小倉優子と木下優樹菜…“当然全然天然じゃなかった”か“純粋さゆえの暴走”か

■こりん星人設定に翳りが見え人間界に戻ると「ハキハキしてて常に計算してるし」


「コリン星からうっかり地球にきた優子りん」を演じていた小倉優子は人間界に戻ると、洗剤のCM(ママタレ最上位の勲章)にも出演するなど、ママタレとして絶頂を極めてきた。そんな中で遭遇したスキャンダルでの対応にも賛否が分かれるが、芸能界に留まって活動を続けるようだ。一方、タピオカ騒動から不倫報道を経て芸能界引退を決めた木下優樹菜。奔放な言動にも家族思いの視点が見られ、純粋さも感じられる。芸能界のママタレもその数だけ生き方があるということなのだろうか。バツイチ子なしの徳光正行が綴る。

 ***

 昨今大いに話題を振り撒きました木下優樹菜さん(32)と小倉優子さん(36)、「去った人と残った人」として分類し着目して見てみることができるかなと思っております。つい数年前までのお2人は好感度の塊(たとえ意図的に作られたものであったとしても)だったように思えましたが、今となっては手のひらを返され、批判の対象となってしまったことは残念でなりません。

 まずは残った人、小倉優子さんのお話です。木下優樹菜さんには可愛げと一途な純粋さを感じた私ですが、小倉優子さんにはその可愛らしいお人形のような外見とは裏腹に、勇ましさと強かさを感じて止まないのです。

 彼女は幼くて愛らしい姿を武器にグラビア活動で注目を集め、テレビ(バラエティ番組)界に進出し、「こりん星のりんごももか姫」というキャラクターを確立させ、試行錯誤を繰り返す周りのグラビアアイドルたちを尻目に独走態勢を築きました。

 そしてそのこりん星人設定に少し翳りが見え始め人間界に戻ると、しばらくは「天然系に見えるけど実は賢いんじゃないか?」的な存在になり次なるステージに進みます。そう、ママタレというポジションでございます。

 思えば10数年前、私は彼女と同期のグラビアアイドルと親しくしていたことがあったのですが、「優子りんは普段全然天然じゃないからね。ハキハキしてて常に計算してるし、ちゃんと相手を見てるから」という言葉をよく耳にしていました。

 その当時は売れ始めた彼女への嫉妬かと聞き流していたのですが、その後の彼女の芸能界立身出世物語を目の当たりにしますと、そのグラビアアイドルさんの言葉は全くもって正解だったと気付かされたのです。


■洗剤のCM(ママタレ最上位の勲章)からの疑問符の乱れ打ち…


 ママタレの地位をほしいままにし、ライフスタイルブックを出せばベストセラー、洗剤のCM(ママタレ最上位の勲章)にも出演し、実に順調な芸能生活を送っていたのですが、元の旦那さんの浮気(しかもグラビアアイドルとの)が発覚し、2人のお子さんを抱えて離婚に踏み切ります。

 従来ですとここで暗い影が差したりもするのですが、彼女はめげるどころかさらに飛躍を見せ、新しい伴侶に巡り会い再婚をなさったのです。前夫様との間のご子息も無事に進学なさって、現在のご主人との間にも子宝に恵まれ、さらに充実した生活を送られるのかと思っていたら……まさかの別居報道。さらに離婚調停中とも報じられております。人生ゲームでもなかなかこのような設定が用意されることはないのではないでしょうか。

 今までも彼女なりに苦労はあったのかもしれませんが、端から見ていると初めての躓きのように思えたのです。

 しかし、ここで彼女は自身のInstagramにおいて「私達夫婦についての事実とは異なる報道でお騒がせ致しておりますが、主人からの思い遣りに感謝しつつ過ごしておりますので、どうか温かく見守ってください」とメッセージをファンの方に送りました。

 まさに疑問符の乱れ打ちと申しましょうか、真相はどうなっているのか? 下世話過ぎる私なんかは気になってしまうのですが、何ができるわけでもないので今後を見守るしかありません。

 しかしここまでの優子りんストーリーを振り返りますと、優れて向上心をお持ちでいらして、目標を掲げたら努力を惜しまない完璧主義者のように思えてなりません。と同時に私のようなチンタラした人間は、一番嫌いなタイプもしくは視界にまったく入ってこないのだろうなと思ってしまいます、余談を失礼しました。

■プチ流行語になった「おばたん」に「事務所総出で」


 そして去った人、今や公人扱いはできない木下優樹菜さんであります。彼女は元々アイドル志望だったそうですが、その卓越したスタイルで三愛水着イメージガールやキグナス石油イメージガールといったいわゆるキャンギャル(なんとも懐かしい響き)でデビューをなさいました。

 その後、これまた現在公人ではない島田紳助さんが司会を務められました「クイズ!ヘキサゴンII」でのリアクションや珍回答が注目され、里田まいさん・スザンヌさんと並びおバカタレントとして世を席巻したことは皆様も承知のことと思います。

 そのあと順調にキャリアを重ね、FUJIWARAの藤本敏史さんとご結婚なさいまして、2女にも恵まれ幸せな生活を送っておられるように思われました。

 過去を包み隠さずに開けっぴろげな親しみやすい性格、ヤンキー(不良)上がりなのに素敵な優しいママさん、いい意味での成り上がり感が共感を呼びInstagramのフォロワー数はなんと530万人を超えるほどの人気で、ママタレ会のファッションリーダー、カリスマにまで上り詰めたのです。

 しかし好事魔多しとはよく言ったもので、自身をカリスマへと導いたInstagramにおいてのダイレクトメッセージが公になり、彼女はジワリジワリと奈落の底に落とされてしまったのです。さらに災難は続きます、藤本敏史さんとの離婚さらには不倫騒動……。

 私もタピオカ店騒動におけるInstagramでの彼女の書き込みは、ネットなどで目にしました。全文は割愛させていただきますが、やはり「事務所総出でやります」「いい年こいたばばあ」「覚悟決めて認めなちゃいおばたん(おばたんはプチ流行語になりましたね)」といった暴力的かつ稚拙な表現がよろしくなかったのですね。


■あ〜、やっぱりヤンキー魂100まで


 世間様は驚くとともに「あ〜、やっぱりヤンキー魂100まで」くらい思ったのではないでしょうか? かつてのヤンチャ話は笑いながら聞き流せるのですが、現在進行形だったりしますとそれは笑いでは済まされなくなり、ネット民や世論は一気に牙を剥き総攻撃を仕掛けるのが世の常だったりします。

 私も確かに驚きはしました。彼女の恫喝めいた言葉の羅列は決して褒められたものではないし、被害者とされている方にとっては恐怖だった(特に事務所総出というくだり)だろうなとは思いつつ、家族想いが行き過ぎたがゆえの愚行、行き違いによる感情の暴走、むしろ純粋さすら感じました。

 その後の不倫騒動も憶測のみで真実がどこにあるのかはわかりませんが、想いを寄せる人への縦書き愛のメッセージなんて可愛さも感じるじゃないですか? まあ、今の時代そんな倫理観でものを言うと総攻撃は食らうと思いますが……。

 そして度重なる不祥事? からなのか彼女は引退の道を選びました。それも「もうやってらんね〜、芸能界に未練なんてねえよ」といった感じに去って行きました。これからは私人です、タピオカ騒動に関する裁判も行われいずれかの結果も出ることでしょう。それを記事にしたり話題に挙げたりすることができるかはわかりかねますが、2人のお嬢様と穏やかな生活を送ることを願うばかりです。

徳光正行
1971年12月生まれ。茅ヶ崎市出身。日本大学芸術学部在学中よりミュージシャンを目指すが、父の病により断念。その後、司会業やタレント業に従事する。また執筆活動にも着手し『伝説になった男〜三沢光晴という人〜』『怪談手帖シリーズ』などを上梓。4月27日には岩井志麻子氏との共著『凶鳴怪談』を出版。現在YouTube「徳光ちゃんねる」でも活躍中。

週刊新潮WEB取材班編集

2020年7月30日 掲載

関連記事(外部サイト)