつもとは違う「24時間テレビ」をお送りします。まずはこちらをご覧ください。

――第1回「24時間テレビ」で司会を務める萩本欽一(79)と大竹しのぶ(63)の映像などを流しながらナレーションがつく。

ナレーション:1978年に始まった「24時間テレビ」。私たちは一度も途切れさせること無く、42年間、放送を続けてきました。そして今年、出演者、スタッフ、が心を一つにして、43回目ではなく、新しい日常での1回目、そんな決意で新たな「24時間テレビ」をお届けします。放送は8月22日、23日。会場は両国国技館。新型コロナウィルス感染拡大を防ぐため、無観客でお送りします。

水卜:はい、今年の「24時間テレビ」は新しい日常での1回目としてお送りしていきたいと思います。メインパーソナリティですが、今年はグループや世代の垣根を越えた5人が務めていくことになります。例年の「24時間テレビ」とは大きく異なった形で、お送りしますけれども、詳しい内容は5人の中でキャプテンを務められる方から、この後の「スッキリ」に出てくれますので、紹介させていただきたいと思います。

 そして「スッキリ」では、V6の井ノ原快彦(44)が登場し、例年と異なる点を発表した。

●両国国技館では対面での募金は行わない。
●番組史上初となるキャッシュレス募金を強化。
●公道を使ってのマラソンは行わない。

 今年のテーマは「動く」に決定したことも発表された。ここで井ノ原は率直に語った。

井ノ原:テーマを聞いた時、自粛中だったんです。「動けねーじゃん、動いちゃだめでしょ」って気持ちももちろんあったんですよ。ただ動け!じゃない。思考停止しちゃいけないよね、じゃどう動けばいいかっていう工夫、それを皆で考えていこうという24時間テレビになります。

 さらにお昼の「ヒルナンデス」には、井ノ原以下5名のメインパーソナリティが発表されるという、3番組にわたって小出しの番宣が続くなど、ある意味、日テレの本気度が伝わるものとなった。

「今年はオリンピックが延期となって、“捕らぬ狸”となったCM収入を取り返さないと会社が立ちいきません。スポンサーだって、五輪がなくなって、広告費の使いどころを考えあぐねています。そんな中、『24時間テレビ 愛は地球を救う』は、企業にとってイメージアップになる。広告だって出しやすいはずですよ」(同)

 とはいえ、楽観はできない状況である。

「もちろんです。放送まで、まだひと月近くあるわけですから、出演者からも、番組スタッフからも、感染者が出ないとは限りません。万が一、そうなった時はどうするのか。コロナ禍のリモート中継が増えたおかげで、リモートシステムも構築されてきました。国技館は押さえてありますが、自社スタジオを駆使して放送することになるかもしれません」(同)

 果たして第43回「24時間テレビ」はどんな番組になるのだろうか。

週刊新潮WEB取材班

2020年7月28日 掲載

関連記事(外部サイト)