杏とついに離婚した東出昌大、芸能界での生きる道、役柄とは?

■ドラマは無期限延期、映画もなくなった…


 俳優の東出昌大(32)と杏(34)が8月1日付けで離婚を発表。東出と女優の唐田えりか(22)との不倫が1月に報じられてから約7カ月経っての出来事だった。何とか芸能界に踏みとどまった東出は今後どんな生き方をしていくのだろうか?

***

 週刊文春の報道以降、東出はなんとか芸能界に踏みとどまろうと試行錯誤してきたという。
芸能関係者によると、

「実際に、東出さんが主演でやる予定で進んでいたAmazonのドラマが無期限延期になってしまったり、映画が飛んだり、被害を受けたメディアや会社はかなりありました。何よりも、世の中の女性の反感を買い続けた結果、テレビは完全にNGになってしまいました。例えば番組に出た場合には、“なんであんな人を出すの?”とスポンサーに直接電話する視聴者もいたりして、そのスポンサーからクレームが来ると局もむげにできないという構図です」

 3月の謝罪会見では、「杏さんが好きなのか、唐田さんが好きなのか」と問われた際に、しばらく沈黙して、「お相手のこともあるので、また、私の心の内を今ここでしゃべることは、妻を傷つけることになると思いますので、申し訳ありませんが、お答えできません」と話した。

「これまた世の女性の怒りに火をつけて、杏さんの気持ちも離婚に傾いていったようです」

 その後しばらくは音なしの構えだった東出は、出演する映画版「コンフィデンスマンJP」の番宣のため、6月ころから色んなメディアに顔を出すようになった。

「映画やその番宣はまぁ、自分から観たいと思って観るものですから、テレビよりはハードルは低い。みそぎとしては悪くない入り方だったと思いますし、無事に公開できたのも東出さんにとっては良かったですね」

■不思議な存在感がある役者です


 今後については?
「テレビはイメージ重視なので厳しいと思います。映画も主演とか看板背負う感じのものは厳しいなぁと。ただ、東出さんは、門脇麦さんや安藤サクラさんたちが所属するユマニテという芸能事務所にいます。あそこは映画も作っているので、そこが出資する単館上映の映画などであれば、主演もあり得るんじゃないでしょうか」

 東出の演技は“棒”と言われることがしばしばで、実際に、そのような指摘をネット上で見つけた東出自身はショックを受けたものの、成長するキッカケになったと、番組で明かしていたこともある。

 テレビ局の関係者はこう話す。
「確かに彼は“棒”と叩かれているように芝居はうまくないですが、不思議な存在感があるんです。だから、狂気の役とか、アブナイ犯人役とか、ちょっと変わった役とか、そういうオファーはあると思います。そういう、メインに来ない形で少しずつ復帰していくイメージを持っています」

あるいは、
「一気に振り切って不倫するダメ男の役とか。力のある監督の作品だったら、そういう風に開き直った復帰も考えられるかもしれません。みなさんは忘れやすいですから、要はみんなに慣れてもらえば過去のミスやキズに触れるひとはどんどん減っていきます。離婚したことで、彼を批判してきた女性たちの不満は一応収まったのではないかと私たちは見ているし、実際そう感じてる作り手は少なくないと思いますよ」

週刊新潮WEB取材班

2020年8月1日 掲載

関連記事(外部サイト)